Radiologically isolated syndrome (RIS) 治療

初回MRI撮影時に見つかったRISの治療-つまりRISに対してインターフェロンやコパキソンなどのDMTを導入するかどうか-に関しては統一した治療方針を決定するエビデンスもなく、今後の検討が必要です[ref]。
治療を待つのか、画像のフォローを行うのか、積極的に治療を導入するのか?MSへの進展のpredictorにより治療を検討するのか?必ず、受け持った場合には最新の動向をチェックしてください。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください