関連書籍 神経内科の教科書

Principles of Neurology
2014年4月に改訂されました。すべての神経内科医必須の本だと思います
Amazon

医学生・研修医のための神経内科学
医学生、研修医、神経内科になりたての方にとってお勧め度No1です。山口大学教授の神田先生が、今まで経験されてきた臨床的感覚を濃縮して執筆され、要点も良くまとまっていて感動です。是非読まれてください
Amazon

Merritt’s Neurology
神経内科では最も有名な英語の教科書の一つです。2015年に改定された13版が最新版と思います。Kindle版もあります。(メリットと呼ばれていますが、リンスの名前が由来ではありません)。まあ、買っておきましょう。
Amazon

神経内科ハンドブック―鑑別診断と治療
これも結構持っている方が多いと思います。今のところ2016年改訂版が最新です
Amazon

Neurology and General Medicine
内科的common diseaseに関連する神経疾患を中心にまとめてあり、個人的にはこの本気に入ってます。2014年現在、2014年改訂版 fifth editionが最新版になります。
Amazon

Critical Care Neurology and Neurosurgery
神経系のCritical Careの教科書は英語版で何冊かあり、個人的にはこれとは違う英語の本を持っていて気に入ってましたが、古くなり改訂もされていないので、この本を買った方が良いと思います。
Amazon

Read More

関連書籍 感染症

Infections of the Central Nervous System
神経感染症の教科書です。2004年に改訂されているようです。
Amazon

サンフォード感染症治療ガイドブック
表紙に「熱病」と書かれている本で、毎年最新版が出版されますので新しい版を購入してください。日本語訳の本の方が大きく読みやすいと思います。ただし、これは感染症治療のノウハウを記載した教科書ではなく、あらゆる感染症に対する抗菌薬が掲載されたカンニング本です。
Amazon

レジデントのための感染症診療マニュアル 第2版
かなり評判の良い本。分厚くて躊躇しそうですが感染症に関わることのあるすべての医師必読のようです。
Amazon】【楽天

感染症診療のベーシック・アプローチ
痒いところに手が届くと評判の良い本ですが、個人的に持っていません。安いので近々購入しようと考えています。
Amazon】【楽天

抗菌薬の考え方、使い方(ver.2)
昔Ver1の頃は、上司に購入を勧められ購入しましたが、難しくて理解度はいまいちだった記憶があります。現在はVer2.評判を読む限りなかなか良さそうです。
Amazon】【楽天

Read More

関連書籍 神経・筋病理

臨床のための筋病理
日本語で詳しく記載された神経・筋病理の教科書が少ない中、この本の存在は貴重です。美しい写真が多く、視覚的にも楽しめます。筋病理に少しでも関わる神経内科医には必須の本です。
Amazon】【楽天


カラーアトラス末梢神経の病理
日本語で記載された末梢神経病理の唯一の教科書です。末梢神経病理に関わる神経内科医は必ず一度は目に通す必要があります。
Amazon

神経病理インデックス
とっつきにくい神経病理(中枢神経病理)がわかりやすくかかれていて最近評判のよい本です
一度見てみればわかりますが、レイアウトがすごくきれいで直感的に把握できます
Amazon】【楽天

神経病理を学ぶ人のために
専門医試験の時に読んだような、読んでないようなあまり記憶にないのですが。。。
有名な平野先生の本ですね。現在第4版。改訂もしてくださっているようです。
Amazon】【楽天

カラーアトラス神経病理
これは専門医試験の時に読みました。これですべてをカバーすることはできませんが、
きれいな写真が多く勉強になります。
Amazon】【楽天

Peripheral Neuropathy (Thomas & Dyck)
DyckのPeripheral Neuropathyと呼ぶ方が多いでしょうか。末梢神経、筋病理をsubspecialityとする場合は必須の教科書です
Amazon

Greenfield’s Neuropathology
同様に中枢神経系病理で定期的に改訂されている日本語の教科書が少ないように思います。これも、分厚い本で飾りになる可能性大ですが、やっぱり何かの時には読むことになると思います。抄読会で用いられることもありますね。
Amazon

Read More

関連書籍 診断学/症候学

ベッドサイドの神経の診かた
神経症候の勉強するときに最も使われている本だと思われます。現在は17版。
神経内科医でこの本を開いたことのない方はほとんどいないのでは?
Amazon】【楽天

神経症候学を学ぶ人のために
この本で沢山の実践的な症候学を勉強させていただきました。
著者の先生方に感謝いたします。
Amazon】【楽天

神経局在診断―その解剖、生理、臨床
神経の解剖、走行と臨床症状との対比に。
Amazon】【楽天

Diagnosis of Stupor and coma
あまり持っている方はいないかもしれませんが、意識障害を生じるあらゆる疾患、及び数々の疾患の意識障害のタイプが詳しく書かれています。この値段でこの情報量。間違いなく買いの一冊です。米国での意識障害に関するバイブルと米国脳卒中専門医に聞き、購入しました。
Amazon


Movement Disorder Emergencies: Diagnosis and Treatment
表面筋電図などの検査はあるものの、やはり見た目が重要な不随意運動をDVDで見るなら一押しの本です。この本一冊で、commonな疾患から、希な疾患までほとんどすべての不随意運動を見ながら学ぶことができます。
Amazon】【楽天

神経症候学
神経内科医なら持っているべきなのでしょうか。。。いや、もっていなくても画像能力が向上した現在、十分神経内科医は務まります。個人的には持ってはいるものの殆ど使ってませんが、辞書的に使用することになると思います。
Amazon】【楽天

Feb.16.2010

Read More

関連書籍 脳画像

Diagnostic Imaging
これらのシリーズは何も考えずに買ってしまってよいかと思います。
Diagnostic Imaging: Brain
Diagnostic Imaging: Spine
EXPERTddx™: Brain and Spine



脳MRI (1) (2) (3)
かなりの数の画像、及び納得のいく説明から今最も参考になる脳MRIの教科書です。1.は正常解剖、2.は代謝・脱髄・変性・外傷・他と疾患編です。最近は、3巻も発売されました。例えば、白質脳症などの稀な疾患に関してもその殆どの疾患のMRI画像が掲載されていて驚きです。
Amazon】【楽天

新版 所見からせまる脳MRI
脳MRIの読影において、例えば、どこが運動前野か?など解剖学的な位置を捉える方法、また、T2、T1とも基底核で高信号を見たらどのような疾患が鑑別に上がるのか?など、MRI所見からどのように考えればよいのかが記載されています。この本と、上記の本を持っていれば、ほぼ十分な知識がつきます。後は、経験や論文を読むことでスキルアップを図りましょうね。
Amazon】【楽天

脳脊髄のMRI
日本語の画像集の中では沢山の画像が掲載されていてとても役に立ちます。日本語の脳脊髄画像の教科書的存在だと思います。
Amazon

Magnetic Resonance Imaging of the Brain and Spine
個人的にはとても気に入っています。英語の分厚い教科書は得てして本棚の飾りになりますが、この本は画像が沢山ありよく開きます。画像の数もかなり多く、似たような画像を探す場合にも使用できます。
Amazon

エキスパートのための脊椎脊髄疾患のMRI
脊髄MRIはとりあえずこれです。。
Amazon】【楽天

新版 よくわかる脳MRI
脳画像の入門書としてとりあえずいかがでしょうか。
Amazon】【楽天

脳の拡散強調MRI
上記の教科書には拡散画像が少なく、解説も少ないため拡散画像に関する教科書は1つ必要です。
Amazon】【楽天

拡散テンソル法による ヒト脳白質のMRIアトラス
個人的には読んだことないのですがFA画像に興味のある方いかがでしょう。
Amazon】【楽天

最新脳SPECT/PETの臨床―脳機能の検査法
脳SPECT/PETの日本語の教科書は少ないですね。本書は、2012年3月発売の第3版が最新版です
Amazon

May.16.2008

Read More

CRPS 治療

軽症例であれば,抗うつ薬やNSAIDsを使用し,無効例やより重症例では,圧痛点ブロックや交感神経ブロックなどのより侵襲的な治療を,抗てんかん薬やステロイド,ビスホスホネート内服と合わせて行っていきます.疼痛をコントロールし,四肢のリハビリを行って四肢の運動機能を回復させることを目的とします.予後はそれほど悪くなく,多くの例で症状の改善が見られます.

内服薬
 抗うつ薬:amitriptiyline(トリプタノール)、SNRIなど
 NSAIDs
 抗てんかん薬:gabapentin(ガバペン)、carbamazepine
 ステロイド:PSL (1mg/体重kg ×数日,その後漸減)
 ビスホスホネート

圧痛点ブロック:ステロイド,局所麻酔薬

交感神経ブロック

その他

禁煙:喫煙者の方がCRPSになることが多いようです(禁煙が治療効果があるかは不明)
局所のカプサイシンクリーム塗布:軽症例で使用しますが,かえって痛みが出ることも多いそうです.日本では市販されていませんが,唐辛子エキスの入った温湿布でも代用できるのでしょうか?

予防

心筋梗塞,片麻痺,外傷などが契機となる場合は,早期からの四肢の運動が予防になると言われています.
また,骨折後に毎日ビタミンC500mgを50日間摂ることが勧められています.

Read More

その他

論文系

    ライフサイエンス辞書プロジェクト
    英語 de 論文

留学系

    研究留学ネット
Read More

大学、施設

    施設
    難病情報センター:特定疾患の情報、扱い
    UMIN(大学病院医療情報ネットワーク)
    日本学術振興会(JSPS)
    厚生労働省

    大学
    獨協大学 診療お役立ち情報
    長崎大学医学部神経内科:VGCC抗体、MuSK抗体、14-3-3蛋白、タウ蛋白測定
    東北大学神経科学講座病態神経学分野:プリオン遺伝子の検索
    東京医科歯科大学神経内科:脊髄小脳変性症の遺伝子検査依頼

    Read More

一般の方向け

    Goo ヘルスケア
    認知症を知るホームページ
    No!梗塞.net
Read More

個人のページ

医師系

    感染症診療の手引き
    Bee Happy!
    ビギナーのための筋電図(EMG)入門
    遠隔画像診断.jp
    Massie池田のホームページ
    Rockey Note
    Neurology
    内科開業医のお勉強日記
    ハート先生の心電図教室
    紫色の顔の友達を助けたい
Read More
Page 1 of 212»