ノカルジア 診断

はじめに
放線菌群に属する偏性好気性菌(グラム陽性でフィラメントのような形)で、土壌や汚水、海水など自然環境に広く生息します。形態学的性状や生化学的性状から10種類程度に分類されていましたが、16S rDNAの塩基配列解析により1998年以降、Nocardia属の分類が細分化され、現在80種類以上にに分類分類されています。最多の感染部位は肺で、脳・皮膚が続きます。免疫抑制者に好発しますが、ST合剤での予防困難例が報告されており、臓器移植者などの増加に伴って本疾患の増加が危惧されます。
nocardia2
放線状の黒い菌体を多数認めます

Nocardia脳膿瘍
脳膿瘍の1-2%と脳膿瘍の起炎菌としては稀ですが、致死率 31%と他の脳膿瘍の致死率(10%未満)よりも著しく高い点が特徴です。
播種性に広がる傾向と、ST合剤耐性菌が多いことが原因かもしれません
肺Nocardiaの20-30%に合併します
菌株は、千葉大学真菌医学研究センターで解析いただける可能性があります
基礎疾患:臓器移植13%、長期ステロイド12%、白血病・リンパ腫6%、HIV感染5%

nocardia

ノカルジア脳膿瘍のMRI:左前頭葉にDWI高信号病変を認め、リング状造影効果も伴います

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください