脳血管性認知症 update

Vascular contributions to cognitive impairment and dementia: a statement for healthcare professionals from the american heart association/american stroke association. Stroke. 2011;42:2672-713.
認知障害と認知症に対する脳血管の寄与に関するAHA/ASAのステートメント

White matter changes and diabetes predict cognitive decline in the elderly: The LADIS Study. Neurology 2010 75: 160-167.
糖尿病と大脳白質病変は認知機能の悪化の独立した危険因子であり、脳血管性認知症は脳梗塞の既往と白質病変、アルツハイマー病は側頭腰内側の萎縮との関連が見られた

Retinal microvascular abnormalities and cognitive decline: The ARIC 14-year follow-up study. Neurology 2009 73: 862-868.
網膜血管異常は脳内微小血管障害のマーカーとなりえるが、さらに網膜症が強いほど実行機能、精神機能の悪化が強く見られた

Subclinical cerebrovascular disease in mild cognitive impairment. Neurology 2009 73: 450-456.
高齢者での脳MRIで白質高信号は健忘性MCIと関連し(オッズ比1.9)、梗塞は非健忘型MCIと関連していた(オッズ比2.7)

Cognitive impairment risk: White matter hyperintensity progression matters. Neurology 2009 73: 120-125.
ベースの白質高信号体積ではなく白質高信号体積の増加度が永続的な認知機能障害と強く関連していた

Age-associated leukoaraiosis and cortical cholinergic deafferentation. Neurology 2009 72: 1411-1416.
脳室周囲高信号域をもつ集団は脳室周囲以外の白質病変を持つ集団と比較して、大脳皮質のコリン作動系神経細胞の活動性が有意に低かった

Severity of leukoaraiosis correlates with clinical outcome after ischemic stroke. Neurology 2009 72: 1403-1410.
びまん性白質病変を持つ集団はその面積に相関して脳梗塞による神経機能の予後が悪い

An inverse association of cardiovascular risk and frontal lobe glucose metabolism. Neurology 2009 72: 738-743.
心血管系の危険因子を有すると前頭葉(特に前頭前野)の糖代謝が低下しやすい

Association of Distinct Variants in SORL1 With Cerebrovascular and Neurodegenerative Changes Related to Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2008;65:1640-1648.
sortilin-related receptor(SORL1)遺伝子のSNPsの一部は、海馬の萎縮、MRIでの白質高信号と関連している

Neuropathologic correlates of white matter hyperintensities. Neurology 2008 71: 804-811.
MRIでの脳白質病変は、剖検脳で検討すると血管の整合性が乱れており血管原性である可能性が高い

Impact of white matter hyperintensity volume progression on rate of cognitive and motor decline. Neurology 2008 71: 108-113.
脳室周囲の高信号領域の増加は歩行障害に関連し、皮質下高信号領域の体積の増加は認知機能の低下と関連する

Effect of infarcts on dementia in the Baltimore longitudinal study of aging. Ann Neurol. 2008;64:168-76.
脳梗塞は大きさよりもその数が認知症に影響を与えるが,皮質下深部白質の梗塞や,梗塞を伴わない危険因子の存在は影響を与えない

Cognitive and Anatomic Contributions of Metabolic Decline in Alzheimer Disease and Cerebrovascular Disease. Arch Neurol. 2008;65:650-655.
エピソード記憶の低下と海馬体積の減少はADによるグルコース代謝低下と関連し、白質のMRIでの高信号は脳血管性認知症による様々なパターンのグルコース代謝の低下に関連しているように見える

Physical activity and dementia risk in the elderly: Findings from a prospective Italian study. Neurology. 2008;70:1786-94.
身体活動は脳血管性認知症の発症を低下させるが、アルツハイマー型認知症の発症率には影響しない

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください