播種性血管内凝固症候群 (DIC) 診断

概念
広範な血管内皮障害により、組織因子が放出され内因性凝固カスケードや線溶系が活性化し、本来、出血箇所のみで生じるべき血液凝固反応が、全身の血管内で無秩序に起こる症候群です。もちろん、血小板と凝固因子が低下します。

原因
敗血症、外傷、産科救急疾患(羊水塞栓、胎盤早期剥離、子癇、不全流産)、腫瘍、膠原病などなど

症状

    微小血栓
    急性呼吸促進症候群(ARDS)に類似した症状
    急性乏尿性腎不全
    進行性肝細胞障害
    出血
    消化管出血
    血尿
    皮膚出血
    脳出血
    電撃性紫斑病

などなど

診断

    凝固による消費
    フィブリノゲン(fibrinogen)低下
    血小板数低下
    プロトロンビン時間延長
    アンチトロンビン (=antithrombin)活性低下
    線溶系の亢進
    D-ダイマー上昇
    FDP(fibrinogen degradation products)上昇
    TAT (thrombin antithrombin complex)上昇
    PIC (plasmin α2-plasmin inhibitor complex)上昇

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください