認知症、軽度認知機能障害 update

Leisure activities and the risk of dementia in the elderly: Results from the Three-City Study. Neurology 2009 73: 854-861.
クロスワードを解く、会議に出席する、映画や絵画鑑賞をするなど刺激性の娯楽は認知症発症の危険性を半分に低下させるかもしれない

Association of plasma amyloid β with risk of dementia: The prospective Three-City Study. Neurology 2009 73: 847-853.
血清Aβ42/Aβ40比及び短縮型Aβn-42/Aβn-40比が高いと測定2年以内の認知症発症の危険性は低下し、後者は特に混合型及び血管性認知症との関連が強かった

CSF phosphorylated tau in the diagnosis and prognosis of mild cognitive impairment and Alzheimer’s disease: a meta-analysis of 51 studies JNNP 80:966-975
髄液中リン酸化タウは、ADの診断とMCIの診断について、ADで陽性的中率(PPV)90.3%陰性的中率(NPV)73.0%、MCIでPPV85.9%NPV76.9%と有用。MCIの進行予測についてPPV63.0%NPV83.0%。ADとその他の痴呆の鑑別はできない。

Conversion of amyloid positive and negative MCI to AD over 3 years: An 11C-PIB PET study. Neurology 2009 73: 754-760.
PIB陽性の軽度認知機能障害(MCI)症例は高率にアルツハイマー病に移行し、集積が強いほど早く移行するようだ

Association of higher diastolic blood pressure levels with cognitive impairment. Neurology 2009 73: 589-595.
拡張期血圧の上昇は認知機能障害の独立した危険因子で、10mmHg上昇すると認知機能障害の存在の危険性が7%程度上昇する

Regional rates of neocortical atrophy from normal aging to early Alzheimer disease. Neurology 2009 73: 457-465.
高齢者ではCDR0.5-1.0の場合、側頭葉内側や下外側、後帯状皮質などの萎縮率が強くし、CDR1.5-2.5と障害が強くなると頭頂葉や後頭葉外側に萎縮が広がる

MRI and CSF biomarkers in normal, MCI, and AD subjects: Predicting future clinical change. Neurology 2009 73: 294-301.
MRIと髄液のバイオマーカーは双方を施行することでよりaMCIからADへの進行を予測できるが、MRIはバイオマーカーよりも若干進行の予測能がよい

MRI and CSF biomarkers in normal, MCI, and AD subjects: Diagnostic discrimination and cognitive correlations. Neurology 2009 73: 287-293.
MRIと髄液のバイオマーカーは双方を施行することでより認知機能障害の検出能が上昇するが、MRIはバイオマーカーよりも認知機能障害をより強く検出できる

Predicting risk of dementia in older adults: The late-life dementia risk index. Neurology 2009 73: 173-179.
late-life dementia risk indexは、ここ6年間での認知症発症の危険性をある程度正確に予測できる

Amyloid imaging in mild cognitive impairment subtypes.Ann Neurol. 2009;65:557-68.
PiBのPETで,各病型(amnestic/nonamnestic/multidomain)のMCIに同程度のアミロイド陽性者が見られ,それらの一部はADへと進展したが,アミドイロ陰性者からはADへの進展はなく正常へと戻ったものもいた.

Donepezil delays progression to AD in MCI subjects with depressive symptoms. Neurology 2009 72: 2115-2121.
うつ症状を持つMCIはADへの進行の危険性が高いが、塩酸ドネペジルはその進行(移行)を遅らせる

Stability of the Clinical Dementia Rating, 1979-2007. Arch Neurol. 2009;66(6):773-777.
ここ30年でアルツハイマー病研究施設に登録された症例はより高齢、高学歴で非白人の集団の増加などが見られたがCDRは一定して認知機能障害の評価に有用で使用されていた

Biracial Population Study of Mortality in Mild Cognitive Impairment and Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2009;66(6):767-772.
MCIやADの罹患や認知機能の低下は死亡率の上昇と特にアフリカ系アメリカ人で関連が見られ、白人ではその関連がやや弱い

Clinical-neuroimaging characteristics of dysexecutive mild cognitive impairment.Ann Neurol. 2009;65:414-23.
MRIでの萎縮評価によると,健忘型MCIでは両側の海馬や嗅皮質,右下頭頂葉皮質,後部帯状回,遂行障害型MCIでは前頭葉前部皮質で目立ち,病型による差がある.

Longitudinal pattern of regional brain volume change differentiates normal aging from MCI. Neurology 2009 72: 1906-1913.
加齢に伴い前頭葉、頭頂葉の一部の萎縮と脳室の拡大が認められるが、MCIでは正常加齢者と比較して脳体積の低下、脳室拡大が目立つほかに、眼窩前頭皮質や海馬を含んだ側頭葉の萎縮が目立っていた

Effects of the menopause transition and hormone use on cognitive performance in midlife women. Neurology 2009 72: 1850-1857.
閉経への移行期に女性は認知機能が一時的に低下するが、月経終了前にホルモン療法を導入した場合は、閉経後の導入に比べ認知機能が保たれる

Duration of antihypertensive drug use and risk of dementia: A prospective cohort study. Neurology 2009 72: 1727-1734.
高血圧の治療により、認知症発症の危険性が年間8%の割合で減少する

A multicenter 1H-MRS study of the medial temporal lobe in AD and MCI. Neurology 2009 72: 1735-1740.
ADでは、健常人やMCIと比較して側頭葉内側のNAA濃度あるいはNAA/Cr比が明らかに低下していた

Association between late-life body mass index and dementia: The Kame Project. Neurology 2009 72: 1741-1746.
晩年のBMI低値あるいは体重減少の早さは、認知症発症の危険因子である

Less Alzheimer disease neuropathology in medicated hypertensive than nonhypertensive persons. Neurology 2009 72: 1720-1726.
剖検例による検討では高血圧に対する薬物療法をされていた集団は、血圧が正常の集団と比較してアルツハイマー的な病理変化が目立たない傾向にあった

Early Intervention for Mild Cognitive Impairment: A Randomised Controlled Trial.JNNP. 2009 Mar 29. [Epub ahead of print]
MCIでも早期から記憶に関するリハビリを行うと,記銘力や記憶方法について改善を得ることができる.

Donepezil treatment of patients with MCI: A 48-week randomized, placebo-controlled trial. Neurology 2009 72: 1555-1561.
軽度認知機能障害症例に対するドネペシル投与は、1次エンドポイントにおいてmodified ADAS-Cog scoresを有意に改善させたが、その他の評価では改善効果が見られなかった

Preclinical Evidence of Alzheimer Changes: Convergent Cerebrospinal Fluid Biomarker and Fluorodeoxyglucose Positron Emission Tomography Findings. Arch Neurol. 2009;66(5):632-637.
健常人では髄液のタウ及びリン酸化タウ蛋白の上昇は海馬傍回や後部帯状回など早期ADで異常が検出される部位の糖代謝の低下と関連が強く早期診断に有用かもしれない

Risk of dementia in MCI: Combined effect of cerebrovascular disease, volumetric MRI, and 1H MRS. Neurology 2009 72: 1519-1525.
海馬の萎縮、皮質梗塞、N-acetylaspartate (NAA)/creatine (Cr)比の低下の3つを満たすMCIの78%が認知症を発症する

Mild cognitive impairment: Loss of linguistic task-induced changes in motor cortex excitability. Neurology 2009 72: 928-934.
MEPによる検討では、健忘型軽度認知機能障害患者は言語障害が臨床的にはなくとも言語に関連した脳部位と利き手の運動皮質領域間の機能的結合が変化している

Standardized measurement of self-awareness deficits in FTD and AD.JNNP. 2009 Feb 9. [Epub ahead of print]
課題の前後で自分の結果を予測し実際の結果との乖離を評価する新しい方法は,認知症における自己認識の欠如を評価する良い方法である.

The dementia antipsychotic withdrawal trial (DART-AD): long-term follow-up of a randomised placebo-controlled trial.Lancet Neurol. 2009;8:151-157. Epub 2009 Jan 8.
認知症での2重盲検試験で,抗精神病薬を継続したものは中止したものに比べて生存率が有意に低下した.

The Metabolic Syndrome and Development of Cognitive Impairment Among Older Women. Arch Neurol. 2009;66:324-328.
高齢女性ではメタボリック症候群があると認知機能障害の危険性が高い

Total and Regional Adiposity and Cognitive Change in Older Adults: The Health, Aging and Body Composition (ABC) Study. Arch Neurol. 2009;66:329-335.
男性では脂肪過多は認知機能の悪化と相関するが、女性では相関は見られなかった

Midlife and Late-Life Obesity and the Risk of Dementia: Cardiovascular Health Study. Arch Neurol. 2009;66:336-342.
中年の肥満は認知症の危険性と相関するが、晩年の肥満は認知症の危険性の低下と相関していた

Different Patterns of Cerebral Injury in Dementia With or Without Diabetes. Arch Neurol. 2009;66:315-322.
認知症では糖尿病があると糖尿病がない群と比較して脳微小血管梗塞が目立ち皮質のIL-6が増加しているという傾向があった

Exercised Against Dementia. Arch Neurol. 2009;66:311-312.
身体活動性を増加させると認知機能の進行がやや遅れるというJAMAの論文の紹介

Medial temporal lobe atrophy on MRI scans and the diagnosis of Alzheimer disease. Neurology 2008 71: 1986-1992.
MRIでの側頭葉内側の萎縮の程度でアルツハイマー病/軽度認知機能障害と非健忘性軽度認知機能障害をある程度区別可能である

Microglial activation and amyloid deposition in mild cognitive impairment: A PET study. Neurology 2009 72: 56-62.
PETによる検討では軽度認知機能障害ではアミロイドの沈着とマイクログリアの活性化が見られるが、それぞれ独立しておこり関連は乏しい

Personality and lifestyle in relation to dementia incidence. Neurology 2009 72: 253-259.
外向性が高く神経質症でない性格が認知症の危険性が低い

Medial temporal lobe atrophy on MRI differentiates Alzheimer’s disease from dementia with Lewy bodies and vascular cognitive impairment: a prospective study with pathological verification of diagnosis. Brain 2009 132: 195-203
側頭葉内側部の萎縮はレビー小体病や脳血管性認知症よりもアルツハイマー病を強く示唆する所見であり病理学的には神経原線維変化との相関が強く認められた

Serum uric acid and cognitive function and dementia. Brain 2009 132: 377-382
尿酸値が高いと心血管障害疾患の危険性が上昇するが認知機能障害の危険性は低下する

Mediterranean Diet and Mild Cognitive Impairment. Arch Neurol. 2009;66:216-225.
地中海ダイエットにより軽度認知機能障害へのあるいはアルツハイマー病への進行危険度が減少する

Educational attainment and cognitive decline in old age. Neurology 2009 72: 460-465.
老年期では教育歴と認知機能はしっかりとした相関関係があるが、認知機能の低下速度との関連はなかった

Biochemical indicators of vitamin B12 and folate insufficiency and cognitive decline. Neurology 2009 72: 361-367.
血液中のホモシスチンよりもビタミンB12減少とメチルマロン酸濃度が認知機能低下と関連が強い

Factors associated with resistance to dementia despite high Alzheimer disease pathology. Neurology 2009 72: 354-360.
脳体積と海馬体積が大きいとアルツハイマー様の変化が強くても認知機能が保たれる

Hippocampal Volumes, Proton Magnetic Resonance Spectroscopy Metabolites, and Cerebrovascular Disease in Mild Cognitive Impairment Subtypes. Arch Neurol. 2008;65:1621-1628.
記憶障害のみある健忘性軽度認知機能障害症例では、MRIで海馬の萎縮とMRSでのMyo/creatine比の上昇が見られたが、非健忘性軽度認知機能障害症例ではそのようなAD的な変化は見られなかった

Incidence of early-onset dementias in Cambridgeshire, United Kingdom. Neurology 2008 71: 1496-1499.
イギリスのケンブリッジ州での早期発症痴呆症の発生率について

High prevalence of dementia and cognitive impairment in Indigenous Australians. Neurology 2008 71: 1470-1473.
オーストラリア先住民は痴呆症・認知機能障害の有病率が高い

Frequent Amyloid Deposition Without Significant Cognitive Impairment Among the Elderly. Arch Neurol. 2008;65:1509-1517.
65-85歳の集団で認知機能障害がなくても20%程度に[11C]PiB-PETでアミロイドの沈着が認められる

Young-Onset Dementia: Demographic and Etiologic Characteristics of 235 Patients. Arch Neurol. 2008;65:1502-1508.
45歳以下の認知症は、治療可能な疾患を少数含み神経変性疾患の割合は少ないが、原因のはっきりしない場合も18%程度ある

Subjective cognitive failures and hippocampal volume in elderly with white matter lesions. Neurology 2008 71: 1152-1159.
主観的認知機能障害は、客観的認知機能障害がみとめられない場合でも、白質病変の広がりとは別に、海馬の体積の減少に最も関連した

Central obesity and increased risk of dementia more than three decades later Neurology 2008 71: 1057-1064.
中年の50パーセントが有する中心性肥満は、糖尿病および心血管の併発症と無関係の痴呆の危険を増加させる

Childhood cognitive ability and risk of late-onset Alzheimer and vascular dementia. Neurology 2008 71: 1051-1056.
小児期の低い認知機能は脳血管性認知症の発症危険因子であるが、アルツハイマー病の発症は増加させない

Correlating Cerebral Hypometabolism With Future Memory Decline in Subsequent Converters to Amnestic Pre-Mild Cognitive Impairment. Arch Neurol. 2008;65:1231-1236.
健忘性前軽度認知機能障害の集団は、FDG-PETで評価した後帯状回、両側頭頂葉、左前頭前野の集積低下があると将来の認知機能低下が出現するかもしれない

Insulin in combination with other diabetes medication is associated with less Alzheimer neuropathology. Neurology 2008 71: 750-757.
インスリンと他の糖尿病治療薬の併用していた集団は単独使用、未使用群と比較して、老人斑が明らかに少ないことがわかった

MRI correlates of neurofibrillary tangle pathology at autopsy: A voxel-based morphometry study. Neurology 2008 71: 743-749.
脳MRIのvoxel-based morphometryによる灰白質の解析で、体積減少部位と神経原線維変化の沈着の程度に関連が認められた

Self-perceived memory impairment and cognitive performance in an elderly independent population with age-related white matter changes. JNNP. 2008;79:869-73. Epub 2007 Dec 12.
自覚的に記憶障害のある高齢者は,白質病変の重症度やうつ症状とは関係なく,他覚的にも記憶障害が認められる.

Changes in folate, vitamin B12 and homocysteine associated with incident dementia. JNNP. 2008;79:864-8. Epub 2008 Feb 5.
2.4年間の前向き調査で,血清葉酸値の低下やホモシステインの増加が痴呆の発症と関連があった.

Biomarkers for cognitive impairment and dementia in elderly people. Lancet Neurol. 2008;7:704-14.
認知症やその前駆段階を検出するための様々な生体指標についての最近のレヴュー

Physical frailty in older persons is associated with Alzheimer disease pathology. Neurology 2008 71: 499-504.
165人の剖検例で、身体能力が低い高齢者は脳内のアルツハイマー病様変化が強いことが判明した

Elevated Cerebrospinal Fluid BACE1 Activity in Incipient Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2008;65:1102-1107.
髄液BACE1(β-site APP-cleaving enzyme 1)活性はADやADに進行したMCI症例で高く、MCI例では髄液APP、Aβ40、タウと相関し孤発性ADのよいマーカーである

Staging Dementia Using Clinical Dementia Rating Scale Sum of Boxes Scores: A Texas Alzheimer’s Research Consortium Study. Arch Neurol. 2008;65:1091-1095.
Clinical Dementia Rating Scale Scoreの各項目を合計したCDR-SOB scoreは、CDRと同様に認知機能障害による生活レベルを適正に判断できより詳細なStagingが可能である

Association of Duration and Severity of Diabetes Mellitus With Mild Cognitive Impairment. Arch Neurol. 2008;65:1066-1073.
糖尿病は、65歳以下の早期発症、10年以上の罹患期間、重症度が軽度認知機能障害と関連する

Effect of fish oil on cognitive performance in older subjects: A randomized, controlled trial. Neurology 2008 71: 430-438.
認知機能が正常な集団では、魚油の一種であるエイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)を26週間摂取しても認知機能の改善効果はなかった

Fish consumption and risk of subclinical brain abnormalities on MRI in older adults. Neurology 2008 71: 439-446.
揚げていないツナや魚を週に3回以上摂取する集団では月に1回程度の摂取の集団と比較して、脳MRIでの無症候性脳梗塞や白質異常の有病率が低かった

Incident dementia and blood pressure lowering in the Hypertension in the Very Elderly Trial cognitive function assessment (HYVET-COG): a double-blind, placebo controlled trial. 2008 Aug;7(8):683-9. [Epub ahead of print]
高齢者の高血圧治療が痴呆の出現,進行に影響を与えるかを検討したが,平均2.2年の観察では治療の有無により明らかな差が見られなかった

Use of statins and incidence of dementia and cognitive impairment without dementia in a cohort study. Neurology 2008 71: 344-350.
認知機能が正常な集団では、スタチン系薬剤の服用は5年間の追跡調査で認知機能障害を発症する危険性が低下していた

Prevalence of dementia after age 90: Results from The 90+ Study. Neurology 2008 71: 337-343.
90歳以上の集団では男性よりも女性の認知症の合併率が高く(45%)、女性は5年ごとに認知症になる可能性が2倍に上昇し、高学歴である場合その危険性が低下する

Detecting Dementia With the Mini-Mental State Examination in Highly Educated Individuals. Arch Neurol. 2008;65:963-967.
大学卒以上の学歴があり物忘れを訴えていた場合、MMSEが30点満点中26点以下だと認知症である可能性がとても高い

Cognitive Function Over Time in the Alzheimer’s Disease Anti-inflammatory Prevention Trial (ADAPT): Results of a Randomized, Controlled Trial of Naproxen and Celecoxib ADAPT Research Group. Arch Neurol. 2008;65:896-905.
NSAIDsのうち、COX2阻害剤(セレブレックス、モービック)、naproxen sodium (ナプロキセン;日本未承認)の服用は認知機能の進行を予防しない

Hippocampal activation in adults with mild cognitive impairment predicts subsequent cognitive decline. JNNP 2008 79:630-5
MCI患者では,記憶に関する課題によりfMRIで海馬の活性化が大きいと,その後の認知機能の低下が著しい

Safety and efficacy of galantamine in subjects with mild cognitive impairment. Neurology. 2008;70:2024-35.
galantamine(ガランタミン)はMCIの症例で比較的安全に服用できるが認知症への移行を予防することはできなかった

Risk profiles for mild cognitive impairment and progression to dementia are gender specific. JNNP 2008 May 1 [Epub ahead of print]
MCIから認知症になる危険因子には,男性では脳卒中,女性では潜在性のうつや抗コリン剤といった性別による違いがある

Cystatin C as a marker of cognitive function in elders: Findings from the health ABC study. Ann Neurol. 2008 May 21. [Epub ahead of print]
新しい腎機能の指標であるシスタチンCは脳βアミロイドと共存しており,血清での値は認知機能と関係している

Cognition 6 years after surgical or medical therapy for coronary artery disease. Ann Neurol. 2008;63:581-90.
冠動脈バイパス術を受けた患者では徐々に認知機能の低下が見られるが,手術を受けない冠動脈疾患患者でも見られ,手術に関連するものではない

Altered fMRI activation during mental rotation in those at genetic risk for Alzheimer disease. Neurology 2008 70: 1898-1904.
アルツハイマー病発症の危険性が高い人は認知機能が正常であっても、右頭頂葉の一部が代償的に活性化していることがfMRIで検出できる

Candesartan and cognitive decline in older patients with hypertension: A substudy of the SCOPE trial. Neurology 2008 70: 1858-1866.
カンデサルタン(ブロプレス)は高血圧患者においてエピソード記憶と注意力の低下を防ぐ

Associations of job demands and intelligence with cognitive performance among men in late life. Neurology 2008;70:1803-8.
知的な能力を要求される仕事をしていた人は認知機能が晩年も保たれる

Occurrence of cognitive impairment and dementia in the community: A 9-year-long prospective study. Neurology 2008;70:1778-85.
75歳以上の集団で非痴呆性認知機能障害の発症率は追跡期間中の死亡を考慮にいれた場合、年間1000人当たり55人程度と少なくない

Apolipoprotein E genotype and memory in the sixth decade of life. Neurology 2008;70:1771-7.
50歳代の認知症のない集団で、アポE4遺伝子を持っている群は持っていない群と比較して言語性記憶が悪いが、視空間記憶は保たれている

Patients with MCI and N400 or P600 abnormalities are at very high risk for conversion to dementia. Neurology 2008;70:1763-70.
MCIの集団において認知機能に関する事象関連電位で、N400とP600の異常があるとアルツハイマー型認知症に移行しやすい

Atrophy rates accelerate in amnestic mild cognitive impairment. Neurology 2008;70:1740-52.
健忘型軽度認知障害からADに進行する集団は進行しない集団よりも脳の萎縮がより高度に進行し、さらに年齢が若いほどその萎縮の割合が強い

Neuroimaging correlates of subjective memory deficits in a community population. Neurology 2008 70: 1601-1607.
認知症のない集団で主観的な記憶障害の訴えは26.4%に認められ、脳MRIでの海馬の体積減少と側頭葉白質病変の増加と相関する

Hippocampal neurochemistry, neuromorphometry, and verbal memory in nondemented older adults. Neurology 2008 70: 1594-1600.
認知症のない高齢者では海馬の体積の減少と、1H-MRSでの海馬のNAA/Crレベルの低下が言語性記憶の低下と相関する

Processing resources reduce the effect of Alzheimer pathology on other cognitive systems. Neurology 2008 70: 1534-1542.
知覚判断のスピードやワーキングメモリなどの処理資源が保たれていると、脳内にタウ蛋白の蓄積があっても認知機能の悪化が遅い

Frequency and course of mild cognitive impairment in a multiethnic community. Ann Neurol. 2008 Feb 25 [Epub ahead of print]
MCIと診断された患者は,アルツハイマー病(AD)に進行する可能性が健常者に比べて2.8倍高いが,健常との診断にもどることも多く見られ,必ずしもADの病態を示唆するものではない

Genetic variation in the interleukin-1β-converting enzyme associates with cognitive function. The PROSPER study. Brain 2008 131: 1069-1077
interleukin-1β-converting enzyme (ICE)遺伝子の10643C and 5352A変異を持っているとIL-1βが低下し認知機能の一部がより保持される

Patterns and stages of α-synucleinopathy: Relevance in a population-based cohort. Neurology 2008 70:1042-48.
α-synucleinopathyは老人に良く見られるが、必ずしもアルツハイマー病のBraakステージと一致するわけではない

A randomized placebo-controlled trial of ginkgo biloba for the prevention of cognitive decline. Neurology 2008;70:1809-17.
118名の85歳以上の老人でイチョウ葉エキスにて軽度記憶障害の発症を70%低下させた

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください