遺伝性末梢神経障害(CMT、HMSN) 診断

概念
緩徐に進行する四肢遠位筋の神経原性萎縮を主徴とする遺伝性変性疾患です。多くの場合、末梢神経を構成する蛋白質の遺伝子に異常があります。様々な原因遺伝子が同定されていて、現在30種類以上あるかと思います。
生命予後は良好です。

特徴的な臨床徴候

    末梢神経障害の原則に則って、遠位有意の運動・感覚障害になります。進行例では、希に遠位ミオパチーとの鑑別が臨床的に紛らわしいこともありますので、電気生理検査による末梢神経障害の証明は必須です。
    四肢遠位有意の筋萎縮:逆シャンペンボトル足
    四肢深部腱反射消失
    四肢遠位有意の感覚障害
    足の変形:凹足、ハンマー趾、足関節の変形
    脊椎後彎・側湾
    その他:手指新鮮、筋痙攣、下肢皮膚温低下(cold feet)など

分類
正中神経運動神経伝導速度 38m/sec以下を脱髄型、38m/sec以上を軸索型に分類します。詳しい分類は最新の総説を参考にして下さい。
脱髄型

    CMT1 (AD)
    CMT3 (AD or AR、severe, child-onset)
    CMT4 (AR)

軸索型

    CMT2

その他

    HNPP(hereditary neuropathy with liability to pressure palsies)、Wiki
    など

検査

    血液検査:鑑別診断のためM蛋白の検索MAG抗体など必要に応じて提出
    髄液検査:髄液蛋白が上昇している場合、CIDP(の亜型)との鑑別が重要です
    腰椎MRI:CIDPとの鑑別のため神経根の肥厚や造影効果の有無の検索が必要です
    末梢神経伝導速度検査
    神経生検:脱髄の有無はときほぐし標本も必須となります
    遺伝子検査:まず頻度の最も高いPMP22遺伝子異常をSRLで測定します。陰性の場合は、鹿児島大学神経内科と相談します。

鑑別診断
FAP、MND、CIDP、MAGニューロパチー、中毒性・代謝性疾患、白質ジストロフィーなどなど

原因遺伝子について
様々な原因遺伝子が明らかとなっていますが、頻度の高いものは以下の3つです

    CMT1A:PMP22遺伝子(PMP-22蛋白)、Wiki
    CMT1B:MPZ遺伝子(P0蛋白)
    CMTX1:GJB1(Connexin32蛋白)

この中で最も頻度の高い、PMP22遺伝子はCMT1AだけでなくHNPPの原因になりますが変異の様式が違います。
PMP22遺伝子異常と病型

    duplication (PMP-22が3copy)では、CMT1A
    deletion (PMP-22が1copy)では、HNPP
    point mutationでは、一般的に重症になります

コメントを残す