水痘帯状庖疹ウイルスと神経疾患 診断

水痘帯状庖疹ウイルス(VZV:varicella-zoster virus)は幼児期に初感染し水痘を発症させた後、何年も感覚神経節に潜伏感染します。その後、数十年経過してから宿主の免疫機能低下などを機会に再活性化されて感覚神経を下行して皮層に帯状庖疹を発症します。VZVは神経節に潜在する神経向性ウイルスですので、多彩な神経合併症を呈するため、神経内科領域では良く遭遇するウィルスです。
VZVは神経節に潜在する神経向性ウイルスであり,多彩な神経合併症を呈する。大きく分けて以下の3つに分類されます。
1. 水痘に関連するもの 2. 帯状疱疹に関連するもの 3. 皮疹を認めずに神経系の合併症を呈するもの(無疹性)

1. 水痘 2. 帯状庖疹 3. 無疹性
急性小脳失調
脳炎
無菌性髄膜炎
脊髄炎
Reye症候群
視神経炎
NMO
Guillain-Barre症候群
血管炎
肉芽腫性血管炎、脳血管炎
髄膜炎
脳炎/小脳炎
帯状庖疹後神経痛
脊髄炎
視神経炎
脳神経麻痺
顔面神経麻痺(Ramsay Hunt症候群)
Zoster paresis
神経因性膀胱
Plexonopathy
NMO
Guillain-Barre症候群
筋炎
肉芽腫性血管炎
無菌性髄膜炎
脳炎
多発神経炎
脊髄炎
髄膜神経根炎

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください