末梢神経疾患

傍腫瘍性末梢神経障害 update

Paraneoplastic neuropathy: wide-ranging clinicopathological manifestations. Curr Opin Neurol. 2011;24:504-10.
傍腫瘍性末梢神経障害の病型、病態に関する総説

Neuropathy in lymphoma: a relationship between the pattern of neuropathy, type of lymphoma and prognosis? JNNP 2008;79:778-82. Epub 2007 Oct 30.
リンパ腫に伴う末梢神経障害は,ホジキンリンパ腫では脱髄性多発神経障害がみられ,重症B細胞リンパ腫では局所浸潤による神経根症が多いが,脱髄性多発神経障害が全体としても多く予後は,神経根症や多発単神経障害よりもよい

末梢神経障害全般 upadate

Association of Long-term Opioid Therapy With Functional Status, Adverse Outcomes, and Mortality Among Patients With Polyneuropathy. JAMA Neurol. 2017 Jul 1;74(7):773-779.
多発ニューロパチーに対する長期オピオイド使用は機能予後の改善に結びつかず、依存のリスクも上昇する

Capsaicin induces degeneration of cutaneous autonomic nerve fibers.Ann Neurol. 2010;68:888-98.
カプサイシンの皮膚への局所塗布により,末梢自律神経線維が減少し機能が障害される.

Motor nerve biopsy: Clinical usefulness and histopathological criteria.Ann Neurol. 2010 Nov 12.
閉鎖神経と薄筋の生検が,運動性ニューロパチーと下位運動ニューロン疾患の鑑別に有用である場合がある.

Elevated proinflammatory cytokine expression in affected skin in small fiber neuropathy. Neurology 2010 74: 1806-1813.
小径線維ニューロパチーでは皮膚の炎症性サイトカイン遺伝子(TNF-α、IL-1β、IL-6、IL-8)の上昇を認める

Deficient high-acceleration vestibular function in patients with polyneuropathy. Neurology 2009 72: 2009-2013.
末梢神経障害患者では高率に前庭-動眼反射(Vestibulo-Ocular Reflex: VOR)が障害されている

Diagnosis and treatment in inflammatory neuropathies.JNNP. 2009 Mar;80(3):249-58
炎症性末梢神経障害の原因や治療法についてのレビュー

SEPT9 gene sequencing analysis reveals recurrent mutations in hereditary neuralgic amyotrophy. Neurology 2009 72: 1755-1759.
遺伝性神経痛性筋萎縮症の家系で新たな二つのSEPT9遺伝子のミスセンス変異が認められた

Skin blister and skin biopsy to quantify epidermal nerves: A comparative study. Neurology 2009 72: 1205-1210.
小径線維障害型の末梢神経障害の検索にsuction skin blister法は侵襲も少なく、有用な方法である

Practice Parameter: Evaluation of distal symmetric polyneuropathy: Role of autonomic testing, nerve biopsy, and skin biopsy. Neurology 2009 72: 177-184.
Practice Parameter: Evaluation of distal symmetric polyneuropathy: Role of laboratory and genetic testing (an evidence-based review). Neurology 2009 72: 185-192.
EBMによ遠位優位対称型ポリニューロパチー診断に関する総説

SEPT9 Mutations and a Conserved 17q25 Sequence in Sporadic and Hereditary Brachial Plexus Neuropathy. Arch Neurol. 2009;66:238-243.
孤発性腕神経叢障害症例は遺伝性腕神経叢障害で保持されるSEPT9遺伝子の存在する17q25シークエンスを保持しない

Multifocal neuropathy associated with West Nile virus infection. Neurology 2008 71: 1123
西ナイルウイルスに関連した多巣性neuropathy

The extracellular matrix affects axonal regeneration in peripheral neuropathies. Neurology 2008 71: 322-331.
障害から再生している末梢神経ではFibronectinが、再生の乏しい末梢神経ではvitronectinやfibrinといったそれぞれ細胞外マトリックスタンパク質の発現が上昇し、Fibronectinは神経内膜細胞が分泌していると考えられた

Cytokine expression in serum and cerebrospinal fluid in non-inflammatory polyneuropathies. JNNP 2008 Jun 11. [Epub ahead of print]
非炎症性の末梢神経障害でも,神経線維の変性や機械的な異痛症があると血清の炎症性サイトカインが上昇している

ベル麻痺 診断

疫学
発病率:20-30人/10万人、性差なし、発症年齢40歳代にピーク(10歳以下は少ない)、多くの例が完全回復する

病因
いまのところ、HSV-1の再活性化という仮説が指示されています。

症状
もちろん、片側の末梢性顔面神経麻痺により以下の症状が出現します。中枢性の顔面神経麻痺と比べて、末梢性の方が症状が強く、またやはり額のしわ寄せにより麻痺側のしわが寄らなければ末梢性と判断することが多いと思います(中枢性は額のしわの左右差がない)。

    眼輪筋麻痺:眼が閉じれないためが瞼裂が空く、Bell現象が見られるなど。ひどい場合は乾燥性結膜炎となり眼球結膜の充血、兎眼が生じます。
    口輪筋麻痺:麻痺側の口が閉じれないため、鼻唇溝が浅く、口角が下がり、特に液体が口角からもれます。
    アブミ骨筋麻痺:聴覚が過敏になり、音が大きく聞こえます。
    涙腺、唾液腺の分泌低下:中枢性の顔面神経麻痺ではこの中間神経の麻痺は見られません。
    味覚障害:舌前2/3で障害され、中枢性の顔面神経麻痺ではこの中間神経の麻痺は見られません。
    遅発性の症状:異所性再生により病的共同運動により、食事の再に涙が出たり、まばたきをすると口角も不随意に動いてしまうなどの症状がでることがあります。また、麻痺側顔面に不随意な筋痙攣が起こることもあります。

検査
顔面神経麻痺の存在は、臨床症状から明らかだと思いますが顔面神経伝道検査、Blink reflexで証明、あるいは中枢性と末梢性の鑑別が可能です。
他疾患の鑑別のため、必要なら、血液検査や脳MRIを行います。

鑑別診断
顔面神経麻痺ですが、同様な症状をきたすRamsay Hunt症候群(VZVによる)、Sjogren症候群、Guillain-Barre症候群、アミロイドーシス、サルコイドーシス、ライム病、内耳や乳様突起の感染や炎症、腫瘍の浸潤、小脳橋部の病変、肉芽腫性疾患、外傷、糖尿病などなどの鑑別が必要です。多発性硬化症などによる脳幹部の病変でも、核性あるいは核下性の末梢神経障害を起こすことがあります。
このうち、両側の顔面神経麻痺はサルコイドーシス、ライム病、Guillain-Barre症候群(亜型も含む)でよく出現します。
ヒントは、鑑別疾患に上記疾患は経過がベル麻痺に比べてゆっくりであることと、その他の神経症状の有無であると思います。

薬剤性末梢神経障害 update

Vitamin E neuroprotection for cisplatin neuropathy: A randomized, placebo-controlled trial. Neurology 2010 74: 762-766.
シスプラチンによる末梢神経障害に対してビタミンE 400mg投与は症状改善効果を認める

Frequency, Characteristics, and Risk Factors for Amiodarone Neurotoxicity. Arch Neurol. 2009;66(7):865-869.
アミオダロンは2.8%程度の割合で振戦、末梢神経障害、認知機能障害などの神経合併症を引き起こすが、使用期間が神経症状併発の危険因子である

Long-term Course of Demyelinating Neuropathies Occurring During Tumor Necrosis Factor-?Blocker Therapy. Arch Neurol. 2009;66(4):490-497.
TNFα抗体により脱髄性の末梢神経障害を来たすことがあるが薬剤中止後にも慢性脱髄性末梢神経障害を来たすことがあり、臨床症状は様々である

Human immunodeficiency virus protease inhibitors and risk for peripheral neuropathy. Ann Neurol. 2008;64:566-72.
プロテアーゼ阻害剤は,HIV感染者に対する投与で遠位感覚性末梢神経障害を起こすことが指摘されているが,多因子解析からはあまり関係がないようだ.

Acute polyradiculoneuropathy with renal failure: mind the anion gap. JNNP 2008;79:842-4.
症例報告.エチレングリコール中毒による急性腎不全の後に,運動感覚多発末梢神経軸索障害を来した.

Thalidomide and sensory neurotoxicity: A neurophysiological study. JNNP 2008 May 1 [Epub ahead of print]
サリドマイドでは通常考えられているより低用量で末梢神経障害が起こり,腓腹神経のSNAP振幅低下が見られる

遺伝性末梢神経障害 update

Towards a functional pathology of hereditary neuropathies. Acta Neuropathol. 2017;133:493-515.
CMTの病態に関する総説

Intermediate Charcot-Marie-Tooth disease: an electrophysiological reappraisal and systematic review. J Neurol. 2017 Mar 31.
特に電気生理に焦点を当てたintermediate型に分類されるCMTに関する総説

High-Dosage Ascorbic Acid Treatment in Charcot-Marie-Tooth Disease Type 1A: Results of a Randomized, Double-Masked, Controlled Trial. JAMA Neurol. 2013 Jun 24:1-7.
CMT1Aによる末梢神経障害症状に対して、2年間の1日4gのVitamineC大量投与は対照群と比較して有意な改善効果を示さなかった

Hereditary sensory autonomic neuropathy caused by a mutation in dystonin.Ann Neurol. 2012;71:569-72.
細胞骨格結合蛋白であるDystonin遺伝子の変異により幼児の致死的な自律神経感覚性末梢神経障害を生じる.

INF2 mutations in Charcot-Marie-Tooth disease with glomerulopathy. N Engl J Med. 2011;365:2377-88.
巣状分節性糸球体硬化症を伴うCMTでは、INF2遺伝子変異がdiaphanous 阻害ドメインをコードするエクソン2と3に認められることが多く、INF2はシュワン(Schwann)細胞でも重要な働きをしている可能性が高い

Analyzing Histopathological Features of Rare Charcot-Marie-Tooth Neuropathies to Unravel Their Pathogenesis. Arch Neurol. 2010;67(12):1498-1505.
遺伝性末梢神経障害の40%に点変異が検出され、MPZ, GJB1, EGR2, MFN2, NEFL, HSBP1/HSP27遺伝子には新たな点変異が見つかり、遺伝子変異と病理所見はほとんど対応していた

Severe CMT type 2 with fatal encephalopathy associated with a novel MFN2 splicing mutation. Neurology 2010 74: 1919-1921.
致死性の脳症を伴ったMFN2遺伝子変異陽性CMT2型の家系

Whole-genome sequencing in a patient with Charcot-Marie-Tooth neuropathy. N Engl J Med. 2010 Apr 1;362(13):1181-91.
次世代シークエンサーによる全ゲノム解析の精度は上昇し、臨床的に明らかな遺伝子変異同定に役立つことが、Charcot-Marie-Tooth (CMT) neuropathyで明らかとなった。

MR imaging of demyelinating hypertrophic polyneuropathy. Neurology 2010 74: 1155.
腰椎MRIで著明な馬尾の肥厚を認めた脱髄性肥厚性ニューロパチーの41歳女性例

Clinical Reasoning: A 34-year-old woman with recurrent bouts of acral paresthesias. Neurology 2010 74: 775-778.
ミエリンタンパク質ゼロ(MPZ)遺伝子の新規変異が検出され、ステロイドの効果が部分的に認められたCMTの34歳女性例(症例検討)

Mutant small heat shock protein B3 causes motor neuropathy: Utility of a candidate gene approach. Neurology 2010 74: 502-506.
HSPB3 (small heat shock protein B3)遺伝子変異は非対称性の軸索型運動性末梢神経障害を来しうる

Diagnosis and new treatments in genetic neuropathies. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009;80:1304-1314
遺伝性末梢神経障害(CMTなど)のレビュー

Genotype-Phenotype Correlations in Charcot-Marie-Tooth Disease Type 2 Caused by Mitofusin 2 Mutations. Arch Neurol. 2009;66(12):1511-1516.
ミトフシン2遺伝子変異による遺伝性末梢神経障害はCMT2の17.8%に見られ、軸索型がほとんどであるが遺伝形式や重症度は様々であった

Diagnosis, natural history, and management of Charcot-Marie-Tooth disease.Lancet Neurol. 2009;8:654-67.
CMTの経過や症状,所見,診断や,モデル動物で有効性が認められたものや臨床試験が進められている治療薬についてのレビュー.

Ascorbic acid for Charcot-Marie-Tooth disease type 1A in children: a randomised, double-blind, placebo-controlled, safety and efficacy trial.Lancet Neurol 2009;8(6):537 Epub 2009 May 6.
CMT1Aの小児に,モデルマウスでは再髄鞘化促進などの有効性がみられる高容量アスコルビン酸投与を1年間行ったが,明らかな効果は見られなかった.

Further evidence that mutations in FGD4/frabin cause Charcot-Marie-Tooth disease type 4H. Neurology 2009 72: 1160-1164.
FGD4遺伝子変異によりCMT4Hが引き起こされるが、Frabinの断片化が発症メカニズムに重要かもしれない

A novel Frabin (FGD4) nonsense mutation p.R275X associated with phenotypic variability in CMT4H. Neurology 2009 72: 617-620.
フラビン(Frabin)遺伝子のp.R275Xに変異のある北アイルランドのCMT4H家系は非常に末梢神経障害の進行が遅い特徴があった

Mutated mitofusin 2 presents with intrafamilial variability and brain mitochondrial dysfunction. Neurology 2008 71: 1959-1966.
シャルコー・マリー・トゥース病のうちCMT2の原因遺伝子であるMitofusin 2(MFN2)遺伝子の新たな変異を認めたイタリアの家系では、32P-MRSで中枢神経である視覚野の高エネルギーリン酸の低下を認めた

X-linked distal hereditary motor neuropathy maps to the DSMAX locus on chromosome Xq13.1-q21. Neurology 2009 72: 246-252.
DSMAX (distal spinal muscular strophy)に遺伝子座のあるX連鎖distal hereditary motor neuropathy(dHMN)

Motor axon loss is associated with hand dysfunction in Charcot-Marie-Tooth disease 1a. Neurology 2008 71: 1254-1260.
CMT1aの手の筋力障害と巧緻運動障害は運動神経軸索障害の程度と相関する

Mutations in the HSP27 (HSPB1) gene cause dominant, recessive, and sporadic distal HMN/CMT type 2. Neurology 2008 71: 1660-1668.
HSP27変異によるシャルコー・マリー・トゥース病2型は様々な遺伝形式をとる

Increased prevalence of obstructive sleep apnoea in patients with Charcot-Marie-Tooth disease: a case control study. JNNP 2008;79:829-31.
CMT1型の患者では,末梢神経障害の進行とともに閉塞性の睡眠時無呼吸が多くなる

Late-onset hereditary axonal neuropathies. Neurology 2008 71: 14-20.
既知のCMT関連遺伝子変異を認めない晩発性(発症時平均年齢58歳))遺伝性軸索型末梢神経障害の6家系の報告

A novel NGFB point mutation, a phenotype study of heterozygous patients. JNNP 2008 Apr 17 [Epub ahead of print]
NGFB遺伝子異常をヘテロで持つものは,無症状の方から明らかな末梢神経障害,シャルコー関節を呈する方まで多様な臨床症状をとる

自己免疫性自律神経節障害 (AAG) update

Sudomotor dysfunction in autoimmune autonomic ganglionopathy. Neurology 2009 73: 1501-1506.
nAChR陽性の自己免疫性自律神経節障害での発汗機能障害の広がりから検討すると、節障害と末梢軸索の障害双方の関与が考えられた

Efficacy of immunotherapy in seropositive and seronegative putative autoimmune autonomic ganglionopathy. Neurology 2009 72: 2002-2008.
自己免疫性自律神経節障害ではganglionic AchR抗体の有無に関わらず、IVIg、PE、免疫抑制剤などにより症状が改善しうる

Ganglionic Acetylcholine Receptor Autoantibody: Oncological, Neurological, and Serological Accompaniments. Arch Neurol. 2009;66(6):735-741.
nicotinic acetyl-choline receptor(ganglionic AchR)抗体陽性集団の3割に悪性腫瘍が見つかり、抗体価が高い場合は自律神経障害を中心に、脳症、末梢神経障害などの神経症状を来たす

Autonomic ganglia: Target and novel therapeutic tool. Neurology 2008;70:1926-32.
neuronal nicotinic acetyl-choline receptor(ganglionic AchR)による自己免疫性の自律神経節障害の総説 

ベル麻痺 update

Prednisolone and valaciclovir in Bell’s palsy: a randomised, double-blind, placebo-controlled, multicentre trial. Lancet Neurol. 2008 Nov;7(11):993-1000. Epub 2008 Oct 10.
各群200例以上の2重盲検対照試験ではベル麻痺でステロイド投与は回復までの期間を短縮したが,バラシクロビル投与は影響を与えなかった.

The usefulness of clinical findings in localising lesions in Bell’s palsy: comparison with MRI. JNNP 2008;79:418-20.
ベル麻痺における臨床症状からの顔面神経障害部位の予測は,MRIでの異常造影部位と異なっており,役に立たない