脳膿瘍 (brain abscess) 治療

診断及び治療目的に、抗菌剤による治療と外科的なドレナージの2つを行うことが原則です

細菌性脳膿瘍の治療
抗菌剤治療
抗菌剤治療の原則は、起因菌同定までの間はEmpiricに治療し、同定後あるいは感受性判明後に抗菌剤を変更あるいは、抗菌剤の種類を減らします。
PCG、ABPC、VCM、CTX、CTRX、MEPM、Nafcillin、Metronidazole、ST合剤などがよく使用されます。GM、EM、テトラサイクリン、CLDMなどはBBBの移行性が不良であまり使用されません。
1. Empiric therapy

a. 局所感染と考えられる場合、あるいは一般的な治療
欧米で使用されているメトロニダゾールは、本邦では内服のみです。
ロセフィン4.0g/day + メトロニダゾール

b. 敗血症や感染性心内膜炎など血行性と考えられる場合
バンコマイシン 1-2g/day + ロセフィン4.0g/day?+ メトロニダゾール

c. 外傷後の場合
バンコマイシン 1-2g/day + ロセフィン4.0g/day [緑膿菌が疑われる場合は、ロセフィンでなくセフェピーム 6g/日]

2. 起因菌判明後
起因菌判明後は培養結果に応じて抗菌剤を単純化 [de-escalation]し、その菌のみをtagetに治療を行い、経過を見ながら4-12週間抗菌剤を投与します。投与期間は定まったものはないため、臨床経過や画像所見で判断します。

外科的治療 (穿刺吸引排膿術)
可能なら抗菌剤投与前に、針吸引やドレナージにより培養を提出したい所です。2.5cm以上が適応とされていることもありましたが、最近では臨床症状や膿瘍の場所などにより適応をそれぞれ判断します。

その他
ステロイド:浮腫が強い場合に用いてもよいかもしれません [エビデンスはありません]
デキサメサゾン(デカドロン) 0.15mg/kg 6時間毎(一日4回) 2-4日間

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください