ミオクローヌス 治療

最も重要なことは、原因疾患の治療、あるいは薬物誘発性ミオクローヌスでは原因薬剤の治療です。つまり、原因をはっきりさせることが最優先事項です。
対症療法的には、以下のような方法が行われます。

薬物療法
特に皮質性ミオクローヌスでは、髄液GABA濃度が低下することが多く、以下のようなGABA賦活薬が用いられます

    デパケン:ミオクローヌスてんかんのときにも推奨されます
    リボトリール
    ベンザリン(ニトラゼパム)

その他、以下の薬剤も有効な可能性があります

    エクセグラン(ゾニサミド)
    アーテン(抗コリン薬)
    アルマール、インデラル(β遮断薬)
    テグレトール(カルバマゼピン)
    セルシン(ジアゼパム)
    アレビアチン、ヒダントール(フェニトイン)
    ミオカーム(ピラセタム)
    ビガバトリン、レベチラセタム:本邦未発売

ボツリヌス毒素
特に脊髄髄節性ミオクローヌスでの報告あり

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください