抗てんかん薬 副作用

抗てんかん薬は長期に内服することが多く、副作用の理解が重要です。薬剤により差はありますが、以下のような副作用が有名です。また、併用薬剤との相互作用も良く見られます。新世代の抗てんかん薬は大分、副作用が軽くなりました。

  1. 体質による副作用
    皮疹:Stevens-Johnson症候群、TEN、薬剤性過敏症症候群(DIHS)
    血球異常:汎血球減少
  2. 用量依存性副作用:血中濃度は測定しましょう
    中枢神経症状:めまい、ふらつき、認知機能障害、眼振、複視、眠気、精神症状
    消化器症状:悪心、嘔吐、下痢、便秘、肝機能障害
    その他:QT延長、発汗減少
  3. 長期服用に伴う副作用
    体重変化、多毛、脱毛、尿路結石、小脳萎縮(主にフェニトイン)、歯肉増殖(主にフェニトイン)、酵素誘導作用のある薬剤(下図)は、コレステロール値上昇、骨粗鬆症など。
酵素誘導作用のある抗てんかん薬による影響

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください