腎障害患者におけるGd造影剤使用に関するガイドライン

日本腎臓学会のWebsiteより抜粋
【はじめに】
重篤な腎障害のある患者へのガドリニウム造影剤使用に関連して、腎性全身性線維症(Nephrogenic Systemic Fibrosis:以下、NSF)の発症が報告されている。NSFはガドリニウム造影剤の投与後数日から数ヶ月、時に数年後に皮膚の腫脹や硬化、疼痛などにて発症する疾患であり、進行すると四肢関節の拘縮を生じて活動は著しく制限される。現時点での確立された治療法はなく、その死亡率は20?30%と推測される。本ガイドラインはNSFのさらなる発生を防ぐことを目的としたものであり、ガドリニウム造影剤使用にあたっては、以下の方針を推奨する。

【本文】
1.ガドリニウム造影剤は、腎障害の有無にかかわらず、診断のために不可欠と考えられる場合のみ使用されるべきであり、投与にあたっては各々の医薬品添付文書に則り用法、用量を厳守すること。

2.造影MRI検査にあたっては、性別、年齢、および血清クレアチニン値から推定GFR(推定糸球体濾過量:以下、eGFR)を算出して腎機能を評価することが望ましい(参考1)。なお、血清クレアチニン値は3ヶ月以内の採血データを用いることを原則とする。ただし、造影MRI検査までの間に腎機能低下を生じた症例や、その可能性のある症例については造影MRI検査日直近のデータを使用する)。

3.eGFRが 30ml/min/1.73m2未満(透析症例を含む)の場合には、ガドリニウム造影剤使用後のNSF発症の危険性が高いとされており、非造影MRI検査、単純CT、超音波検査などの検査で代替えすべきである。

4.eGFRが 30 ml/min/1.73m2以上、60ml/min/1.73m2未満の場合には、ガドリニウム造影剤使用後のNSF発症の危険性が必ずしも高くないとする意見もあるが、ガドリニウム造影MRI検査による利益と危険性とを慎重に検討した上で、その使用の可否を決定すべきである。なお、その際には、NSF発生報告の多いガドリニウム造影剤の使用を避けるのが賢明であろう。

5.eGFRが 60ml/min/1.73m2以上の場合には、ガドリニウム造影剤使用後のNSF発症の危険性が高いとする根拠は乏しいとされるが、必要最少量のガドリニウム造影剤を使用することが望ましい。

6.すでにNSFと診断されている症例には、ガドリニウム造影剤は投与すべきではない。

7.NSFならびにNSFとガドリニウム造影剤使用との関連については、未だ十分に解明されておらず、本ガイドラインは現時点で知り得た事実に基づくものである。今後新たな知見が得られることにより、本ガイドラインの内容は適宜変更されるものである。

コメントを残す