パーキンソン病 update

Novel ATP13A2 variant associated with Parkinson disease in Taiwan and Singapore. Neurology 2008 71: 1727-1732.
台湾とシンガポールでの検討でATP13A2遺伝子変異があるとパーキンソン病の危険性が上昇していた

Is olfactory impairment in Parkinson disease related to phenotypic or genotypic characteristics? Neurology 2008 71: 1877-1882.
パーキンソン病における嗅覚異常は他のパーキンソン症状との関連はなかった

Transcranial sonography in movement disorders. Lancet Neurol. 2008 Nov;7(11):1044-55.
PDにおける経頭蓋超音波検査についてのレビュー.

Overweight after deep brain stimulation of the subthalamic nucleus in Parkinson’s disease: long-term follow-up. JNNP 2008 Dec 5. [Epub ahead of print]
パーキンソン病に対する視床下核の深部脳刺激により運動症状は改善するが,脂肪の増加により16ヶ月でBMIが約2増加するくらいの体重増加がみられる.

Swallowing Problems in Parkinson’s disease: Frequency and Clinical Correlates. JNNP. 2008 21. [Epub ahead of print]
PDにおける嚥下障害を150mlの飲水テストで評価すると,女性や姿勢反射障害による歩行障害のある患者では嚥下障害が強く,患者の自覚症状とは必ずしも一致しない.

A critical evaluation of the Braak staging scheme for Parkinson’s disease. Ann Neurol. 2008;64:485-91.
PDにおけるBraak stageは,臨床症状の重症度の相関が必ずしも見られず,無症候性の顕著な異常シヌクレイン沈着を認める症例も多いことかなど,不明な点がまだ多く残っている.

Functional Abnormalities Underlying Pathological Gambling in Parkinson Disease. Arch Neurol. 2008;65:1604-1611.
パーキンソン病の病的賭博状態では、右大脳半球の海馬、扁桃体、島皮質などの活動性が亢進している

Central Role of α-Synuclein Oligomers in Neurodegeneration in Parkinson Disease. Arch Neurol. 2008;65(12):1577-1581.
α-シヌクレインのmisfoldingとパーキンソン病におけるドーパミン産生細胞障害の関連に関する総説

BDNF val66met Influences Time To Onset Of Levodopa-Induced Dyskinesia In Parkinson’s Disease. JNNP. 2008 Oct 31. [Epub ahead of print]
BDNFのval66met変異アレル(BDNFの分泌が低下する)を持つPDでは遅発性ジスキネジアの出現が早い.

Changes in psychomotor effects of L-dopa and methylphenidate after sustained dopaminergic therapy in Parkinson disease. JNNP. 2008 Oct 31. [Epub ahead of print]
PDでドーパミン補充治療を持続していると,L-dopaやメチルフェニデートによる運動精神作用が増強される.

Camptocormia in Parkinson’s disease: an epidemiological and clinical study. JNNP 2008 Oct 17. [Epub ahead of print]
上半身前屈症はPDの約7%にみられ,重症患者やL-dopaの使用量が多く使用期間が長いとより多くみられる.

A Double Blind Comparison of Galantamine Hydrobromide ER and Placebo in Parkinson’s Disease. JNNP 2008 Oct 17. [Epub ahead of print]
痴呆のないPD患者にGalantamine Hydrobromide ERを投与しても注意執行機能の改善はみられない.

Non-dopaminergic treatments in development for Parkinson’s disease. Lancet Neurol. 2008;7:927-38.
PDのドパミン系以外に関する治療についてのレヴュー

Prevalence of Vitamin D Insufficiency in Patients With Parkinson Disease and Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2008;65:1348-1352.
パーキンソン病は、アルツハイマー病は正常対照群と比較して有意に血漿中のビタミンD、活性型ビタミンDが低下している

Sodium Oxybate for Excessive Daytime Sleepiness in Parkinson Disease: An Open-Label Polysomnographic Study. Arch Neurol. 2008;65:1337-1340.
パーキンソン病の睡眠障害による日中の眠気はオキシバートナトリウム (Sodium oxybate;3-9g)を夜内服することにより改善する

Phantosmias and Parkinson Disease. Arch Neurol. 2008;65:1237-1239.
異臭症で発症したパーキンソン病の2例

Pain as a Nonmotor Symptom of Parkinson Disease: Evidence From a Case-Control Study. Arch Neurol. 2008;65:1191-1194.
ジストニア性の痛みはPDでよく自覚されるが、非ジストニア性の痛み(中枢性神経性疼痛、cramping)も病初期からよく自覚されるようになる

Anticipatory postural adjustments associated with arm movement in Parkinson’s disease: a biomechanical analysis. JNNP. 2008;79:881-7. Epub 2007 Nov 26.
上肢の運動の際の生体力学的な解析によると,PD患者では予測による姿勢調整が低下している.

REM sleep behavior disorder in Parkinson’s disease is associated with specific motor features. JNNP. 2008 Aug 18. [Epub ahead of print]
REM睡眠行動障害のあるPD患者では振戦が少なく,抗パ剤での運動症状改善も少ない傾向がある.

Fourteen-year final report of the randomized PDRG-UK trial comparing three initial treatments in PD. Neurology 2008 71: 474-480.
14年間に及ぶ追跡調査でDAアゴニストであるブロモクリプチン(パーロデル)を病初期から投与しても、死亡率、運動機能に関する長期間の改善効果はなく、いわゆるdisease-modifying effectは認められなかった

Fatigue in levodopa-naive subjects with Parkinson disease. Neurology 2008 71: 481-485.
疲労はうつ症状のない未治療早期PDの主要な症状であり、重症度に相関し、レボドパ投与で改善する

Incidental Lewy Body Disease and Preclinical Parkinson Disease. Arch Neurol. 2008;65:1074-1080.
60歳以上のα-synuclein陽性レビー小体が剖検脳に認められた臨床的に健康だった集団は、線条体のドーパミン系神経線維と黒質の神経細胞数の減少具合がレビー小体を認めない健常人とパーキンソン病例の中間程度であり、パーキンソン病前段階であった可能性がある

Pain sensitivity and descending inhibition of pain in Parkinson’s disease. JNNP 2008 Jul 24. [Epub ahead of print]
PDではしばしば痛覚閾値の低下が見られるが,侵害受容屈曲反射の閾値が低下しており脊髄レベルでも病的な変化が示唆される

Neural correlates of dual task performance in patients with Parkinson’s disease. JNNP 2008;79:760-6. Epub 2007 Nov 15.
パーキンソン病患者は2つの課題を同時に行うことに困難が見られるが,fMRIでみると健常人に比べて小脳や運動前野,頭頂葉皮質,楔前部,前頭前皮質での活性化がみられる

Cognitive declines following bilateral subthalamic nucleus deep brain stimulation for the treatment of Parkinson’s disease. JNNP 2008;79:789-95. Epub 2007 Oct 26.
パーキンソン病での視床下核の深部脳刺激では,運動症状が改善しても言語想起や会話での情報処理の能力などに軽度低下がみられ,前頭葉線条体の機能障害を来す

Pyramidal tract side effects induced by deep brain stimulation of the subthalamic nucleus. JNNP 2008;79:813-9. Epub 2007 Oct 10.
パーキンソン病の視床下核への深部脳刺激による錐体路への副作用は,高周波刺激により皮質延髄路への影響で顔面筋の筋収縮がおきやすく,電極と錐体路との距離とも相関している

Poor attentional function predicts cognitive decline in non-demented Parkinson’s disease patients independent of motor phenotype. JNNP 2008 Jun 27. [Epub ahead of print]
パーキンソン病患者では姿勢反射障害などの運動機能障害に関係なく,注意力障害があるとその後の痴呆出現進行が見られることが多い

Neuropsychological and psychiatric changes after deep brain stimulation for Parkinson’s disease: a randomised, multicentre study. Lancet Neurol 2008 Jul;7(7):605-14. Epub 2008 Jun 4.
パーキンソン病に対する視床下核の深部脳刺激による認知能力,精神症状への影響が危惧されているが,ある種の前頭葉機能の低下はみられるものの全体的な認知能力に影響はなく,また不安感は低減させる効果があり,生活の質を低下させるようなものではない

STN-DBS frequency effects on freezing of gait in advanced Parkinson disease. Neurology 2008 71: 80-84.
PDの重度のすくみ足に対しては、130Hzよりむしろ60Hzの視床下核刺激に強い改善効果を認める

Haplotypes and gene expression implicate the MAPT region for Parkinson disease: The GenePD Study. Neurology 2008 71: 28-34.
第17染色体長腕17q21に存在する微小管関連蛋白質タウ(microtubule-associated protein tau;MAPT)の4リピート型、や近傍のSTH、KIAA1267などがPD発症や病態に関与しているかもしれない

Changes in quality of life in people with Parkinson’s disease left untreated at diagnosis. JNNP 2008 79:716-8
パーキンソン病の診断後2年後の健康状態の自己評価は,治療を受けても受けなくても代わりはなく,すぐに治療を始めなくてもいいかもしれない

Effects of subthalamic deep brain stimulation on noun/verb generation and selection from competing alternatives in Parkinson’s disease. JNNP 2008 79:700-5
PDでは動詞の発語障害が指摘されているが,視床下核刺激により名詞,動詞の間違った発語が多くなり,とくに類義語からの選択に影響がある

Multicentre European study of thalamic stimulation for parkinsonian tremor: a 6 year follow-up. JNNP 2008 79:694-9
視床の深部脳刺激は,PDの筋強直や寡動に対しては無効であるが,術後6年経っても振戦に対して有効である

Using the presence of visual hallucinations to differentiate Parkinson’s disease from atypical parkinsonism. JNNP 2008 79:652-5
Queen Square Visual Hallucination Inventory (QSVHI)を使用するとPDで高感度に幻視症状を明らかにすることができ,PSPやMSAなどとの鑑別に有用かもしれない

Serum Urate as a Predictor of Clinical and Radiographic Progression in Parkinson Disease. Arch Neurol. 2008;65:716-723.
血清尿酸値が高いとPDの進行が遅く、特に男性でその傾向が強い

Genotype-phenotype correlations between GBA mutations and Parkinson disease risk and onset. Neurology. 2008;70:2277-83.
ある種のユダヤ人(Ashkenazi Jews)のPDでは、GBA(β-glucocerebrosidase)遺伝子変異キャリアーが18%と対象群と比べ有意に高く、変異部位により発症率、発症年齢に特徴がある

Determinants of disability and quality of life in mild to moderate Parkinson disease. Neurology 2008 70: 2241-2247.
軽症から中等度のPDでは、姿勢反射障害、歩行障害、気分障害が強く生活の質の低下に関連していた

A 12-week, placebo-controlled study (6002-US-006) of istradefylline in Parkinson disease. Neurology 2008 70: 2233-2240.
脳内アデノシンA(2A)受容体特異的拮抗薬であるイストラデフィリンは、PDの「オン」時間を増やすことなく「オフ」時間を減少させる

Transcranial sonography findings in a large family with homo-and heterozygous PINK1 mutations. JNNP. 2008 May 9 [Epub ahead of print]
PINK1の変異をもつ家系ではその他の原因によるパーキンソン病と同様に,経頭蓋エコー検査で黒質の変化をとらえることができる

Disruption of nigrostriatal and cerebellothalamic pathways in dopamine-responsive Holmes’ tremor. JNNP 2008 May 1 [Epub ahead of print]
ドパミン反応性のHomes振戦の症例で,左基底核,視床のドパミントランスポータの機能低下や内側前脳束の消失が見られた

Bilateral stimulation of the caudal zona incerta nucleus for tremor control. JNNP 2008;79:504-13.
両側尾側不覚帯の電気刺激は,PDの振戦,Holmes tremor,本態性振戦,小脳性振戦,多発性硬化症に伴う振戦などに有効である

Induction of parkinsonian resting tremor by stimulation of the caudal zona incerta nucleus: a clinical study. JNNP 2008;79:514-21.
PD患者ではDBSで尾側不覚帯や腹外側視床皮質神経の刺激により振戦が生じ,同部位を含む連絡回路が振戦発生に関わっている可能性がある

Effects of subthalamic deep brain stimulation on dysarthrophonia in Parkinson’sdisease. JNNP 2008;79:522-9.
視床下核深部脳刺激でPDの音声学的な構語障害に改善がみられるが,韻律的な側面からは構語障害が悪化している

Results from a phase I safety trial of hAADC gene therapy for Parkinson disease. Neurology 2008 70: 1980-1983.
進行期PD症例に対する被殻へのAAV-hAADCの少量投与(遺伝子治療)は安全性が高く、PETでのFMTの取り込みも30%上昇した(第1相試験)

Total cholesterol and the risk of Parkinson disease. Neurology 2008 70: 1972-1979.
25-54歳の集団では、総コレステロール値が高いとパーキンソン病発症の危険性が高い

Improvement in Parkinson Disease by Subthalamic Nucleus Stimulation Based on Electrode Placement: Effects of Reimplantation. Arch Neurol. 2008;65:612-616.
視床下核刺激で良好に反応しないPD症例に、視床下核により近い位置にもう一度電極を埋め込むと症状が改善する傾向がある

Tesofensine (NS 2330), a Monoamine Reuptake Inhibitor, in Patients With Advanced Parkinson Disease and Motor Fluctuations: The ADVANS Study. Arch Neurol. 2008;65:577-583.
テソフェンシン(ドパミン、セロトニン、ノルアドレナリンの再取込阻害薬)は進行期のPD症状を若干改善させるが、容量依存性の改善傾向はない

Deep brain stimulation activation volumes and their association with neurophysiological mapping and therapeutic outcomes. JNNP 2008 Apr 10 [Epub ahead of print]
視床下核の脳深部電気刺激が効果のあるパーキンソン病患者では,電気刺激により活性化される脳の部位が視床下核の背側境界部まで含まれている

Attempted and completed suicides after subthalamic nucleus stimulation for Parkinson’s disease. JNNP 2008 Apr 10 [Epub ahead of print]
進行期パーキンソン病患者に対して視床下核の脳深部電気刺激をすると,運動症状の改善にもかかわらず自殺企図が見られる場合があり,注意が必要である

A case report on fixation instability in Parkinson’s disease with bilateral deep brain stimulation implants. JNNP 2008;79:443-7.
パーキンソン病では安定した固視が障害されている.(一点をじっと見つめられない)

Occurrence and clinical correlates of REM sleep behaviour disorder in patients with Parkinson’s disease over time. JNNP 2008;79:387-91.
PDでのREM睡眠行動障害は,男性,パーキンソン病症状が軽い,L-dopa使用量が多い例に見られる傾向がある.

The specificity and sensitivity of transcranial ultrasound in the differential diagnosis of Parkinson’s disease: a prospective blinded study. Lancet Neurol. 2008;7:417-24.
経頭蓋超音波検査での黒質の検査が,早期のPDでも診断に役立つ

Safety and tolerability of intraputaminal delivery of CERE-120 (adeno-associated virus serotype 2-neurturin) to patients with idiopathic Parkinson’s disease: an open-label, phase I trial. Lancet Neurol. 2008;7:400-8.
PD患者に対して、被殻へAAVを用いて神経栄養因子の遺伝子導入を行った第1相試験では、目立った副作用もなく症状の改善がみられた

Analysis of Lrrk2 R1628P as a risk factor for Parkinson’s disease. Ann Neurol. 2008 Apr 15 [Epub ahead of print]
LRRK2のc.4883G>C (R1628P) SNPが中国系民族のパーキンソン病の危険因子(1.84倍)である.

Metabolic abnormalities associated with mild cognitive impairment in Parkinson disease. Neurology 2008 70: 1470-1477.
認知機能障害のあるPD患者では、FDG-PETで前頭前野と頭頂葉のグルコース代謝が減少し、脳幹/小脳で上昇する

α-Synuclein, pesticides, and Parkinson disease: A case‐control study. Neurology 2008 70: 1461-1469.
SNCA(αシヌクレイン)遺伝子のREP1(dinucleotide repeat sequence)遺伝子型と除草剤への暴露はパーキンソン病発症の独立した危険因子である

Midbrain iron content in early Parkinson disease: A potential biomarker of disease status. Neurology 2008 70: 1411-1417.
発症早期のPD患者でも、3T-gradient echo MRIでの黒質のプロトン横緩和率が有意に上昇し、鉄含有量を反映している可能性がある

Statin use and the risk of Parkinson disease. Neurology 2008 70: 1418-1422.
pravastatin (メバロチンなど)以外のスタチン系薬剤の服用でPD発症率が60-70%減少する

Parkinson disease and risk of mortality: A prospective comorbidity-matched cohort study. Neurology 2008 70: 1423-1430.
PD患者は死亡率が一般人口と比較して2倍以上に上昇し、高齢発症であっても、罹病期間が短くても死亡率は上がる

Effects of subthalamic nucleus stimulation and levodopa on freezing of gait in Parkinson disease. Neurology 2008 70: 1431-1437.
両側視床下核刺激療法はレボドパ反応性のあるすくみ足に効果を認めるが、レボドパ内服の効果を上回ることは少ない

Use of antihypertensives and the risk of Parkinson disease. Neurology 2008 70: 1438-1444.
降圧剤(ACE阻害薬、ATII阻害薬、Caブロッカー、βブロッカー)のうち、CaブロッカーがPD発症の危険性を下げる

Subthalamic nucleus stimulation modulates audiospinal reactions in Parkinson disease. Neurology 2008 70: 1445-1451.
両側視床下核刺激療法の高周波刺激によりPDにおける脳幹の聴覚性驚愕反応を抑制できる

Globus pallidus dopamine and Parkinson motor subtypes: Clinical and brain biochemical correlation. Neurology 2008 70: 1403-1410.
PD患者の剖検脳で測定したドーパミンの量は線条体で高度に低下しているが、淡蒼球内の内節と外節のドーパミンレベルの低下の差が振戦症状に関与している可能性がある

Adenosine A2A receptor antagonists exert motor and neuroprotective effects by
distinct cellular mechanisms. Ann Neurol. 2008;63:338-46.
アデノシンA2A受容体拮抗薬KW-6002は神経細胞に作用して運動機能を改善するが,グリアなど他の細胞にも働いてMPTPに対する神経保護作用を呈する.

Pilot randomised controlled trail of occupational therapy to optimise independence in Parkinson’s disease: The PD OT trial. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2008 Mar 13 [Epub ahead of print]
PDでの作業療法の有効性を検討した予備的な比較対照試験で,NEDALとPDQ-39による結果の評価は妥当である.

Motor urgency is mediated by the contralateral cerebellum in Parkinson’s disease. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2008 Mar 20 [Epub ahead of print]
パーキンソン病の運動機能は切迫状況において改善することが知られているが,PETで見ると切迫状況における右手の運動には左(対側)の小脳の活性化が関与している.

Dihydrotetrabenazine positron emission tomography imaging in early, untreated Parkinson’s disease. Ann Neurol. 2008;63:388-94.
VMAT2に結合するDTBZを用いたPETは,早期パーキンソン病患者で被殼中央部での集積低下を示し,低下の程度は対側の動作緩慢や筋強剛の強さと相関する

Trichloroethylene: Parkinsonism and complex 1 mitochondrial neurotoxicity. Ann Neurol. 2008;63:184-92.
トリクロロエチレンは動物で選択的な複合体Iミトコンドリア障害を来たしドーパミン細胞障害を示し,ヒトにおいてもMPTPや農薬などともに,パーキンソン症候群の危険因子である可能性がある

Association of olfactory dysfunction with risk for future Parkinson’s disease. Ann Neurol. 2008;63:167-73.
高齢男性では,嗅覚障害が強い集団は障害が軽度の集団に比べて4年後のパーキンソン病発症率が5倍以上であった

Adenosine A(2A) receptor antagonist istradefylline (KW-6002) reduces “off” time in Parkinson’s disease: A double-blind, randomized, multicenter clinical trial (6002-US-005). Ann Neurol. 2008;63:295-302.
選択的アデノシンA受容体拮抗薬istradefylline(KW-6002)は,wearing-offの見られるパーキンソン病患者でジスキネジアを悪化させず,offの時間を約10%減らすことができる

Objective monitoring of tremor and bradykinesia during DBS surgery for Parkinson disease. Neurology 2008 70: 1244-1249.
視床下核刺激(STN)手術中の効果を、振戦、寡動状態を記録装置で客観的に評価することができる

Dementia and survival in Parkinson disease: A 12-year population study. Neurology 2008 70:1017-22.
PDを12年間追跡調査すると60%が認知症を合併し、年齢、罹病期間上昇に伴いその危険性が上昇する

Subthalamic nucleus stimulation-induced regional blood flow responses correlate with improvement of motor signs in Parkinson diseaseBrain. 2008 Aug 12.
PDにおける視床下核DBSによる脳局所の血流変化と運動症状の改善に相関がみられた

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください