Overshunting associated myelopathy(OSAM)治療

overdrainageの原因となっている、VPシャントの交換、圧調整、結紮、抜去によって多くの例が症状の改善を認めます。

頸髄造影MRI:本例では上位頸髄前方に造影される構造物を認め、これにより頸髄が圧迫されています。この造影されている構造物が、脊髄硬膜外静脈です(左)。シャントの抜去後にはこれらの所見は改善しています(右)refより抜粋

コメントを残す