インターフェロンβ Update

Inhibition of Endogenous Interferon Beta by Neutralizing Antibodies Against Recombinant Interferon Beta. Arch Neurol. 2010;67(9):1095-1101.
インターフェロンβ治療により中和抗体が検出された多発性硬化症の血清では、組み換えインターフェロンβに対する生物活性の低下作用を全ての症例に認めるとともに内因性インターフェロンの中和作用も検出された

Cross-sectional study assessing long-term safety of interferon-β-1b for relapsing-remitting MS. Neurology 2010 74: 1877-1885.
再発寛解型MSに対するインターフェロンβ治療群を16年間に渡り追跡調査を行ったが、安全性は高くインターフェロンβに対する中和抗体出現群の76%は経過中に中和抗体が消失した

Breakthrough disease during interferon-β therapy in MS: No signs of impaired biologic response. Neurology 2010 74: 1455-1462.
多発性硬化症ではインターフェロンβ投与による生物学的応答は活動性に関係なく同様に認められるが、活動性の高い(再発した)症例ではインターフェロンβ治療前のIL-10の低下、造影増強効果のある病変及びT2高信号の病変の数や面積の増加との関連が強かった

Clinical Effect of Neutralizing Antibodies to Interferon Beta That Persist Long After Cessation of Therapy for Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2010;67(4):402-407.
MSではインターフェロンβ使用2年後であっても24%に中和抗体が検出され、中和抗体陽性群は再発率が高く、機能予後も悪い

Encephalitis during interferon beta-1a treatment in a child with optic neuritis. Neurology 2010 74: 435-436.
インターフェロンβ1a治療中に可逆性の脳炎を併発した視神経炎の11歳女性例

Effect of neutralizing antibodies on biomarker responses to interferon beta: The INSIGHT study. Neurology 2009 73: 1493-1500.
多発性硬化症においてIFNβに対する抗体価の上昇はIFNβの生物活性を強く低下させ、中和抗体はIFNβ-1b, -1aの皮下注よりもIFNβ-1a筋注の方が出現率が低かった

Effect of anti-IFNβ antibodies on MRI lesions of MS patients in the BECOME study. Neurology 2009 73: 1485-1492.
多発性硬化症においてIFNβ中和抗体がIFNβの生物学的活性を失活させるほど高い群は、中和抗体価が低い群と比較してMRIでの造影病変の減少効果が弱い

Enhancement of Chemokine Expression by Interferon Beta Therapy in Patients With Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2009;66(10):1216-1223.
多発性硬化症のIFN-β使用者は中和抗体が陰性の場合はCCL1, 2 & 7、CXCL10&11、CCR1遺伝子が中和抗体陽性例あるいは対照群と比較して多く認められた

Interferon beta treatment does not induce organ-specific autoantibodies in multiple sclerosis. Neurology 2009 73: 900-902.
多発性硬化症のインターフェロンβ治療ではTPO抗体、GAD抗体などの自己抗体を誘導することはなかった

Genome-wide Scan of 500 000 Single-Nucleotide Polymorphisms Among Responders and Nonresponders to Interferon Beta Therapy in Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2009;66(8):972-978.
MS症例のIFNβの反応性が良好群と不良群でSNPを比較すると、特にある種のグルタミン酸受容体に関連する遺伝子とIFNβとの反応性が関連していた

Absence of MxA induction by interferon β in patients with MS reflects complete loss of bioactivity. Neurology 2009 73: 372-377.
多発性硬化症ではIFNβ中和抗体陽性でMyxovirus resistance protein A(MxA)反応が検出されない集団では、IFNβ制御性遺伝子の発現が見られなかった

MRI activity and neutralising antibody as predictors of response to interferon beta treatment in multiple sclerosis. JNNP 2008 79:646-51
IFNβ治療開始6ヶ月でのMS患者で,MRIでの新しい病変と中和抗体の出現は,その後の18ヶ月で病気が進行する可能性が高いことを示唆する

INTERFERON β-ASSOCIATED RETINOPATHY IN PATIENTS TREATED FOR MULTIPLE SCLEROSIS. Neurology 2008 70: 1153-1155.
インターフェロンβは非常に稀だが網膜症をきたすことがある

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください