妊婦のNMO 治療

周産期のMSの活動性>こちら

周産期のNMOの活動性
MSに関しては、PRIMS研究をはじめとして周産期に再発率は低下するようです(上記リンクを参照)。そのメカニズムとして、妊娠中期のTh2優位な状態が再発率減少の一因かもしれないと類推されています。NMOは、MSと異なりTh2関連疾患と言われているため、周産期に再発率が上昇する可能性もあります。
しかしながら、2012年に報告されたdataでは、周産期のMS再発率研究であるPRIMS研究と比較すると、妊娠3期、産褥1期でやや再発率の上昇傾向が認められるものの、その他の周産期の再発率にはあまり差がありませんでした。今後の情報の蓄積が必要と思われます。
妊娠中に発症した場合は、ステロイドパルス療法の報告が多いようですが、出産後のPEの報告もあります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください