PET概要

はじめに
SPECTとともに、PET(Positron Emission Tomography)画像は様々なトレーサーが開発されていて、分子の生体における機能を見ることが出来ます。また、定量性にも優れています。日本語では、陽電子放射断層撮影という難しい名称が割り当てられています。代表的なトレーサーを以下に示します。

18F-FDG PET
FDGはブドウ糖と同様にグルコーストランスポーター(GLUT)により細胞内に取り込まれますが、解糖系には入らず細胞内に蓄積されます。
このトレーサーにより、細胞の糖代謝を測定することが出来ます。腫瘍であれば細胞の活性、脳であれば脳血流を間接的に判断することとなります。

11C-CFT (DAT)、11C-raclopride (D2R) PET
11C-CFT (DAT)はドパミン神経細胞の節前機能のマーカー
11C-raclopride (D2R)は節後機能のマーカー
ですので、パーキンソン病では主に11C-CFT (DAT)が低下しますし、MSAでは両方が低下します

Flumazenil PET
GABA(ベンゾジアゼピン)受容体を可視化、定量化するトレーサーです。一般的には、GABA受容体の発現の低下がてんかん原性をもたらすという考えの元に、てんかんの焦点診断に使用されることもあります

[11C]PIB PET
アミロイドPETと呼ばれているもので、アミロイドの沈着部位を間接的に可視化します。アルツハイマー病やアミロイドアンギオパチーなどアミロイドが病態の可能性が考えられている疾患で使用されています。

コメントを残す