肺炎、誤嚥性肺炎 治療

1.絶食、補液、酸素投与
2.抗生物質
A.市中肺炎

    ユナシン(Ampicillin/sulbactam)6g/日
    ロセフィン(CTRX)1g/日+AZM 500mg/日
    ミノマイシン100-200mg/日:βラクタムアレルギーの場合

B.誤嚥性肺炎
以前使用されていたダラシンは偽膜性腸炎の発症率が高いため、最近は以下のような抗生剤が選択されることが多いと思います。

    ユナシン(Ampicillin/sulbactam)6g/日
    タゾシン(Piperacillin/tazobactam; PIP-TZ)2.5-5.0g/日
    ロセフィン(ceftriaxone)1g/日

3.ネブライザー

    生食3ml+べネトリン0.2-0.5ml+ビソルボン1A など

4.誤嚥性肺炎の予防

    口腔ケア
    ACE阻害薬(タナトリルが最もよい)内服
    プレタールの少量投与も効果があるようです
    胃瘻造設

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください