一過性脳虚血発作 治療

TIAの治療目的は脳卒中の予防です。基本的には、入院して安静、バイタル管理を行いつつ、以下の治療を導入することをお勧めします。
AHA/ASAでは、以下の条件を満たす場合はTIA患者を入院させるのが合理的と推奨しています(Class II)

    1.ABCD2 score ≧3
    2.ABCD2 score 0~2で外来患者として診断に必要な検査が2日以内に終了するのが不確実な場合
    3.ABCD2 score 0~2で発作は局所脳虚血によるとする他のエビデンスがある場合

内服治療
抗血小板薬、抗凝固薬

    1. アテローム血栓性が原因と考えられる場合
    第一選択薬
    アスピリン+クロピドグレル
    プラビックス 300mg/日(初日のみ)、以降 プラビックス 75mg/日内服
    +
    アスピリン 75-100mg/日内服 投与3週間後に中止
    CHANCE研究で効果が認められた短期間抗血小板薬併用療法です。一方で、この2剤の長期の併用は出血の副作用が増加することから、併用する場合でも3週間以内にとどめるべきです。
    第二選択薬

      プラビックス
      アスピリン
      プレタール

    2. 心房細動など心原性と考えられる場合
    ヘパリン後に、ダビガトラン or イグザレルト or エリキュース or ワーファリン
    その他、頚動脈解離、卵円孔開存(PFO)に深部静脈血栓症または心房中隔瘤を合併している、脳底動脈の紡錘状動脈瘤、などの特殊な状況では、ワーファリンが使用されることもあります

その他
高血圧、高コレステロール、喫煙、糖尿病などをコントロール

外科的治療

など

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください