脳膿瘍 (brain abscess) 診断

はじめに
脳膿瘍は、脳組織内の炎症と細菌などの病原体によって脳が圧迫、占拠された状態です。脳への感染経路は以下が主要なものです。10万人に一人程度の発生率で稀な疾患です。

    近傍の感染から伝播(副鼻腔、耳、歯科領域、側頭骨や硬膜など)
    血行性に伝播(感染性心内膜炎、肺、腎などから)
    外傷や手術に続発

症状
病変部位により多彩な症状を来すのは、脳梗塞や脳腫瘍と同様です。
頭痛、発熱、神経脱落症状など

検査
最大の目標は診断の精度を上げることと、原因菌を同定することです。

    血液検査
    培養検査:血液培養、髄液培養、尿培養、膿瘍自体の培養など
    髄液検査:
    感染症検査:QFT、細菌、ウィルス、真菌、抗酸菌のPCRや抗原検査
    造影脳CT:膿瘍以外に、副鼻腔や内耳の状態も確認
    造影全身CT:肺AVMの検索などなど
    心エコー:感染性心内膜炎の有無を
    造影脳MRI:脳膿瘍を脳腫瘍や脳梗塞と鑑別するのに有用な検査です(下記)

脳膿瘍のMRI
脳膿瘍に比較的特徴的な所見として、拡散低下(DWI高信号、ADC低信号)、リング状造影増強、T2 hypointense rimの3つがあります。基本的には動脈支配領域に一致しない拡散低下病変を認め、ring-enhancemnetされるときには悪性リンパ腫やグリオーマ、脳膿瘍などが鑑別となりますが、T2 hypointense rimは比較的脳膿瘍を疑う根拠になると思われます。
特にT2画像は進展ステージとともにMRI所見も変化する

    Early cerebritis:辺縁不明瞭なT2WI高信号
    Late cerebritis:中心はT2WI高信号で、辺縁T2WI低信号(T2 hypointense rim)、さらに浮腫を伴う
    Early capsule:T2 hypointense rim
    Late capsule:浮腫やmass effectの減少

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください