糖尿病性末梢神経障害 治療

1.血糖コントロール
HbA1c 6.5%胃火に維持すると発症進展が抑制されます。一方で、HbA1c10%を越す場合は、治療後有痛性ニューロパチー予防のため、月間HbA1c低下を1%以内に留めます。
キネダック(アルドース還元酵素阻害薬)を加えると、更なる進行予防効果が得られます。

2.有痛性神経障害

    ガバペン
    テグレトール
    メキシチール
    Dextromethorphan(難治例)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください