頸動脈内膜剥離術(CEA)、ステント留置術(CAS) update

Stenting for symptomatic vertebral artery stenosis: The Vertebral Artery Ischaemia Stenting Trial. Neurology. 2017 Sep 19;89(12):1229-1236.
椎骨動脈ステント術による合併症は高くなかったが、脳卒中予防効果は内科治療単独と比較して明らかな改善が見られなかった

Early Endarterectomy Carries a Lower Procedural Risk Than Early Stenting in Patients With Symptomatic Stenosis of the Internal Carotid Artery: Results From 4 Randomized Controlled Trials. Stroke. 2017;48:1580-1587.
脳卒中発症後早期の頸動脈血行再建術は、CEAがCASよりも死亡率や合併症が低い

Stenting versus Aggressive Medical Therapy for Intracranial Arterial Stenosis. N Engl J Med. 2011 Sep 7.
頭蓋内主要動脈径の 70-99%狭窄に起因する一過性脳虚血発作または脳梗塞を最近起こした患者に対する経皮経管血管形成・ステント留置術は、積極的薬物治療と比較して治療効果が劣る

10-year stroke prevention after successful carotid endarterectomy for asymptomatic stenosis (ACST-1): a multicentre randomised trial. Lancet. 2010 Sep 25;376(9746):1074-84.
75歳以下の無症候性頸動脈狭窄症に対する即時的CEAは施行後10年間の脳卒中リスクを有意に抑制し、その半数は障害性あるいは致死的脳卒中リスクの低減であった

Stenting versus Endarterectomy for Treatment of Carotid-Artery Stenosis. N Engl J Med. 2010 Jun 14.
症候性または無症候性の頸動脈狭窄を有する患者では、頸動脈ステント留置術と頸動脈内膜剥離術とのあいだで、脳卒中・心筋梗塞・死亡の複合主要エンドポイントのリスクに有意差は認められず、周術期にはステント留置群で脳卒中のリスクが高く、頸動脈内膜剥離術で心筋梗塞のリスクが高かった.

Carotid artery stent infection with Streptococcus agalactiae. Neurology 2010 74: 344.
頸動脈ステント部のストレプトコッカス・アガラクチア感染を来した88歳男性例

Gender differences in carotid imaging and revascularization following stroke. Neurology 2009 73: 1969-1974.
女性は男性に比べて頚動脈病変が強くないこと、及びCEAの禁忌がある場合が多いことなどが、女性のCEAの数の減少の原因かもしれない

Risk factors associated with major cerebrovascular complications after intracranial stenting. Neurology 2009 72: 2014-2019.
CAS後の合併症は、後方循環領域、イベント発生10日以内、イベントがTIAでなく脳梗塞の場合、小さな体積の病変などで増加する

Early carotid stenting for symptomatic stenosis and intraluminal thrombus presenting with stroke. Neurology 2008 71: 1831-1833.
頚動脈狭窄と血栓が検出された軽症脳梗塞発症後早期にステント留置術(CAS)を9人に施行し比較的成績がよかった

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください