Sensory neuronopathy (後根神経節障害) 診断

はじめに
Neuronopathyは障害の主体が後根神経節にある病態で、特徴ある感覚障害、感覚性失調を来します。顔面から全身へ急速へ広がる後索型運動失調、腱反射消失、感覚鈍麻、疼痛などを呈した3例の成人例が、Stermanらにより報告されました。

症状

    経過は突発性から慢性まで様々
    後索型運動失調
    左右非対称の感覚障害:polyneuropathyと異なりlength-dependentな分布ではない
    運動神経の障害はない
    腱反射は減弱から消失
    自律神経障害を伴うこともある

Sensory neuronopathyの鑑別診断とその特徴 [ref]



診断基準
refを参照ください

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください