血管内悪性リンパ腫(intravascular malignant lymphomatosis: IML or IVL)治療

標準治療は、昔から全身的化学療法(特にCHOP療法)になります。さらに、平均罹病期間9.8ヶ月と予後不良でしたが、Rituximab併用により予後は画期的に改善しています。
腫瘍細胞が主に血管内にとどまるため、CHOP療法・Rituximab併用により静脈内投与された薬剤が直接血管内の腫瘍細胞に作用し、治療効果を最大限発揮することができ、予後改善につながっていると考えられています。

CHOP療法:シクロホスファミド+ヒドロキシダウノルビシン(アドリアマイシン)+オンコビン(ビンクリスチン)+プレドニゾロン
+
Rituximab

予後
3年平均生存率:従来型で81%、アジア亜型で60%
Rituximab併用あり:2年無増悪生存割合56%、全生存割合66%、3年生存割合60%
Rituximab併用なし: 2年無増悪生存割合27%、全生存割合46%、3年生存割合41%

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください