IgG4関連疾患 治療

おもには、ステロイド治療が用いられ治療反応性も見られます。難治例には、他の免疫疾患と同様に免疫抑制剤、リツキサンなどの分子標的薬、腫大臓器の摘出などを行います。

1. 経口ステロイド
プレドニン(0.5mgから1mg/kg)/日を2~4週、以後漸減。など、神経系の臓器障害ある場合は、ステロイド投与量が多くなる傾向にあります。

2. 免疫抑制剤(選択に関するRCTはありません)
MTX
AZA
MMF
CyA

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください