Hyperkinésie volitionnelle(意図動作時運動過多) 治療

なかなか薬物療法への反応が乏しいことが経験的には多くあり、時に外科的治療を考慮する必要があります。

1. 原因疾患の治療

2. 内服治療

    クロナゼパム
    レベチラセタム
    フェノバルビタール
    β blocker
    L-dopa
    Dopamine agonist

3. 外科治療
Vim破壊術や深部刺激療法

コメントを残す