間質性肺炎 診断

特発性間質性肺炎の診断基準
(1) 主要症状および理学所見 (1を含む2項目以上)
1. 捻髪音 (Fine crackles)
2. 乾性咳嗽
3. 労作時呼吸困難
4. バチ指
(2) 血液・免疫学的所見 (1項目以上)
1. KL-6上昇
2. SP-D上昇
3. SP-A上昇
4. LDH上昇
(3) 肺機能検査 (2項目以上で陽性)
1. 拘束性障害 (%VC<80%) 2. 拡散障害 (%DLco<80%) 3. 低酸素血症 (安静時PaO2,安静時AaDO2,6分間歩行時SpO2) (4) 胸部X線画像所見 (1を含む2項目以上) 1. 両側びまん性陰影 2. 中下肺野,外側優位 3. 肺野の縮小 (5) 胸部HRCT画像所見 (1および2を必須) 1. HRCTを追加 2. 蜂巣肺 3. 牽引性気管支炎・細気管支拡張 4. すりガラス陰影 5. 浸潤影 (コンソリデーション)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください