ライム病 update

Differentiation of Reinfection from Relapse in Recurrent Lyme Disease. N Engl J Med 2012; 367:1883-1890
B.burgdorferi 株の外表面蛋白Cをコードする遺伝子(ospC)の遺伝子型の解析による結果、適切に治療された遊走性紅斑患者における反復エピソードは再感染によるものであり、再燃ではなかった

Diffuse hyperintense brainstem lesions in neuroborreliosis. Neurology 2009 73: 326.
脳幹にびまん性の可逆性高信号病変が出現し、脳幹症状を引き起こした神経ボレリア症の64歳女性例

Antibiotic responsive demyelinating neuropathy related to lyme disease. Neurology 2009 72: 1786-1787.
セフトリアキソン投与により改善したライム病の関与が疑われる脱髄性末梢神経障害の56歳男性例

Bilateral Facial Palsy in Neuroborreliosis. Arch Neurol. 2009;66(4):534-535.
神経ボレリア症による両側顔面神経麻痺の54歳男性例

Ocular flutter as the first manifestation of Lyme disease. Neurology 2009 72: 291.
Ocular flutterで発症したライム病の1例

Oral doxycycline versus intravenous ceftriaxone for European Lyme neuroborreliosis: a multicentre, non-inferiority, double-blind, randomised trial. Lancet Neurol. 2008 Aug;7(8):690-5. Epub 2008 Jun 21.
神経ライム病の治療に,経口ドキサイクリン200mg投与は静注セフトリアキソン2g投与と同等の効果があり,費用面からは有用である

A randomized, placebo-controlled trial of repeated IV antibiotic therapy for Lyme encephalopathy. Neurology 2008 70:992-1003.
ライム脳症(Borrelia burgdorferi)に対しceftriaxone (CTRX(ロセフィン); 2 g/d)投与(10週間)の効果をRCTで検討した。12週間後後の認知機能は改善したが、24週間後には改善が見られなかった。

コメントを残す