心房細動 update

Incidence of atrial fibrillation detected by implantable loop recorders in unexplained stroke. Neurology. 2013;80:1546-50.
植込み型ループ記録計(implantable loop recorder:ILR)によって、原因が判明していない脳卒中において25%で心房細動が検出された

Predictive value of the HAS-BLED and ATRIA bleeding scores for the risk of serious bleeding in a ‘real world’ anticoagulated atrial fibrillation population. Chest. 2012 Jun 21.
心房細動患者における抗凝固療法による出血リスクの推定にはHAS-BLEDを用いた評価はATRIAより有意に優れていた

Sex differences in stroke risk among older patients with recently diagnosed atrial fibrillation. JAMA. 2012 May 9;307(18):1952-8.
65歳以上の心房細動患者の脳卒中リスクについて男女差を調べた結果、女性(2.02/100人/年)が男性(男性が1.61/100人/年)に比べて高かった

Dronedarone in high-risk permanent atrial fibrillation. N Engl J Med. 2011;365:2268-76.
ドロネダロン投与により,重大な血管イベントのリスクを有する永続性心房細動患者における心不全および脳卒中の発生率、心血管系の原因による死亡率が上昇した

A new risk scheme to predict warfarin-associated hemorrhage: The ATRIA (Anticoagulation and Risk Factors in Atrial Fibrillation) Study. J Am Coll Cardiol. 2011 Jul 19;58(4):395-401.
貧血、年齢、腎機能など5つの変数を組み合わせた出血リスクスコアは、心房細動に対するワーファリン治療関連出血の予測に有用であった

Incident stroke and mortality associated with new-onset atrial fibrillation in patients hospitalized with severe sepsis. JAMA. 2011;306:2248-54.
重要敗血症症例の6%に新規発症の心房細動が発症し、脳卒中及び死亡と関連していた

Rivaroxaban versus Warfarin in Nonvalvular Atrial Fibrillation. N Engl J Med. 2011 Aug 10.
心房細動に対する、経口第Xa因子阻害薬 (rivaroxaban)投与はワーファリンとほぼ同様のイベント発生率であった

Apixaban in patients with atrial fibrillation. N Engl J Med. 2011;364:806-17.
脳卒中高リスクでワーファリン治療が適さない心房細動において、第Xa因子阻害薬apixabanはアスピリンに比べて、脳卒中や全身性塞栓症の発生が少なく、重大な出血等のリスクも有意に増加しなかった。

Radiofrequency catheter ablation of atrial fibrillation: a cause of silent thromboembolism? Magnetic resonance imaging assessment of cerebral thromboembolism in patients undergoing ablation of atrial fibrillation. Circulation. 2010;122(17):1667-73.
高周波左心房アブレーションの実施後、無症候性脳虚血病変が14%に認められた

Detection of paroxysmal atrial fibrillation with transtelephonic EKG in TIA or stroke patients. Neurology 2010 74: 1666-1670.
非心原性脳梗塞やTIAであっても、電話伝送心電図で10%弱に発作性心房細動が検出され、特にホルター心電図で異所性心房性期外収縮の検出、前方循環領域のDWI高信号病変(1.5cm異常)の検出との関連が強かった

Lenient versus strict rate control in patients with atrial fibrillation. N Engl J Med. 2010 15;362(15):1363-73.
心拍数コントロール目標、110拍/分未満群と 80拍/分未満群に無作為化し転帰追跡したところ、症状、有害事象の頻度は、両群で同程度だった

Dabigatran versus warfarin in patients with atrial fibrillation. N Engl J Med. 2009 17;361:1139-51.
dabigatran 110mg投与群では、脳卒中と全身性塞栓症の発生はワルファリンと同等だったが、重大出血の低下が大きかった。一方、dabigatran 150mg投与群では、同発生はワルファリンより低下したが、重大出血の発生はワルファリンと同等だった

Neurological Consequences of Atrioesophageal Fistula After Radiofrequency Ablation in Atrial Fibrillation. Arch Neurol. 2009;66(7):884-887.
心房細動に対するラジオ波焼灼治療法後に心房食道瘻を併発することがあり、敗血症、塞栓症などによる神経学的合併症を来たしうる

Atrial fibrillation detected by mobile cardiac outpatient telemetry in cryptogenic TIA or stroke. Neurology 2008 71: 1696-1701.
原因のはっきりしない脳梗塞や一過性脳虚血発作では、外来で可能なテレメトリー装置を使用することにより高率に心房細動を検出できる

ACC/AHA/Physician Consortium 2008 clinical performance measures for adults with nonvalvular atrial fibrillation or atrial flutter. Circulation. 2008 ;117:1101-20.
AHAのNVAFのReview 2008年度版

A comparison of rate control and rhythm control in patients with atrial fibrillation. N Engl J Med. 2002;347:1825-33.
AFFIRM

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください