Edward

抗血小板薬 update

Aspirin Use, Tumor PIK3CA Mutation, and Colorectal-Cancer Survival. N Engl J Med 2012; 367:1596-1606.
PIK3CA(ホスファチジルイノシトール-4,5-二リン酸 3-キナーゼ触媒サブユニットαポリペプチド遺伝子)変異型大腸癌の患者では,癌診断後のアスピリンの日常的使用は生存期間がより長いことと関連が認められたが,PIK3CA 野生型大腸癌の患者では関連は認められなかった

Clopidogrel and interaction with proton pump inhibitors: comparison between cohort and within person study designs. BMJ. 2012 Jul 10;345:e4388.
PPIへの曝露は死亡または新規発症心筋梗塞リスクの37%の上昇と関連したが、対象者内解析ではPPIへの曝露と新規発症心筋梗塞とのあいだに関連はみられなかった

Terutroban versus aspirin in patients with cerebral ischaemic events (PERFORM): a randomised, double-blind, parallel-group trial. Lancet. 2011;377:2013-22.
脳卒中の2次予防においてterutroban(トロンボキサン-プロスタグランジン受容体の選択的な拮抗薬)はアスピリンと同等の効果はあるものの非劣性確認できなかった

Clopidogrel with or without omeprazole in coronary artery disease. N Engl J Med. 2010 Nov 11;363(20):1909-17.
冠動脈疾患に対するアスピリンとクロピドグレル投与を受けている患者への予防的なPPI投与は、上部消化管出血の割合を減じ、ク ロピドグレルとオメプラゾールに心血管系の相互作用は認められなかった

多発性硬化症 update 3

バックナンバー:12

Ocrelizumab versus Interferon Beta-1a in Relapsing Multiple Sclerosis. N Engl J Med. 2017 Jan 19;376(3):221-234.
RRMSに対して、オクレリズマブ(ヒト化CD20モノクローナル抗体)はインターフェロンβ-1a よりも疾患の活動性と進行が認められる割合が低かった

An RCT to treat learning impairment in multiple sclerosis: The MEMREHAB trial. Neurology. 2013;81:2066-72.
多発性硬化症に対してmodified Story Memory Technique (mSMT)は、認知機能障害の改善効果を認める

Placebo-Controlled Phase 3 Study of Oral BG-12 or Glatiramer in Multiple Sclerosis. N Engl J Med 2012; 367:1087-1097.
再発寛解型多発性硬化症患者において,BG-12(両用量)とグラチラマー酢酸塩(GA)により,プラセボと比較して再発率は有意に低下し,神経放射線学的転帰が有意に改善した

Placebo-Controlled Phase 3 Study of Oral BG-12 for Relapsing Multiple Sclerosis. N Engl J Med 2012; 367:1098-1107
再発寛解型多発性硬化症患者において,BG-12 投与はいずれの用量でも,プラセボと比較して再発率,年間再発率,障害進行率,MRI 上の病変数を有意に低下させた

Potassium Channel KIR4.1 as an Immune Target in Multiple Sclerosis. N Engl J Med 2012; 367:115-123
ATP 感受性内向き整流性カリウムチャネル (KIR4.1) は,多発性硬化症患者おける自己抗体反応の標的である

Placebo-Controlled Trial of Oral Laquinimod for Multiple Sclerosis. N Engl J Med 2012; 366:1000-1009.
第3相試験では,再発寛解型多発性硬化症患者に対しラキニモドを1日1回経口投与することで,障害の進行が遅延し,再発率が低下した

Late motor decline after accomplished remyelination: Impact for progressive multiple sclerosis.ANN NEUROL 2012;71:227-244.
多発性硬化症の慢性期再髄鞘化した病変では神経損傷を示すAPP陽性軸索が増加し,髄鞘のプロテオームも慢性脱髄動物モデルの病変と同様に変化している.

Evolution of the blood-brain barrier in newly forming multiple sclerosis lesions. Ann Neurol. 2011;70:22-9.
多発性硬化症の病変をDCE-MRIを使用して検討したところ、病変が拡大する過程では造影のパターンが外向きから内向きに変化し、病変内外のBBBによる血清蛋白漏出の変化を反映しているのかもしれない

Inflammatory cortical demyelination in early multiple sclerosis. N Engl J Med. 2011;365:2188-97.
多発性硬化症の生検脳の検討では、皮質の脱髄性病変は38%の症例で認められ、組織学的には炎症性変化が主体で特に髄膜炎症と強い関連を示した.

Randomized trial of oral teriflunomide for relapsing multiple sclerosis. N Engl J Med. 2011;365:1293-303.
再発型多発性硬化症に対して、経口免疫抑制剤テリフルノミド投与により再発率、障害の進行(高用量の場合)、疾患活動性を示すMRI所見がプラセボと比較して有意に減少した

Interferon-β inhibits toll-like receptor 9 processing in multiple sclerosis.Ann Neurol. 2010;68:899-906.
INFβ治療を受けているMS患者では,TLR9作動薬による形質細胞様樹状細胞のIFN-βやIL-6,TNF産生能力が低下しており,活性型TLR9蛋白の発現も減少している.

Mitochondrial DNA deletions and neurodegeneration in multiple sclerosis.Ann Neurol. 2010 Nov 8.
MS患者の脳灰白質ではミトコンドリアDNAの欠損による呼吸障害を呈する神経細胞が増加し,進行する神経変性に関与していると考えられる.

Immune regulation of multiple sclerosis by transdermally applied myelin peptides.Ann Neurol. 2010;68:593-601.
再発寛解型MS患者への経皮的なミエリンペプチド投与は,局所の皮膚,リンパ節での免疫細胞の反応や血液での免疫系の変化など免疫調節作用を有する.

Dextromethorphan plus ultra low-dose quinidine reduces pseudobulbar affect.Ann Neurol. 2010;68:693.
MSやALSにおける仮性球症状に対して低用量キニジンとデキストロメトロファンの併用療法は,大きな副作用なく優位な改善が期待できる.

Axonal damage in relapsing multiple sclerosis is markedly reduced by natalizumab.Ann Neurol. 2010 Oct 28.
Natalizumab投与により再発型MS患者の髄液中では神経フィラメント軽鎖の値が低下し,神経軸索損傷を軽減していると考えられる.

A phase 3 trial of extended release oral dalfampridine in multiple sclerosis.Ann Neurol. 2010;68:494.
経口徐放性dalfampridineはMS患者の歩行能力を改善させる.

A Gradient of neuronal loss and meningeal inflammation in multiple sclerosis.Ann Neurol. 2010;68:477.
B細胞の小胞様構造を髄膜に伴った2次性進行性MSの脳組織では,その周囲の灰白質に活性化ミクログリアの増加を伴って神経細胞の脱落が認められる.

Natalizumab dosage suspension: are we helping or hurting?Ann Neurol. 2010;68:395.
PMLの合併頻度を下げようとMS患者でnatalizumabを中断すると,MSの再燃がみられる

JC virus persistence following progressive multifocal leukoencephalopathy in multiple sclerosis patients treated with natalizumab.Ann Neurol. 2010;68:384.
Natalizumabを投与されPMLとなったMS患者では,免疫学的再構築炎症症候群を経ても多くの患者で髄液中のJCウィルスDNA陽性が持続している.

Meningeal T cells associate with diffuse axonal loss in multiple sclerosis spinal cords.Ann Neurol. 2010 Aug 4.
MSでは脳と同様に脊髄でも,髄膜のCD3陽性T細胞や活性化されたミクログリアの数と神経軸索脱落とが相関している.

Venous and cerebrospinal fluid flow in multiple sclerosis: A case-control study.Ann Neurol. 2010;68:255.
再発寛解型多発性硬化症患者のMRIでの評価では経静脈血流や髄液流の異常は認められず,最近提唱されている慢性的な脳脊髄静脈不全を示唆する所見は得られなかった.

Higher 25-hydroxyvitamin D is associated with lower relapse risk in multiple sclerosis.Ann Neurol. 2010;68:193.
血清25ヒドロキシビタミンDの値とMSの再発率は逆相関し,10nmol/lの増加で再発が12%減少する.

No cerebrocervical venous congestion in patients with multiple sclerosis.Ann Neurol. 2010;68:173
56人のMS患者の脳静脈血流(血流方向や流量測定)検査では,脱随の原因ではないかと最近提唱されている慢性脳脊髄静脈うっ血の病態は見られなかった.

Pilot trial of low-dose naltrexone and quality of life in multiple sclerosis.Ann Neurol. 2010;68:145.
低用量ナルトレキソン(モルヒネ類似のオピオイド受容体拮抗薬)はMS患者で副作用なく,生活の質を改善させる.

Natalizumab drug holiday in multiple sclerosis: Poorly Tolerated.Ann Neurol. 2010;68:392.
10例のMSでPMLの予防のためナタリズマブを6ヶ月中断してみたが,7例で症状再発か新しい病変が出現してしまった.

OAS1 : A multiple sclerosis susceptibility gene that influences disease severity. Neurology 2010 75:411-418
多発性硬化症では、2′,5′-オリゴアデニル酸合成酵素遺伝子(OAS1)のSNP型のAA遺伝子型が活動性亢進に関連しており、GG遺伝子型は活動性の低下と関連していた

Diagnostic criteria for multiple sclerosis: 2010 Revisions to the McDonald criteria. Ann Neurol. 2011;69:292-302.
多発性硬化症の診断基準の改訂: 新しい基準は、clinically isolated syndrome(CIS)の評価において、MRIの必要条件を単純化することを目的としている

Distinct Properties of Circulating CD8+ T Cells in FTY720-Treated Patients With Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2010;67(12):1449-1455.
多発性硬化症に対するフィンゴリモド(FTY720)治療では、特に後期エフェクターCD8Tリンパ球を血中にホーミングさせるようだ

Upregulation of K2P5.1 potassium channels in multiple sclerosis. Ann Neurol. 2010;68:58.
MS患者のT細胞リンパ球ではK(2P)5.1チャネルのupregulationされて,T細胞の活性化が示唆されており,今後の治療の標的の候補となりうる.

Spinal Cord Ring Enhancement in Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2010;67(11):1395-1398.
多発性硬化症で脊髄のリング状造影効果を認めるのは6%程度と頻度が少ないが、その中でも頻度が高いのは頚髄のopen-ring状造影効果であった

Primary infection with the Epstein-Barr virus and risk of multiple sclerosis.Ann Neurol. 2010;67:82.
MS患者では,血清のEBウィルス抗体価を経時的に見ていくと,当初陰性でも発症する前に全員陽性になっていた.

Longitudinal study of vision and retinal nerve fiber layer thickness in multiple sclerosis. Ann Neurol. 2010;67:749.
MS患者では明らかな視神経炎がなくても,視力の低下と相関して網膜神経線維束は薄くなっていく.

Disability Progression in a Clinical Trial of Relapsing-Remitting Multiple Sclerosis: Eight-Year Follow-up. Arch Neurol. 2010;67(11):1329-1335.

Long-interval T2-weighted subtraction magnetic resonance imaging: a powerful new outcome measure in multiple sclerosis trials.Ann Neurol. 2010;67:667.
MRIでの経時的な評価において,T2延長病変の変化は新たなGd造影病変よりもMSへの治療効果を判定するのに有用である.

MSに対するインターフェロンβ1a治療の臨床試験において、元のEDSSと比較して1点以上の悪化を6ヶ月持続的に認めることは、8年後の機能障害の予後因子であった

Translational Research in Neurology and Neuroscience 2010: Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2010;67(11):1307-1315.
多発性硬化症に対する最近のトランスレーショナル研究の成果に関する総説

脳梗塞 update 2

バックナンバー:

Thrombectomy 6 to 24 Hours after Stroke with a Mismatch between Deficit and Infarct. N Engl J Med. 2017 Nov 11.
急性内頚動脈閉塞あるいは中大脳動脈近位部閉塞による脳梗塞症例において臨床症状と梗塞体積にミスマッチを認める例では、発症6-24時間後であっても血管内治療による有益性が認められた

Clinical Imaging Factors Associated With Infarct Progression in Patients With Ischemic Stroke During Transfer for Mechanical Thrombectomy. JAMA Neurol. 2017 Sep 25
血管内血栓除去術を施行した脳梗塞症例の解析において、側副血行路不良と重症脳卒中が、脳卒中センターに移送時の脳梗塞領域の拡大に関連した因子であった

Time elapsed after ischemic stroke and risk of adverse cardiovascular events and mortality following elective noncardiac surgery. JAMA. 2014;312:269-77.
脳卒中の既往がある場合、心臓手術以外の予定手術での有害心血管イベントや死亡率は脳卒中発症から手術までの期間が短いと高くなり、発症後9ヶ月を越えるとリスクの増加は強くはなくなるが既往のない集団と比較すると有意に高い

Guidelines for the Prevention of Stroke in Patients With Stroke and Transient Ischemic Attack: A Guideline for Healthcare Professionals From the American Heart Association/American Stroke Association. Stroke. 2014 May 1.
脳梗塞、一過性脳虚血発作の二次予防に関するガイドライン 2014年度版

Effects of Immediate Blood Pressure Reduction on Death and Major Disability in Patients With Acute Ischemic Stroke: The CATIS Randomized Clinical Trial. JAMA. 2013 Nov 17.
急性期脳梗塞において、発症24時間以内に140/90mmHgを目標に降圧治療を行った群は、対象群と比較して14日目の死亡あるいはmRS 3点以上の重度な障害に有意な差はなかった

The THRombolysis and STatins (THRaST) study. Neurology. 2013;80:655-661.
脳梗塞に対するrt-PA静注治療において、スタチンを早期から併用することで短期及び長期の神経学的予後が改善するかもしれない

A trial of imaging selection and endovascular treatment for ischemic stroke. N Engl J Med. 2013;368:914-23.
発症8時間以内の急性期脳梗塞に対して、CTやMRIでの救済可能領域の大きさによる予後の差や、血管内治療による予後改善効果は得られなかった

Endovascular treatment for acute ischemic stroke. N Engl J Med. 2013;368:904-13.
発症4.5時間以内の急性期脳梗塞に対して、rt-PA静注単独療法群と血管内治療群では機能的自立に有意な差はない

Endovascular therapy after intravenous t-PA versus t-PA alone for stroke. N Engl J Med. 2013;368:893-903.
発症3時間以内の急性期脳梗塞に対して、rt-PA静注単独療法群とrt-PA静注+血管内治療群では安全性は同等であるが機能的自立に有意な改善は見られない

Posterior Cerebral Artery Laterality on Magnetic Resonance Angiography Predicts Long-Term Functional Outcome in Middle Cerebral Artery Occlusion. Stroke. 2012 Nov 27.
中大脳動脈閉塞による脳梗塞に対するrt-PAによる再灌流療法時に、MRAで閉塞側のPCA延長を認める群は長期予後が良い

Inpatient statin use predicts improved ischemic stroke discharge disposition. Neurology. 2012;78:1678-83.
脳梗塞による入院前または入院中にstatinを服用していた患者では、自宅退院(補正オッズ比[adjusted odds ratio:AOR]1.38)、または自宅退院もしくはリハビリ施設への退院の確率が高かった(AOR 2.08)

Evolving role of biomarkers in acute cerebrovascular disease. Ann Neurol.2012;71:289.
急性期脳梗塞におけるバイオマーカについてのレヴュー

Trans fat, aspirin, and ischemic stroke in postmenopausal women.Ann Neurol. 2012 Mar 1
閉経後の女性ではトランス脂肪摂取が虚血性脳卒中の危険と相関しているが,アスピリン内服により軽減される.

Predicting outcome of IV thrombolysis-treated ischemic stroke patients: The DRAGON score. Neurology. 2012;78:427-32.
DRAGON(CT所見、発症前mRS、年齢、血糖、投与までの時間、NIHSSS)スコアにより発症4.5時間以内の脳梗塞に対するi.v. rt-PA療法の機能予後の判定が可能である

Predictors of tissue-type plasminogen activator nonresponders according to location of vessel occlusion. Stroke. 2012;43:417-21.
閉塞血管が確認できた症例でのi.v. rt-PA療法の予後は、MCA近位部閉塞では年齢、ICの高度狭窄、IC分岐部では高血圧、心房細動がないこと、脳底動脈では心房細動がないことがそれぞれ予後不良因子であった

Level of systolic blood pressure within the normal range and risk of recurrent stroke. JAMA. 2011;306:2137-44.
非心原性脳梗塞の発症180日以内での検討では、SBP 130-139mmHgの集団が最も血管イベントが低く、Jカーブ現象が認められた

Level of systolic blood pressure within the normal range and risk of recurrent stroke. JAMA. 2011;306:2137-44.
非心原性虚血性脳卒中患者の脳卒中再発リスクは、収縮期血圧値が130-140mmHgで最も低く、低過ぎても(120mmHg未満)、高過ぎても(140mmHg以上)、再発リスクは増大する

Is the maximum dose of 90 mg alteplase sufficient for patients with ischemic stroke weighing >100 kg? Stroke. 2011;42:1615-20.
脳梗塞に対する血栓溶解療法において、体重が100kgを超える場合は1kgあたりの投与量が少なくなるにもかかわらず、症候性脳出血、死亡のオッズ比は体重>100kgの方が高く、現在認可されているアルテプラーゼ最大投与量は妥当と考えられる

Signatures of cardioembolic and large-vessel ischemic stroke. Ann Neurol. 2010;68:681-92.
血液RNAの遺伝子発現の解析により,90%以上の感度と特異度で心原性塞栓と大血管病変による梗塞とを区別できる.

Elevated plasma YKL-40 levels and ischemic stroke in the general population.Ann Neurol. 2010;68:672-80.
血管壁内の脂質を持ったマクロファージから産生されるYKL-40の血漿濃度は,脳梗塞の危険因子である.

Noradrenergic enhancement improves motor network connectivity in stroke patients.Ann Neurol. 2010 Dec 28.
中等度までの手の麻痺のある脳梗塞患者にSNRIを投与すると,脳梗塞による同側の腹側運動前野と補足運動野の連絡性低下が改善し,筋力が向上した.

Recurrent ischemic events in young adults after first-ever ischemic stroke.Ann Neurol. 2010;68:661-71.
50歳未満の初発の若年脳梗塞でも5年での再発率は9.4%と高く,1型糖尿病や主要血管動脈硬化などが危険因子である.

Prediction of malignant middle cerebral artery infarction by magnetic resonance imaging within 6 hours of symptom onset: A prospective multicenter observational study.Ann Neurol. 2010;68:435.
減圧手術が必要となるような”悪性”の中大脳動脈領域の梗塞への進展は,発症時のMRIでの82ml以上のDWI高信号や内頚動脈の閉塞などにより予測ができる.

Pretreatment ASPECTS on DWI predicts 3-month outcome following rt-PA: SAMURAI rt-PA Registry. Neurology 2010 75:555-561
脳梗塞に対するrt-PA治療前のASPECTスコアは発症3ヶ月後の神経機能の独立した予測因子であり、7点以上の場合mRS 0-2(完全自立)の割合が高い

Coagulopathy and embolic signal in cancer patients with ischemic stroke.Ann Neurol. 2010;68:213.
急性期脳卒中の癌患者では,経頭蓋ドップラーによる塞栓信号が血清D-dimer高値と相関して認められる.

Cerebral beta-amyloid detected by pittsburgh compound B positron emission topography predisposes to recombinant tissue plasminogen activator-related hemorrhage.Ann Neurol. 2010 Jul 26.
tr-PAによる血栓溶解後の出血は,PiBの集積が見られるアミロイド血管症で多い.

Fluoxetine for motor recovery after acute ischaemic stroke (FLAME): a randomised placebo-controlled trial. Lancet Neurol. 2011 Feb;10(2):123-30.
脳梗塞発症早期からのフルオキセチン (プロザック; SSRI) の内服により、有意な運動機能の改善が得られた

Very Early Neurologic Improvement After Intravenous Thrombolysis. Arch Neurol. 2010;67(11):1323-1328.
脳梗塞へのt-PA投与後1時間以内に、症状が急速に改善する例は18%程度に認められ3ヶ月後の機能予後良好と関連していた

Insulin Resistance and Risk of Ischemic Stroke Among Nondiabetic Individuals From the Northern Manhattan Study. Arch Neurol. 2010;67(10):1195-1200.
非糖尿病集団において、Homeostasis Model Assessment指数でのインスリン抵抗性の存在は脳梗塞発症の2.8倍の増加と関連していた(Northern Manhattan Study)

Cilostazol for prevention of secondary stroke (CSPS 2): an aspirin-controlled, double-blind, randomised non-inferiority trial. Lancet Neurol. 2010 Oct;9(10):959-68.
日本で実施された、企業の資金提供を受けた二重盲検ランダム化試験では平均29ヵ月のフォローアップ 期間中、主要エンドポイント(脳梗塞再発、脳出血、またはクモ膜下出血)の発生及び出血イベントは、シロスタゾール群のほうがアスピリン群よりも少ないが、副作用は、シロスタゾール群で多かった

アルツハイマー型認知症 update 3

バックナンバー:2

ffect of citalopram on agitation in Alzheimer disease: the CitAD randomized clinical trial. JAMA. 2014;311:682-91.
citalopram(SSRI)は一部のAlzheimer病患者の興奮を抑制するが、食欲低下、店頭などの有害事象は増加する

Effect of vitamin E and memantine on functional decline in Alzheimer disease: the TEAM-AD VA cooperative randomized trial. JAMA. 2014 Jan 1;311(1):33-44.
高容量ビタミンE(2,000IU/日)の内服は軽度から中等度アルツハイマー病の進行を抑制させる

A phase 3 trial of semagacestat for treatment of Alzheimer’s disease. N Engl J Med. 2013;369:341-50.
低分子 γ-セクレターゼ阻害薬のセマガセスタット(semagacestat)は、アルツハイマー型認知症の認知機能を改善させず、高容量では認知機能障害の悪化に加え有害事象が多く見られた

Relapse Risk after Discontinuation of Risperidone in Alzheimer’s Disease. N Engl J Med 2012; 367:1497-1507
アルツハイマー病で精神症状または興奮に対し 4?8 ヵ月間のリスペリドン療法が奏効した患者では,リスペリドンの中止は精神症状再発リスクの上昇に関連した

Impact of Angiotensin Receptor Blockers on Alzheimer Disease Neuropathology in a Large Brain Autopsy Series. Arch Neurol. 2012 Sep 10:1-7.
ARB服用者は臨床的にも病理学的にもアルツハイマー病と診断される可能性が低かったが、ACE阻害薬にはこのような傾向はなかった

Antioxidants for Alzheimer Disease: A Randomized Clinical Trial With Cerebrospinal Fluid Biomarker Measures. Arch Neurol. 2012 Mar 19.
アルツハイマー病では、ビタミンE(800IU/日)、ビタミンC(500mg/日)、ALA(900mg/日)の併用により、対照群と比較して有意にに16週後の認知機能が低下する

Donepezil and Memantine for Moderate-to-Severe Alzheimer’s Disease. N Engl J Med 2012; 366:893-903
ネペジルとメマンチンの併用に,ドネペジル単独を上回る有意な利益は認められなかった

A randomized, double-blind, placebo-controlled trial of simvastatin to treat Alzheimer disease. Neurology. 2011;77:556-63.
軽度から中等度のアルツハイマー病に対するシンバスタチンの投与は、症状の進行予防効果を示さなかった

Amyloid and tau proteins in cortical brain biopsy and Alzheimer’s disease. Ann Neurol. 2010;68:446.
iNPH疑い患者における右前頭葉皮質の生検での検討から,アミロイドβや過リン酸化タウの存在が,その後の臨床的なアルツハイマー病の指標となる.

Exercise and Alzheimer’s disease biomarkers in cognitively normal older adults.Ann Neurol. 2010;68:311.
健常人では,最近10年の運動量はPIBでの画像や髄液タウでのアルツハイマー病変化と逆相関しており,特にAPOEε4の非保因者で顕著である.

Increased brain atrophy rates in cognitively normal older adults with low cerebrospinal fluid Aβ1-42.Ann Neurol. 2010;68:825-34.
認知機能正常な高齢者で,脳脊髄液のAβ1-42低値が,脳萎縮進行と相関していてアルツハイマー病理の進行を示していると思われる.

(18)F-flutemetamol amyloid imaging in Alzheimer disease and mild cognitive impairment: A phase 2 trial.Ann Neurol. 2010;68:319.
PIBよりも検査が簡便な(18)F-flutemetamolによるアミロイド画像でも,PIBと比較して十分な結果が得られる.

A phase I trial of deep brain stimulation of memory circuits in Alzheimer’s disease.Ann Neurol. 2010 Aug 4.
初期のアルツハイマー病6例の少数での検討では,視床下部の電気深部脳刺激により神経回路の活性化や脳グルコース代謝の改善,認知症スケールでの改善が見られた.

Association of Higher Levels of High-Density Lipoprotein Cholesterol in Elderly Individuals and Lower Risk of Late-Onset Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2010;67(12):1491-1497.
高齢者においてHDLコレステロールが55mg/dL以上の群は、以下の群と比較してアルツハイマー病発症の危険性が半減していた

Beclin 1 Complex in Autophagy and Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2010;67(10):1181-1184.
オートファジー促進分子Beclin 1とアルツハイマー病の病態に関する総説

バックナンバー:2

Beclin 1 Complex in Autophagy and Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2010;67(10):1181-1184.
オートファジー促進分子Beclin 1とアルツハイマー病の病態に関する総説

肥厚性硬膜炎 診断

概念
脳や脊髄の硬膜が炎症、感染、腫瘍の転移により肥厚する疾患で、下記のような脳圧亢進症状、脳神経症状を来します。臨床的に良く見るのは、腫瘍の転移、ANCA関連疾患、サルコイドーシスあたりでしょうか。

症状

    頭痛
    うっ血乳頭
    視神経障害、視野狭窄:頭蓋内圧亢進、圧迫、炎症の波及などによる
    脳神経症状
    小脳症状
    下垂体機能不全

鑑別
画像上、硬膜肥厚を来しうる原因
 1. 特発性
 2. 頭蓋内圧低下:腰椎穿刺後、外傷性、特発性
 3. 感染性:真菌、梅毒、結核、HTVL-I、嚢虫など
 4. 自己免疫性疾患:Wegener肉芽腫症、サルコイドーシスシェーグレン症候群関節リウマチベーチェット病側頭動脈炎など
 5. 腫瘍性疾患:転移、悪性リンパ腫(二次性に多い)、髄膜腫
 6. IgG4関連疾患:同時に眼窩内炎症が見られることも多いかと思います

検査

    血液検査:IgG4、赤沈、ANA、ANCA、SS-A、ACEなど
    髄液検査:髄膜炎と異なり髄液所見に乏しいのが特徴ですが、感染症や細胞診などなどチェックしてください
    感染症の検査:HTLV-I、クォンティフェロン、β-Dグルカン、TPHAなど
    脳MRI:必ず造影でAxialとともにCoronalを撮像
    頭頸部CT:副鼻腔炎、中耳炎、眼窩内をチェックする
    悪性腫瘍の検索:悪性腫瘍の硬膜転移は多いので検索が必要です
    RI検査:全身Gaシンチ、脳Tlシンチ、PETなど
    硬膜生検:必要になることが多い印象です

肥厚性硬膜炎 治療

二次性の肥厚性硬膜炎:原因となる疾患の治療を行って下さい。

特発性肥厚性硬膜炎

1. 高容量ステロイド治療
ステロイドパルス後に、PSL 60-80mg/day投与し徐々に減量します。ステロイドにより臨床的、画像的に改善しますが、再発も多いのが難点です。そのため、免疫抑制剤の併用も必要になります。

2. 免疫抑制剤(使用報告の多いもの)

肥厚性硬膜炎 治療

二次性の肥厚性硬膜炎:原因となる疾患の治療を行って下さい。

特発性肥厚性硬膜炎

高容量ステロイド治療
ステロイドパルス後に、PSL 60?80mg/day投与し徐々に減量します。ステロイドにより臨床的、画像的に改善しますが、再発も多いのが難点です。そのため、免疫抑制剤の併用も必要になります。

免疫抑制剤(使用報告の多いもの)

Leber Hereditary Opnic Neuropathy (LHON) 治療

予防
喫煙や飲酒、栄養不足、精神的ストレス、急性疾患、眼打撲などが発症の誘因となりうると考えられていますので、これらを避けることが重要です。
さらに、喫煙や飲酒によって症状の進行を増悪させる可能性があります。最も重要なのは禁煙です。

治療
確立された治療法はありません

    イデべノン(CoQ10誘導体):ミトコンドリアの呼吸鎖酵素活性の賦活作用を持つ
    ビタミンB、C投与

その他
中心暗点型の疾患では視対象を拡大して視機能の向上をはかろうとしても暗点も拡大されるため難しいとされています。
Leber病では瞳孔の直接対光反応が比較的良好のことが多いため、特に戸外では縮瞳により中心暗点領域で物をみることとなります。そのため遮光レンズなどで眼内に入射する光量を制限して散瞳気味にして、周辺視野の利用をはかって視機能の質を向上する方法も考慮します

Leber Hereditary Opnic Neuropathy (LHON) 診断

ガイドライン 2017

概念
1871年にTheodor Leberが初めて報告したミトコンドリアDNA変異による視神経疾患で、多くは若い男性に発症する両眼性の遺伝性視神経萎縮です。亜急性に発症し、時にMRIで視神経の信号変化、造影効果を見ることから視神経炎と鑑別が難しい場合もあります。

疫学
イギリスの北東部では25000人に1人以下と希な疾患です。
男性に多いことが特徴です(男:女=9:1)
もちろん、母系遺伝を示します。
発症年齢は10 – 30歳代であることが圧倒的に多いのですが、40歳前後にも小さなピークがあり、この場合は飲酒や喫煙量の多い患者である確率が高いようです。中には50歳以上の高齢で発症したり、発症年齢が不明瞭で緩徐な経過をとることもあります。

症状

    視力低下:急性または慢性の視力低下で多くは矯正視力0.1以下
    視野異常:中心暗点が特徴
    色覚異常
    瞳孔対光反応障害:Marcus Gunn瞳孔などですが、他の視神経疾患と比較して軽度か目立たない場合も多いようです
    両眼性で視神経萎縮となるのですが、多くの場合にはまず片眼、数週間から1年以内(平均8週間後)に対眼の視力低下および中心暗点が生じます。視力低下と中心暗点は急速に悪化して、症状出現から4 – 6週間でnadirをむかえます

検査

    ミトコンドリアDNA検査
    フリッカー値:視力低下にも関わらず中心フリッカー値低下が目立たない場合も多く特徴とされています
    眼底所見:発症時に視神経乳頭は発赤浮腫を呈し、蛍光眼底造影で蛍光色素の漏出はないことが多いようです。この視神経乳頭腫脹は経過とともに消退して、6か月後には視神経萎縮となります
    視神経MRI:急性期に視神経に異常信号がなく、造影効果も伴わないことを根拠に視神経炎との鑑別します。ただし、時に視神経の腫脹や異常信号、淡い造影効果を認める例も報告されています。慢性期には萎縮した視神経が高信号を呈することがあります。

ミトコンドリアDNA異常
ミトコンドリアDNA、NADH脱水素酵素の複合体?のサブユニットをコードする遺伝子の3460番、11778番、14484番塩基の点変異が95%を占め、日本では約90%が11778番変異が検出されます。その他にも10以上の変異が知られています。
電子伝達系酵素複合体の機能は、ATP合成に加えて、ミトコンドリア内膜の内外のイオン勾配を形成し内膜を高エネルギー状態にすることで、ミトコンドリアマトリックスと細胞質間の選択的な物質のやりとりを行います。
Leber病特異的な遺伝子変異によってミトコンドリア内膜の高エネルギー状態が不安定となり、選択的な物質のやりとりに障害を引き起こして網膜神経節細胞の細胞死を誘発するという仮説が提唱されています。

予後
最終的な視機能回復の程度は遺伝子異常によって異なり、11778番変異で最も不良のようです。14484番変異で20歳以前に発症した場合には改善する確率が高いとも言われています。
多くの場合には視機能改善はなく、視覚障害者の登録を行うこととなります。

Leber病と多発性硬化症の関連(Harding病)
Leber病患者のMS有病率は一般人口の有病率の50倍ともいわれています。
Leber病が男性に圧倒的に多いのに対し、Leber病に多発性硬化症を合併したHarding病は女性が66%であり、MSが女性に多いことと類似しています。
Harding病ではミトコンドリア遺伝子異常で11778番変異と14484番変異が3460番変異と比較して多く、女性に限っていれば11778番変異が非常に多いことが特徴です。
Harding病の髄液所見は、OCB陽性、髄液IgG上昇を多くの場合伴います。
画像所見はMSに類似MSすることもあれば、非典型的な大きさ・形の病変で辺縁が不明瞭、T2WIでの高信号が淡くT1WIでは造影しても病変が指摘できない症例もあるようです。