CIS Update

Trial of Minocycline in a Clinically Isolated Syndrome of Multiple Sclerosis. N Engl J Med 2017; 376:2122-2133
CISから多発性硬化症への進展リスクは、6ヵ月間ではミノサイクリン投与例のほうがプラセボ投与例より有意に低かったが、24ヵ月間では差はなかっ

Clinically isolated syndromes. Lancet Neurol. 2012;11:157-69.
CISに関する総説

Antibody responses to EBV and native MOG in pediatric inflammatory demyelinating CNS diseases. Neurology 2010 74: 1711-1715.
天然ミエリンオリゴデンドログリア糖蛋白質に対する抗体は正常対照群と比較して小児のADEMとCISで増加していたが、EBウィルスの抗体の上昇との関連はなかった

Radial diffusivity in remote optic neuritis discriminates visual outcomes. Neurology 2010 74: 1702-1710.
拡散テンソル画像による検討で、視神経炎では拡散値により障害視神経と正常視神経の区別が可能で、拡散値の上昇は視野障害の強さと比例する

Elevated Epstein-Barr virus-encoded nuclear antigen-1 immune responses predict conversion to multiple sclerosis.Ann Neurol. 2010 Feb;67(2):159-69.
CIS患者でEBNA1に対する液性,細胞性の免疫反応が亢進しており,その免疫反応はMSへの進展と相関しており,予後の判定に有用な可能性がある.

MRI criteria for MS in patients with clinically isolated syndromes. Neurology 2010 74: 427-434.
MSの診断基準と対比したCISのMRIの特徴に関する総説

Retinal nerve fiber layer thickness is associated with lesion length in acute optic neuritis. Neurology 2010 74: 252-258.
急性期視神経炎では網膜神経線維層厚が上昇するが、MRIで評価した視神経炎病変の場所よりも長さに依存していた

Effect of glatiramer acetate on conversion to clinically definite multiple sclerosis in patients with clinically isolated syndrome (PreCISe study): a randomised, double-blind, placebo-controlled trial. Lancet. 2009;374:1503-11.
CISにおいてコパキソン(glatiramer acetate)投与群では、多発性硬化症への移行率が対照群よりも45%低減した

Callosal lesion predicts future attacks after clinically isolated syndrome. Neurology 2009 73: 1837-1841.
CISでは、脳梁病変及びBarkhof診断基準を満たすことはそれぞれ2.7倍、2.6倍、MSへの移行の危険性が高まる

Optical Coherence Tomography in Clinically Isolated Syndrome: No Evidence of Subclinical Retinal Axonal Loss. Arch Neurol. 2009;66(11):1373-1377.
CIDでは対照群と比較して、OCT(光学的干渉断層法)で測定したRNFL(網膜神経線維層)と黄斑体積の減少は明らかでなくRNFLの減少と多発性硬化症への移行の関連もなかった

Magnetic Resonance Imaging Predictors of Conversion to Multiple Sclerosis in the BENEFIT Study. Arch Neurol. 2009;66(11):1345-1352.
BENEFIT研究の検討ではCIDにおいてエントリー時に9つ以上のT2高信号病変、3つ以上の脳室周囲病変の存在は多発性硬化症への移行の危険性を上昇させ、エントリー9ヶ月後に空間的に多発する病変の存在もまた移行の危険性を上昇させた

Prediction of conversion from clinically isolated syndrome to clinically definite multiple sclerosis according to baseline MRI findings: comparison of revised McDonald criteria and Swanton modified criteria J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009; 80: 1107-1109.
CIS患者のMRIからMSへの移行を予測するには、McDonald基準より修正Swanton基準が優れている

Association Between Clinical Conversion to Multiple Sclerosis in Radiologically Isolated Syndrome and Magnetic Resonance Imaging, Cerebrospinal Fluid, and Visual Evoked Potential: Follow-up of 70 Patients. Arch Neurol. 2009;66(7):841-846.
MRIで無症候性の脱髄病変を有する場合、5.2年間で33%が視神経炎、脊髄症、脳幹症状などを引き起こすため早期からの治療導入の検討が必要である

A Single, Early Magnetic Resonance Imaging Study in the Diagnosis of Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2009;66:587-592.
初回の脳MRIで空間的多発を認めGd造影病変非造影病変が混在する場合、多発性硬化症診断の特異度は非常に高い

Pediatric optic neuritis: Brain MRI abnormalities and risk of multiple sclerosis. Neurology 2009 72: 881-885.
小児の視神経炎では発症時に脳MRIに異常信号病変があると2年以内に多発性硬化症に移行する可能性が高い

Incidental MRI anomalies suggestive of multiple sclerosis: The radiologically isolated syndrome. Neurology 2009 72: 800-805.
多発性硬化症を疑わせるMRI所見の症例は無症候であっても、将来多発性硬化症の症状が出現したり病変がMRIでさらに検出される可能性が高い

Disability in optic neuritis correlates with diffusion tensor-derived directional diffusivities. Neurology 2009 72: 589-594.
視神経炎ではMRIで急性期に拡散値が低下し、拡散値低下の程度と1ヶ月あるいは3ヶ月後の機能の低下が相関する

Early MRI in optic neuritis: The risk for disability. Neurology 2009 72: 542-550.
視神経炎後3ヶ月以内に脊髄病変、造影病変、天幕下病変を認めた例、3ヶ月後に新たなT2での病変を認めた例は6年後の予後が悪く、脊髄病変を認めた例は多発性硬化症に移行しやすかった

Gray matter atrophy is related to long-term disability in multiple sclerosis. Ann Neurol. 2008 Jun 20. [Epub ahead of print]
CIS患者の20年の追跡調査で,白質,灰白質ともに健常者より優位に萎縮が認められるが,灰白質の萎縮がより顕著でありが長期的な機能低下と関連している

Disability and T2 MRI lesions: a 20-year follow-up of patients with relapse onset of multiple sclerosis. Brain 2008 131: 808-817.
脳にT2MRIで信号異常のあるClinically isolated syndromesの82%はMSに移行し、その病変の大きさが予後を規定する

Multiple Sclerosis Risk After Optic Neuritis: Final Optic Neuritis Treatment Trial Follow-up. Arch Neurol. 2008;65:727-732.
15年間の追跡調査の結果、視神経炎発症時に脳MRIで異常があると72%、ない場合は25%がMSに移行することがわかった

NMO-IgG predicts the outcome of recurrent optic neuritis. Neurology 2008 70: 2197-2200.
NMO-IgG陽性の視神経炎症例は視覚障害が悪化しやすく、NMOへの移行率も有意に高い

Regional Grey Matter Atrophy in Clinically Isolated Syndromes at Presentation. JNNP. 2008 May 9 [Epub ahead of print]
CISの患者では健常者と比べて視床,視床下部,被殻,尾状核が萎縮し,MRIのT1病変の大きさが視床と海馬の萎縮と相関している

Cognitive impairment in Multiple Sclerosis can be predicted by imaging early in the disease. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2008 Mar 13 [Epub ahead of print]
MSの早期(CIS)のMRI検査で,T1病変や3ヶ月後の新たなT2病変の出現や正常に見える白質でのmyoinositolの増加が,後の認知機能の障害と相関している.

Lesion distribution in children with clinically isolated syndromes. Ann Neurol. 2008;63:401-5.
Clinically isolated syndromesの小児では,成人の多発性硬化症と比べてテント下の病変が多く,免疫学的な差異や髄鞘化の部位による差が影響しているのかもしれない

Disability and T2 MRI lesions: a 20-year follow-up of patients with relapse onset of multiple sclerosis. Brain 2008 131: 808-817.
脳にT2 MRIで信号異常のあるClinically isolated syndromesの82%はMSに移行し、病変の大きさが予後を規定する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください