MAG抗体関連末梢神経障害 update

Placebo-controlled trial of rituximab in IgM anti-myelin-associated glycoprotein neuropathy. Neurology. 2013 Jun 11;80(24):2217-2225.
抗MAG抗体陽性脱髄性末梢神経障害に対するリツキシマブ治療のプラセボとの比較では、主要評価項目である神経症状に有意な改善を認めなかった

Clinical and pathological heterogeneity in a series of 31 patients with IgM-related neuropathy. J Neurol Sci. 2012;319:75-80.
MAG抗体関連末梢神経障害では多発単神経炎型など非典型的な病型を来すこともあるが、腓腹神経生検では典型的な所見を認め診断に有用である

Prognosis of polyneuropathy due to IgM monoclonal gammopathy: A prospective cohort study. Neurology 2010 74: 406-412.
IgMモノクローナルガンモパチーに伴う末梢神経障害では、高齢発症及び脱髄型は日常生活の障害の強さと関連し、MAG陽性は障害の低さと関連していた

Neurosurgical treatment of tremor in anti-myelin-associated glycoprotein neuropathy. Neurology 2009 73: 1707-1708.
MAGニューロパチーによる振戦に対して視床への深部脳刺激療法が効果のあった82歳女性例

Detection of anti-MAG antibodies in polyneuropathy associated with IgM monoclonal gammopathy. Neurology 2009 73: 688-695.
ELISA法はIgM型単クローン性γグロブリン血症を伴う脱髄性末梢神経障害の72%でMAG抗体を検出できウェスタンブロット法(40-50%)よりも感度が良いが、脱髄性でない末梢神経障害でも陽性になってしまうことがあるのが難点

Placebo-controlled trial of rituximab in igm anti-myelin-associated glycoprotein antibody demyelinating neuropathy.Ann Neurol. 2009 Mar 18;65:286-293. [Epub ahead of print]
抗MAG抗体陽性脱髄性末梢神経障害に対するリツキシマブ投与の少数のプラセボとの比較試験で,有意な症状の改善と血清抗体価の低下が見られた.

Peripheral Autoimmune Neuropathy Assessed Using Corneal In Vivo Confocal Microscopy. Arch Neurol. 2009;66:403-405.
角膜共焦点顕微鏡による角膜神経の評価が有用であったMAG関連末梢神経障害の56歳男性例

Long-term effect of rituximab in anti-mag polyneuropathy. Neurology 2008 71: 1742-1744.
MAG関連末梢神経障害に対してリツキシマブ静注(週に1回4週間投与)で改善効果を認めるが、治療1年後も治療効果が持続していた

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください