白質変化 update

Homocysteine and progression of generalized small-vessel disease: the SMART-MR Study. Neurology. 2014;82:777-83.
高ホモシスチン血症は、脳血管障害(白質病変やラクナ梗塞)、腎機能障害と全身性の小血管病変の独立した危険因子であった

The location of white matter lesions and gait–a voxel-based study.Ann Neurol. 2010;67:265.
MRIでのvoxel解析から、両側の前頭部、脳質周囲の白質病変が歩行障害と最も関係している。

The clinical importance of white matter hyperintensities on brain magnetic resonance imaging: systematic review and meta-analysis. BMJ. 2010 Jul 26;341:c3666.
脳MRIの白質高信号域と脳卒中・認知機能低下・認知症・死亡リスクの 関連をシステマティックレビュー及びメタアナリシスで調査したところ、白質高信号域と、脳卒中(ハザード比3.3)・認知症(同1.9)・死亡(同2.0)のリスク上昇の間に関連を認めた。

White matter lesions volume and motor performances in the elderly.Ann Neurol. 2009;65:706-15.
高齢者では,脳白質の(特に脳室周囲の)病変の多さと歩行能力の低下が関係している.

Cerebrovascular reactivity and dynamic autoregulation in ischaemic subcortical white matter disease J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009; 80: 1093-1098.
白質虚血巣と脳血管の自己調節能は関連していなかった。血圧と自己調節能は関連していた。

Microvascular lesions in the brain and retina: The age, gene/environment susceptibility-Reykjavik study.Ann Neurol. 2009;65:569-76.
高齢者では網膜の動脈変化(局所的な狭窄など)が大脳白質のMRI信号変化と相関している.

Deep frontal and periventricular age-related white matter changes but not basal ganglia and infratentorial hyperintensities are associated with falls – cross-sectional results from the LADIS study.JNNP. 2009 Feb 9. [Epub ahead of print]
前頭葉深部白質や脳室周囲の白質のMRIでの信号変化は転倒と関係しているが,基底核やテント下の信号変化は関係しない.

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください