未分類

抗がん剤、免疫抑制剤 update

Randomized trial of oral teriflunomide for relapsing multiple sclerosis. N Engl J Med. 2011;365:1293-303.
再発型多発性硬化症に対して、経口免疫抑制剤テリフルノミド投与により再発率、障害の進行(高用量の場合)、疾患活動性を示すMRI所見がプラセボと比較して有意に減少した

A placebo-controlled trial of oral cladribine for relapsing multiple sclerosis. N Engl J Med. 2010 Feb 4;362(5):416-26.
多発性硬化症に対するクラドリビン治療はプラセボと比較して、96週時点の再発率、障害進行リスクならびにMRI評価指標を有意に改善した

A placebo-controlled trial of oral cladribine for relapsing multiple sclerosis. N Engl J Med. 2010 Feb 4;362(5):416-26.
多発性硬化症に対する経口fingolimod投与はいずれの用量とも、プラセボと比較して再発率、障害進行リスク、MRI評価のエンドポイントを改善した

機能MRI (fMRI)

BOLD (blood oxygenation level dependent) 効果
血波中には酸素と結合したヘモグロビン(オキシヘモグロビン; Oxy-Hb)と結合していないヘモグロビン(デオキシヘモグロビン:Deoxy-Hb) が存在します。
Deoxy-Hbはその構造上の特性から周囲組織との聞に磁場不均一性を生じるため、その結果、MRIの信号を低下させるます。さらに通常、安静時の脳では静脈血中のDeoxy-Hbによりもともと信号が低下した状態にあります。
ここで被験者が課せられた課題を実行すると、その課題に必要とされる神経細胞群が賦活されます。
このように、何らかの刺激で局所の脳が賦活されると、その局所の脳血量が増加することで相対的にDeoxy-Hbが減少し、MRIの信号強度がその領域だけ増すことになって、脳の機能に関連した画像が得られるという仕組みです。
つまり、fMRIは脳神経活動に伴った局所の脳血流変化をMRI信号の変化として捉えて、間接的に脳の活動を観察しようというものです。
この原理はBOLD (blood oxygenation level dependent) 効果とよばれていて、1990 年にOgawaらによって発見されました

脊椎側彎症 update

Scoliosis Surgery in Children With Neuromuscular Disease: Findings From the US National Inpatient Sample, 1997 to 2003. Arch Neurol. 2010;67(2):231-235.
神経筋疾患を発症した小児への側湾症に対する外科的治療は、治療期間が長くなり、合併症も多く利点がない

その他の変性疾患 update

Loss of junctophilin-3 contributes to huntington disease-like 2 pathogenesis.Ann Neurol 2012;71:245-257.
HDL2患者の脳では異常伸長したCTGリピートの方向(JPH3遺伝子)に転写された物が蛋白として発現しており,JPH3欠損マウスでは運動機能異常を示した.

Defective FA2H leads to a novel form of neurodegeneration with brain iron accumulation (NBIA). Ann Neurol. 2010;68:611.
FA2H遺伝子変異は鉄蓄積性の神経変性疾患(淡蒼球への鉄沈着,小児期発症の痙性四肢麻痺,失調,ジストニア)の原因となる.

Teaching NeuroImages: Progressive facial hemiatrophy (Parry-Romberg syndrome) with ipsilateral cerebral hemiatrophy. Neurology 2010 74: e11.
同側の大脳萎縮を認めた進行性顔面半側萎縮症 (Parry Romberg Syndrome)の52歳男性例

硬膜下及び硬膜外血腫 update

Teaching NeuroImages: Falsely disappearing stroke secondary to isodense subdural hematoma. Neurology 2010 74: e15.
硬膜下血腫により陳旧性脳梗塞病変が脳CT上消失したように描出された59歳男性例

Teaching NeuroImages: Middle cerebral artery aneurysm rupture presenting as pure acute subdural hematoma. Neurology 2010 74: e13.
中大脳動脈の動脈瘤破裂により純粋な硬膜下血腫を来した33歳男性例

Peripheral intracranial aneurysm causing subdural hematoma without subarachnoid hemorrhage. Neurology 2010 74: 268.
中大脳動脈末梢枝の動脈瘤によりくも膜下出血の併発なく硬膜下血腫を発症した75歳男性例

偽膜性大腸炎 治療

基本的な治療法

    1. metronidazole 250mg 4 回/日 経口 または 500mg 3 回/日 10?14 日

2. メトロニダゾール無効例、あるいは非耐容、副作用出現時

    vancomycin 125mg 4 回/日 経口 10?14 日

3.重症例

    vancomycin 250?500mg 4 回/日 経口 10?14 日

再発性偽膜性大腸炎
1. 初回再発 初回と同治療を行う
2. 再発 (2 回目以後)
vancomycin 減量法

    125mg 4 回/日 経口 7日
    125mg 2 回/日 経口 7日
    125mg 1回/日 経口 7日
    125mg 1回/隔日 経口 7日

vancomycin 間欠投与法

    125~500mg 1 回/2~3 日 経口 21 日

vancomycin, cholestyramine 併用

    vancomycin 125~250mg 4 回/日 経口+cholestyramine 4g 3 回/日 経口 14 日

vancomycin, rifampicin 併用

    vancomycin125mg 4 回/日 経口+rifampicin 300mg 2 回/日 経口 7~14 日

妊娠と抗痙攣薬

妊娠中の抗痙攣薬内服による、催奇形性の危険性は以下様に報告されています[ref1]。バルプロ酸(デパケン)内服、併用両方はどうしても催奇形性の危険性が上昇してしまいます。
ラモトリジン (LTG)の催奇形性は低いようです。その他の新薬では、topiramate (TPM)は6-7%と高く、gabapentin (GBP)は3%程度、levetiracetam (LEV)はばらつきが多いものの結構低いようです[ref2]

治療 患者数 奇形発現率(%) [95%Cl]
AED非服用女性 108,084 3.27 [1.37-5.17]
単剤療法 CBZ 4,411 4.62 [3.48-5.76]
LTG 1,337 2.91 [2.00-3.82]
PB 945 4.91 [3.22-6.59]
PHT 1,198 7.36 [3.60-11.11]
VPA 2,097 10.73 [8.16-13.29]
併用療法 CBZ+1 942 7.10 [3.71-10.49]
LTG+1 599 5.59 [1.11-10.08]
PB+1 603 9.19 [5.88-12.50]
PHT+1 720 11.47 [6.65-16.30]
VPA+1 694 9.79 [7.57-12.02]

Pregnancy outcomes in women with epilepsy: a systematic review and meta-analysis of published pregnancy registries and cohorts. Epilepsy Res. 2008 Sep;81(1):1-13.

また、AEDの乳汁移行率は以下の通りです。

AED 乳汁移行率(%)*
VPA <10
PHT 20
CBZ 40
PB 50
PRM 80
TPM 86
ZNS 41-57
LTG 41.3(5.7-147.1)

経皮的電気刺激療法 (TENS) update

Assessment: Efficacy of transcutaneous electric nerve stimulation in the treatment of pain in neurologic disorders (an evidence-based review): Report of the Therapeutics and Technology Assessment Subcommittee of the American Academy of Neurology. Neurology 2010 74: 173-176.
経皮的神経電気刺激による慢性頭痛疾患に対する推奨度の総説