脳血管障害

脳血管障害ガイドライン、大規模研究など

Guidelines for the Primary Prevention of Stroke: A Statement for Healthcare Professionals From the American Heart Association/American Stroke Association. Stroke. 2014 Oct 28.
脳梗塞、一過性脳虚血発作の一次予防に関するガイドライン 2014年版

Guidelines for the prevention of stroke in patients with stroke and transient ischemic attack: a guideline for healthcare professionals from the American Heart Association/American Stroke Association. Stroke. 2014;45:2160-236.
脳梗塞、TIAの二次予防に関するガイドライン 2014年度版

Guidelines for the early management of patients with acute ischemic stroke: a guideline for healthcare professionals from the american heart association/american stroke association. Stroke. 2013;44:870-947.
rt-PA投与が発症4.5時間以内に変更後のAHAによる脳梗塞急性期の治療ガイドライン(2013年版)

Guidelines for the prevention of stroke in patients with stroke or transient ischemic attack: a guideline for healthcare professionals from the american heart association/american stroke association.Stroke. 2011 Jan;42(1):227-76.
脳梗塞、TIAの二次予防に関するガイドライン

Evidence-based guideline: The role of diffusion and perfusion MRI for the diagnosis of acute ischemic stroke: Report of the Therapeutics and Technology Assessment Subcommittee of the American Academy of Neurology. Neurology 2010 75: 177-185.
急性期脳梗塞のDWI、PWIによる診断、重症度判定の有用性に関するAANのガイドライン

Low-dose aspirin for primary prevention of atherosclerotic events in patients with type 2 diabetes: a randomized controlled trial. JAMA. 2008 ;300:2134-41.
二型糖尿病患者において低容量アスピリン内服は心脳血管イベントの一次予防効果はない

Percutaneous Clot Removal Devices in Acute Ischemic Stroke: A Systematic Review and Meta-analysis. Arch Neurol. 2008;65:1024-1030.
脳梗塞に対する経皮的塞栓摘出の総説

Management of Stroke in Infants and Children. Stroke. 2008 [Epub ahead of print]
乳児、小児の脳卒中管理に関するAHAガイドライン.

Guidelines for the early management of adults with ischemic stroke: a guideline from AHA/ASA etc. Stroke 2007;38:1655-711.
脳梗塞急性期治療に関するガイドライン、EBM

Stroke. Lancet. 2008;371:1612-23.
脳卒中の臨床全般についてのまとめ

Update to the AHA/ASA Recommendations for the Prevention of Stroke in Patients With Stroke and Transient Ischemic Attack. Stroke 2008;39:1647-52.
脳梗塞、 脳梗塞、一過性脳虚血発作の発症二次予防に関するガイドライン

Primary prevention of ischemic stroke: a guideline from the AHA/ASA Stroke Council. Stroke. 2006;37:1583-633
脳梗塞、一過性脳虚血発作の一次予防に関するガイドライン

Guidelines for prevention of stroke in patients with ischemic stroke or transient ischemic attack: a statement for healthcare professionals from the AHA/ASA Council on Stroke. Circulation. 2006;113:e409-49.
脳梗塞、一過性脳虚血発作の発症二次予防に関するガイドライン

心原性脳塞栓症 update

Incidence of atrial fibrillation detected by implantable loop recorders in unexplained stroke. Neurology. 2013;80:1546-50.
植込み型ループ記録計(implantable loop recorder:ILR)によって、原因が判明していない脳卒中において25%で心房細動が検出された

Prevalence of subdiaphragmatic visceral infarction in cardioembolic stroke. Neurology 2010 74: 1030-1032.
心原性脳塞栓あるいはTIAでは約20%に脾臓や腎臓などの横隔膜下臓器の梗塞が検出され、etiologyの類推に有用かもしれない

Teaching NeuroImages: Acute tetraparesis: Mind the brain. Neurology 2009 73: e58.
両側の前大脳動脈の心原性脳塞栓により四肢麻痺と精神症状を来した65歳、卵円孔開存女性例

Teaching NeuroImages: Hypodense artery sign in acute cerebral infarction by contrast-enhanced CT. Neurology 2009 73: e16.
脳造影CTでMCAにHypodense signを認め僧帽弁置換術後に脂肪塞栓を発症したと考えられた52歳女性例

Liposuction in Mind. Arch Neurol. 2009;66(6):800-801.
脂肪塞栓による脳梗塞に対して塞栓除去が奏功した41歳男性例

Epidemiology of ischemic stroke from atrial fibrillation in Dijon, France, from 1985 to 2006. Neurology 2009 72: 346-353.
心房細動による心原性脳塞栓症はおそらく抗凝固療法により減少しているが、死亡率は他の脳梗塞病型と比較しても高い

Risk variants for atrial fibrillation on chromosome 4q25 associate with ischemic stroke. Ann Neurol. 2008;64:402-9.
心房細動と関連が知られている4番染色体長腕にあるSNPsは,対照群との比較で心原性脳塞栓の危険を約1.5倍にする.

Anticoagulation After Cardioembolic Stroke: To Bridge or Not to Bridge?. Arch Neurol. 2008;65:1169-1173.
心原性脳塞栓症急性期にヘパリンあるいはエノキサパリン(低分子量ヘパリン)によるブリッジ後のワーファリン投与は、症候性脳出血などを来たしやすいが、アスピリン後のワーファリン投与は有害な出血性の副作用は少ない

Microembolic signals at 48 hours after stroke onset contribute to new ischaemia within a week JNNP 2008; 79: 253-259
脳梗塞後の微小栓子シグナルは新たな脳梗塞発症のサイン

脳梗塞 update

Standardized discharge orders after stroke: results of the quality improvement in stroke prevention (QUISP) cluster randomized trial.Ann Neurol. 2010 May;67(5):579-89.
脳梗塞後に標準化された退院指示を受けた患者は,その後理想的な2次予防治療を受ける確率が高い.

Randomized, controlled trial of insulin for acute poststroke hyperglycemia.Ann Neurol. 2010 May;67(5):570-8.
脳梗塞急性期におけるインスリンを使用しての血糖コントロールは,梗塞の大きさを拡大させた.

Matrix metalloproteinase-3 and intracranial arterial dolichoectasia.Ann Neurol. 2010;67:508.
脳梗塞患者の12%に頭蓋内動脈蛇行拡張が認められ,血清MMP-3低値とMMP-3のプロモーター領域の塩基配列多型が血管異常と関連していた.

Association of Admission Blood Glucose and Outcome in Patients Treated With Intravenous Thrombolysis: Results From the Safe Implementation of Treatments in Stroke International Stroke Thrombolysis Register (SITS-ISTR). Arch Neurol. 2010;67(9):1123-1130.
脳梗塞に対する血栓溶解療法症例では、糖尿病の既往に関係なく入院時の高血糖と死亡率の増加、症候性脳出血の増加に強い関連が認められた

Diffusion-weighted MRI in acute stroke within the first 6 hours: 1.5 or 3.0 Tesla? Neurology 2010 74: 1946-1953.
発症6時間以内の脳梗塞では3Tよりも1.5Tの方が脳梗塞診断の正答率が高い

Management of Thrombolysis-Associated Symptomatic Intracerebral Hemorrhage. Arch Neurol. 2010;67(8):965-969.
脳梗塞に対する血栓溶解療法後の症候性脳出血は死亡率の高さと関連し、さらなる出血の増大も40%に認められるが、FFP、血小板、VitKなどのreversal治療は予後の改善と関連がなかった

Developmental plasticity connects visual cortex to motoneurons after stroke.Ann Neurol. 2010 Jan;67(1):132-6.
左中大脳動脈領域の梗塞の患者で,左後頭葉皮質と右手筋との間に電気生理学的な連絡の存在が示された.

Safety of tPA in stroke mimics and neuroimaging-negative cerebral ischemia. Neurology 2010 74: 1340-1345.
脳梗塞の類似疾患や脳画像で検出できない脳虚血症例に対する発症3時間以内のiv. rt-PA療法は脳出血の合併もなく比較的安全性は高かった

Subarachnoid contrast extravasation after intravenous and intra-arterial reperfusion therapy. Neurology 2010 74: 1328.
経静脈的及び経動脈的血栓溶解療法後にくも膜への造影剤の強い漏出が脳CTで検出された脳梗塞の63歳女性例

Time to treatment with intravenous alteplase and outcome in stroke: an updated pooled analysis of ECASS, ATLANTIS, NINDS, and EPITHET trials. Lancet. 2010 May 15;375(9727):1695-703.
6つの臨床試験の統合データをまとめるt、rt-PA治療が選択された虚血性脳卒中患者では、発症から4.5時間まではrt-PAの投与による効果があり、それ以降の投与はリスクが恩恵を上回る可能性が示され、いずれにせよ治療開始までの時間短縮への努力が重要である

Differences in stroke outcome based on sex. Neurology 2010 74: 767-771.
血栓溶解療法を施行していない脳梗塞群では女性の方が男性よりも機能予後が悪いが、血栓溶解療法を施行した群では性差は見られなかった

Cognitive function and risk of stroke in elderly men. Neurology 2010 74: 379-385.
高齢男性では特に前頭葉皮質下経路の機能を反映するTrail Makingテスト(タイプB)の結果が高い群は、その後の脳卒中やTIAを発症する危険性が高い

Proliferation in the human ipsilateral subventricular zone after ischemic stroke. Neurology 2010 74: 357-365.
急性期脳梗塞では虚血側の脳室下帯での細胞増殖が活性化し、未分化な神経細胞のマーカーを発現した細胞がその周辺で認められる

Early clinical worsening in patients with TIA or minor stroke: The Austrian Stroke Unit Registry. Neurology 2010 74: 136-141.
一過性脳虚血発作や軽症脳梗塞では約4.5%で早期に症状の悪化を来たし、高血圧、糖尿病、心不全、急性感染症、大血管病変、ABCD2スコアが4点以上などが症状の悪化に関連する

A score to predict early risk of recurrence after ischemic stroke. Neurology 2010 74: 128-135.
PRE-90(http://www.nmr.mgh.harvard.edu/RRE/)は脳梗塞再発の危険性を予測する有用なスコアである

Impact of posterior communicating artery on basilar artery steno-occlusive disease
J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009;80:1390-1393

脳底動脈閉塞による脳梗塞では、画像で通常型(後大脳動脈P1P2が見えて後交通動脈(PcoA)が見えないもの)よりも胎児型(P1が見えなくてPcoAが見えるもの)の予後が良い。

Functional magnetic resonance imaging study on dysphagia after unilateral hemispheric stroke: a preliminary studyJ Neurol Neurosurg Psychiatry 2009;80:1320-1329
嚥下時には中心前回・中心後回・前帯状回・島・視床が活動している。嚥下随意的なコントロールのためには健側の運動皮質の活動が必要であり、障害された場合、回復には対側の代償が必要である。

Imaging the future of stroke: I. Ischemia. Ann Neurol. 2009;66:574-9
脳血管障害の虚血に関する画像診断についての進歩のまとめ.

Copeptin: a novel, independent prognostic marker in patients with ischemic stroke.Ann Neurol. 2009;66:799-80
脳梗塞急性期患者において,バゾプレッシン産生速度を示すcopeptinの血漿中濃度は,予後との相関が見られる.

Multimodal microglia imaging of fiber tracts in acute subcortical stroke.Ann Neurol. 2009;66:825-3
皮質下梗塞では錐体路に沿って順行性にミクログリアの活性化が見られ,ワーラー変性による2次的な変化を見ている可能性がある.

Recombinant C1 inhibitor in brain ischemic injury.Ann Neurol. 2009;66:332-42.
脳虚血マウスの急性期に遺伝子組換えC1阻害剤を投与することにより,補体活性が抑制され脳障害が抑制される.

Differential effects of high-frequency repetitive transcranial magnetic stimulation over ipsilesional primary motor cortex in cortical and subcortical middle cerebral artery stroke.Ann Neurol. 2009;66:298-309.
皮質下脳梗塞による手の巧緻性低下に対して,同側運動野の10Hz経頭蓋磁気刺激により症状の改善がみられるが,皮質梗塞では効果がみられない.

Postischemic treatment of neonatal cerebral ischemia should target autophagy.Ann Neurol. 2009;66:378-89.
脳虚血ラットモデルへのオートファジー阻害剤の投与により障害部位の減少がみられる.

Circulating endothelial microparticles as a marker of cerebrovascular disease.Ann Neurol. 2009 Aug;66(2):191-9.

血中に循環する内皮微小分子(EMPs)の解析では,CD62E(+)分子が急性の脳梗塞や頭蓋外血管狭窄で多く,CD31(+)/CD42b(-)分子やCD31(+)/AV(+)分子が頭蓋内血管狭窄と相関しており,病態を反映している可能性がある.

Acute stroke therapy with tissue plasminogen activator (tPA) since it was approved by the U.S. Food and Drug Administration (FDA).
Ann Neurol. 2009;66:6-10.
急性期脳梗塞に対してtPA治療が認可されてからの現状の分析で,まだ十分に使用されていないという主張.

Sodium imaging intensity increases with time after human ischemic stroke.Ann Neurol. 2009;66:55-62.
4.7TeslaのナトリウムMRIの検査で,急性期脳梗塞では発症からの時間とともに信号の増加がみられる.

Transcranial ultrasound in clinical sonothrombolysis (TUCSON) trial.Ann Neurol. 2009;66:28-38.
tPAに脂質微粒子と経頭蓋超音波持続照射を加えることにより,閉塞血管の早期の再開通,再開通率の向上が見られる.

Statin use and neurologic morbidity after coronary artery bypass grafting: A cohort study. Neurology 2009 73: 2099-2106.
冠動脈バイパス術の周術期にスタチンを使用しても脳卒中あるいは脳症の発症率が低下することはなかった

Unsuspected coagulopathy rarely prevents IV thrombolysis in acute ischemic stroke. Neurology 2009 73: 1957-1962.
急性期脳梗塞では病歴、生化検査で凝固異常の存在が疑われないが、凝固検査の結果、実は凝固異常を伴っていたことが判明した症例はかなり少なく凝固検査の結果を見る前にrt-PAを静注してもよいかもしれない

Cognitive impairment predicts poststroke death in long-term follow-up J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009;80:1230-1235
脳梗塞後の患者で、認知機能の低下は余命の短さと相関し、遂行機能障害では5.8年(vs10.1年)と特に差が大きい

Negative fluid-attenuated inversion recovery imaging identifies acute ischemic stroke at 3 hours or less.Ann Neurol. 2009;65:724-32.
DWI陽性でFLAIR陰性の虚血病変は発症3時間以内である可能性が高い(特異度93%).

Physical activity and risk of ischemic stroke in the Northern Manhattan Study. Neurology 2009 73: 1774-1779.
Northern Manhattan Studyでは中等度以上の身体活動性を持った群は特に男性で脳梗塞発症の危険性が低下 (HR 0.37)していた

Impaired kidney function and cerebral microbleeds in patients with acute ischemic stroke. Neurology 2009 73: 1645-1648.
急性期脳梗塞では29.6%に微小出血が検出され、GFR低下、高血圧、白質変化、高齢が微小出血の出現と関連していた

Rapid appearance of new cerebral microbleeds after acute ischemic stroke. Neurology 2009 73: 1638-1644.
急性期脳梗塞の12.7%程度でT2*画像での微小出血が発症1週間以内に出現し、特に当初から微小出血がみられる場合と白質変化が強い場合にその傾向が強かった

Thrombolysis targeting MRI defined tissue at risk in minor stroke J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009; 80: 1156-1158
NIHSS<4の脳梗塞6例に対して6時間以内にt-PAを施行、予後は良好で、出血はなかった。

Good clinical outcome after ischemic stroke with successful revascularization is time-dependent. Neurology 2009 73: 1066-1072.
中大脳動脈あるいは内頸動脈閉塞による脳梗塞に対する局所血栓溶解療法は発症から血栓溶解まで時間と年齢が予後良好と関連し、溶解時間が遅れると利益/リスク比はかなり低下する

Comparison of intravenous alteplase with a combined intravenous-endovascular approach in patients with stroke and confirmed arterial occlusion (RECANALISE study): a prospective cohort study.Lancet Neurol. 2009 Jul 30. [Epub ahead of print]
脳梗塞急性期に末梢からのtPA静注だけでなく,必要時に血栓除去の血管内治療も行うと,再開通率や症状の改善率が向上し,予後も改善する.

Robotic Devices as Therapeutic and Diagnostic Tools for Stroke Recovery. Arch Neurol. 2009;66(9):1086-1090.
脳梗塞回復期のロボットデバイスを使用したリハビリテーションに関する総説

Frequency and predictors for the risk of stroke recurrence up to 10 years after stroke: the South London Stroke Register JNNP2009 Sep;80(9):1012-8
脳梗塞再発の頻度は、1年で7.1%、5年で16.2%、10年で24.5%。1年後再発のリスクとなるのは心筋梗塞の既往歴とAf、5年では高血圧とAf、10年では高年齢、高血圧、心筋梗塞、Afであった。

Comparative epidemiology of stroke and acute myocardial infarction: the Dijon Vascular project (Diva)
JNNP 2009 Sep;80(9):1006-11

2001-2006年の前向き研究。脳梗塞と心筋梗塞の比較。CI1020例AMI640例。CI/AMI比は、65歳以下女性で0.88、65歳以上女性で2.35、55歳以下男性で0.60、55?75歳男性で1.01、75歳以上男性で2.01。発症時140以上の高血糖は死亡率と相関。男性では高CholとDMはAMIでより多く、HTはCIで多かった。

Diffusion tensor imaging may help the determination of time at onset in cerebral ischaemia 
JNNP22009 Sep;80(9):986-990

拡散テンソル画像は、脳梗塞の発症時間のより詳細な推定に有用かもしれない。

Reperfusion after stroke sonothrombolysis with microbubbles may predict intracranial bleeding. Neurology 2009 73: 775-780.
脳梗塞急性期の経静脈的血栓溶解療法後の経頭蓋超音波脳血栓溶解療法は再開通率は上昇し、出血の合併症は確かに上昇するが症候性の脳出血はそれほど強くなかったので今後の検討が必要と考えられた

Poststroke dementia predicts poor survival in long-term follow-up: influence of prestroke cognitive decline and previous stroke. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009; 80: 865-870.
脳梗塞発症後に痴呆があると平均余命5.1年(vs8.8年)であり、とくに脳梗塞発症前から痴呆があるものは平均余命3.8年(vs5.8年)と短命のリスクである。

Very Early Constraint-Induced Movement during Stroke Rehabilitation (VECTORS): A single-center RCT. Neurology 2009 73: 195-201.
脳卒中症例において早期からの非麻痺側上肢抑制療法(麻痺側の強制使用)は以前からのリハビリテーションと同等の効果があるが、やりすぎると返って悪化する

ABC/2 for rapid clinical estimate of infarct, perfusion, and mismatch volumes. Neurology 2009 72: 2104-2110.
急性期脳梗塞の梗塞体積、ミスマッチの予測にMRI及びCT画像でのABC/2という描出病変の単純な算出法が有用であった

Penumbral mismatch is underestimated using standard volumetric methods and this is exacerbated with time.JNNP 2009 Sep;80(9):991-997
急性期脳梗塞でMRIの還流画像と拡散強調画像でのミスマッチ領域は,通常の計測方法では形態的な要因を加味して継続した場合にくらべて過小評価しがちである.

Preconditioning and tolerance against cerebral ischaemia: from experimental strategies to clinical use.Lancet Neurol. 2009 Apr;8(4):398-412.
臨床における脳虚血に対する前処理や耐性についてのレビュー.

Surgical decompression for space-occupying cerebral infarction (the Hemicraniectomy After Middle Cerebral Artery infarction with Life-threatening Edema Trial [HAMLET]): a multicentre, open, randomised trial.Lancet Neurol. 2009 Apr;8(4):326-33. Epub 2009 Mar 5.
大脳梗塞で外科的除圧を検討した比較試験では,発症48時間以内に手術をしたものは1年後の死亡率と予後を改善させた.

Statin therapy after first stroke reduces 10-year stroke recurrence and improves survival. Neurology 2009 72: 1816-1822.
後ろ向き研究では、初発脳梗塞の退院時にスタチンを処方していることは、その後10年間の脳梗塞再発と死亡率の減少に関連していた

Penumbral selection of patients for trials of acute stroke therapy.Lancet Neurol. 2009 Mar;8(3):261-9.
急性期脳梗塞のtPAを使用した治療で還流画像によるペナンブラを考慮した治療についての最近の知見.

Association of Prior Stroke With Cognitive Function and Cognitive Impairment: A Population-Based Study. Arch Neurol. 2009;66(5):614-619.
脳梗塞の既往は非健忘性MCIと強い関連が見られ記憶以外の認知機能障害と関連していた

Cerebral air embolism secondary to atrial-esophageal fistula. Neurology 2009 72: e54-e55.
食道動脈瘻に伴う多発性脳梗塞の58歳男性例

Acute ischemic stroke: Imaging-guided tenecteplase treatment in an extended time window. Neurology 2009 72: 915-921.

テネクテプラーゼ(血栓溶解薬)は拡散・灌流のミスマッチ領域の広い脳梗塞症例に対して、発症後3-6時間後に投与してもアルテプラーゼの効果を上回った

Vasoreactivity and peri-infarct hyperintensities in stroke. Neurology 2009 72: 643-649.

脳梗塞周囲のT2高信号領域は二酸化炭素に対する血管反応性が低下している

Postmenopausal hormone therapy and subclinical cerebrovascular disease: The WHIMS-MRI Study. Neurology 2009 72: 125-134.

閉経後のホルモン療法は対照群と比較して脳梗塞の病変増大傾向があるわけではない

Plasma Aβ, homocysteine, and cognition: The Vitamin Intervention for Stroke Prevention (VISP) trial. Neurology 2009 72: 268-272.

脳梗塞症例では血清ホモシスチン値と血漿Aβ値の相関関係を認めるがVitB6,12,葉酸の投与によりホモシスチン値は低下するがAβは低下しなかった

Intravenous desmoteplase in patients with acute ischaemic stroke selected by MRI perfusion-diffusion weighted imaging or perfusion CT (DIAS-2): a prospective, randomised, double-blind, placebo-controlled study. Lancet Neurol. 2008 Dec 17. [Epub ahead of print]

発症3-9時間の脳梗塞で還流画像により虚血危険部位のある患者に対してdesmoteplase静注の2重盲検検査を行ったが,軽症例が多かったせいか有効性は認められなかった.

The brain in the age of old: the hippocampal formation is targeted differentially by diseases of late life. Ann Neurol. 2008;64:698-706.

高齢者で糖尿病と脳梗塞のある人では,fMRIでみられる海馬機能障害部位に差がある.

Renal function and outcome among stroke patients treated with IV thrombolysis. Neurology 2008 71: 1548-1550.

rtPA静注治療後の脳梗塞の予後と腎機能の関連についての解析

Unilateral neglect is more severe and common in older patients with right hemispheric stroke. Neurology 2008 71: 1439-1444.

右半球の脳梗塞では高齢になるほど半側空間無視がより頻度が高く高度になる

High plasma glutamate concentrations are associated with infarct growth in acute ischemic stroke. Neurology 2008 71: 1862-1868.

血漿グルタミン酸濃度の上昇は、急性期の梗塞体積の増加と関連していた

The HAT Score: A simple grading scale for predicting hemorrhage after thrombolysis. Neurology 2008 71: 1417-1423.

血栓溶解療法後の出血予測のため、簡易評価法としてHATスコアは有用である

Review of Tissue Plasminogen Activator, Ischemic Stroke, and Potential Legal Issues. Arch Neurol. 2008;65:1429-1433.

脳梗塞の血栓溶解療法の効果、法的問題に関する総説

Prestroke physical activity is associated with severity and long-term outcome from first-ever stroke. Neurology 2008 71: 1313-1318.

脳梗塞前の良好な身体活動は脳梗塞の重症度軽減化と長期予後の改善に関連する

Symptomatic intracerebral hemorrhage and recanalization after IV rt-PA: A multicenter study. Neurology 2008 71: 1304-1312.

tPA関連症の候性脳出血(sICH)は早期再疎通後には少なく、tPA治療後も持続する閉塞はsICHの独立した危険因子となる

Pulmonary arteriovenous fistula and top of the basilar infarction. Neurology 2008 71: e42.

肺動静脈婁を介してBasilar top梗塞を来した一例

Evidence of persisting cognitive impairment in a case series of patients with locked-in-syndrome. JNNP 2008 Oct 23. [Epub ahead of print]

脳幹梗塞による閉じ込め症候群患者でも,詳細な認知能力テストにより軽度の障害がみられる.

Location of single subcortical infarction due to middle cerebral artery atherosclerosis: proximal vs. distal arterial stenosis. JNNP 2008 Oct 17. [Epub ahead of print]

皮質下錐体路の梗塞部位と中大脳動脈の狭窄部位の比較では,放線冠より下位の内包では狭窄部位がより近位にみられる.

Disappearing hyperdense middle cerebral artery sign in ischemic stroke patients treated with intravenous thrombolysis – clinical course and prognostic significance. JNNP 2008 Oct 17. [Epub ahead of print]

急性期脳梗塞で血栓溶解療法を行い中大脳動脈の高吸収域が消失するのは,消失しない場合に比べて予後良好である.

Thrombolysis with alteplase 3-4.5 h after acute ischaemic stroke (SITS-ISTR): an observational study. Lancet. 2008;372:1303-9. Epub 2008 Sep 12.

脳梗塞発症後3-4.5時間での血栓溶解療法でも発症3時間以内での治療と副作用や合併症の発生は変わらない.

Diagnosis and initial management of cerebellar infarction. Lancet Neurol. 2008;7:951-64.

急性期脳梗塞の診断と治療についてのレヴュー

Thrombolysis with alteplase 3 to 4.5 hours after acute ischemic stroke. NEJM.2008;359:1317-29.

発症3-4.5時間後の急性期脳梗塞でもアルテプラーゼによる血栓溶解療法で90日後の機能は改善する.

The gender effect in stroke thrombolysis: Of CASES, controls, and treatment-effect modification.Neurology 2008 71: 1080-1083.
脳梗塞に対するrtPA投与90日後の予後良好の程度において、性差による違いは認めなかった

Aggressive Blood Pressure-Lowering Treatment Before Intravenous Tissue Plasminogen Activator Therapy in Acute Ischemic Stroke. Arch Neurol. 2008;65:1174-1178.

急性期脳梗塞において、血栓溶解療法前に積極的に降圧しても機能予後や出血の危険性は変わらない

Takotsubo cardiomyopathy in acute ischemic stroke. Ann Neurol. 2008 Aug 7. [Epub ahead of print]

脳梗塞後にたこつぼ型心筋症がしばしば発症し,女性や島の梗塞患者に多い.

Does microbleed predict haemorrhagic transformation after acute atherothrombotic or cardioembolic stroke? JNNP. 2008;79:913-6. Epub 2008 Jan 10.

急性期脳梗塞においてT2*強調画像で検出される微小出血はその後の出血性変化とは関係なく,脳出血と出血性梗塞は異なる病態として考えるべきだ.

Long-term occurrence of death and cardiovascular events in patients with transient ischaemic attack or minor ischaemic stroke: comparison between arterial and cardiac source of the index event. JNNP. 2008;79:895-9. Epub 2007 Dec 20.

TIAや軽症の脳血管障害患者では動脈性の虚血よりも心房細動が原因であった場合には,長期の死亡や血管障害の危険性が1.5倍になる.

Effects of aspirin plus extended-release dipyridamole versus clopidogrel and telmisartan on disability and cognitive function after recurrent stroke in patients with ischaemic stroke in the Prevention Regimen for Effectively Avoiding Second Strokes (PRoFESS) trial: a double-blind, active and placebo-controlled study. Lancet Neurol. 2008;7:875-84. [Epub ahead of print].

アスピリンとジピリダモール内服群とクロピドグレル内服群で脳梗塞の再発率はかわらず,ARA(テルミサルタン)の投与も再発率に影響しない.

Telmisartan to Prevent Recurrent Stroke and Cardiovascular Events. NEJM. 2008 Aug 27. [Epub ahead of print]

脳梗塞急性期からARA(テルミサルタン)投与を行っても,その後2.5年での脳卒中再発や心血管病変,糖尿病の予防効果はない.

Aspirin and Extended-Release Dipyridamole versus Clopidogrel for Recurrent Stroke. NEJM. 2008 Aug 27. [Epub ahead of print]

アスピリンとジピリダモール徐放剤併用と,クロピドグレルでは脳卒中予防効果に差はない.

Gastrointestinal bleeding after acute ischemic stroke. Neurology 2008 71: 650-655.

脳梗塞後の入院中の消化管出血は、退院時の死亡または重度の依存性のリスクの3倍の上昇と関連する

Prognostic significance of blood pressure variability after thrombolysis in acute stroke. Neurology 2008 71: 552-558.

急性期脳梗塞に対する血栓溶解療法後の収縮期血圧の変化は、特に再開通の認められない症例でDWI病巣の拡大及び予後の悪化と関連する

Thrombolysis in Patients With Marked Clinical Fluctuations in Neurologic Status Due to Cerebral Ischemia. Arch Neurol. 2008;65:1041-1043.

血栓溶解療法前にNIHSSが4点以上変動する脳梗塞は変動しない群と比較して血栓溶解の効果が高い

Motor outcome prediction using diffusion tensor tractography in pontine infarct. Ann Neurol 2008 Jul 25. [Epub ahead of print]

橋梗塞における梗塞部位と拡散テンソルtractographyで皮質脊髄路の位置を評価することにより,運動機能の予後が予測できる

Admission international normalized ratio and acute infarct volume in ischemic stroke. Ann Neurol 2008 Jul 25. [Epub ahead of print]

脳梗塞以前からワーファリンを使用している人では,INRの値と,脳虚血巣の大きさ,NIHSS,modified Rankin scaleに逆相関が認められる

Dipyridamole plus aspirin versus aspirin alone in the secondary prevention after TIA or stroke: a meta-analysis by risk. JNNP 2008 Jun 5. [Epub ahead of print]

TIAや脳梗塞の2次予防のアスピリンにジピリダモールを加えることにより,分析したどのような患者背景であっても,心脳血管障害の危険性を約2割低下させる

Calcification and endothelialization of thrombi in acute stroke. Ann Neurol. 2008 Jun 20. [Epub ahead of print]

急性期脳梗塞の血栓の組織病理学的な検討では,早期からの血栓内外での内皮下や石灰化がみられる

Site of the ischemic penumbra as a predictor of potential for recovery of functions. Neurology 2008 71: 184-189.

脳梗塞急性期に左Brodmann領域37にdiffusion-perfusion mismatch(Ischemic penumbra)を認める症例ではnamingの障害が急速に改善する

Metabolic syndrome and resistance to IV thrombolysis in middle cerebral artery ischemic stroke. Neurology 2008 71: 190-195.

中大脳動脈領域脳梗塞のメタボリック症候群の症例では、tPAによる血栓溶解療法の反応性が悪い

Impact of collateral flow on tissue fate in acute ischaemic stroke. JNNP 2008 79:625-9

急性期脳梗塞では対側からの側副血行路が乏しいほど血管内皮治療後の梗塞巣拡大が見られ,独立した梗塞巣拡大の予後規定要因である

The influence of attention deficits on functional recovery post stroke during the first 12 months after discharge from hospital. JNNP 2008 79:656-63

脳梗塞後の注意力欠損は,機能障害の程度に関係はあるが,退院後1年間での機能障害の悪化への影響は少ない

Effects of Low-Frequency Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation of the Contralesional Primary Motor Cortex on Movement Kinematics and Neural Activity in Subcortical Stroke. Arch Neurol. 2008;65:741-747.

MCA皮質下梗塞症例の対側M1大脳皮質への1-Hz経頭蓋磁気刺激は、麻痺症状を改善させfMRIで検出される対側の皮質の過活動を抑制する

Baseline NIH Stroke Scale Score predicting outcome in anterior and posterior circulation strokes. Neurology 2008 70: 2371-2377.

NIHSSは椎骨脳低動脈系梗塞では内頚動脈系脳梗塞症例に比べ点数が低くなりがちで、それぞれの重症度の比較には適さない

Anterior cerebral artery infarction: Stroke mechanism and clinical-imaging study in 100 patients. Neurology 2008 70: 2386-2393.

ACA領域の脳梗塞症例ではACAの動脈硬化性病変が多くの場合認められるがA-A、塞栓、血栓症など原因は多彩で、梗塞部位は臨床症状を良く反映している場合が多い

Baseline differences between Vascular Cognitive Impairment No Dementia reverters and nonreverters. JNNP. 2008 May 13. [Epub ahead of print]

脳卒中後に認知機能障害が残る人は,発症時の認知機能が悪く前頭葉の白質病変が多い

Reliability of aortic MRI at 3 Tesla in patients with acute cryptogenic stroke. JNNP 2008;79:540-6.

原因不明の脳卒中患者の3テスラMRIでの大動脈評価により,塞栓源となりうる危険性の高い大動脈血栓を検出することができる

Variability in language recovery after first-time stroke. JNNP 2008;79:530-4.

初回脳卒中による失語症の回復の程度は様々で,現在の発症時の評価方法からは予後を予測することは困難である

Cilostazol as an alternative to aspirin after ischaemic stroke: a randomised, double-blind, pilot study. Lancet Neurol 2008;7:494-499.

脳梗塞2次予防について中国人でのパイロットスタディーでは,シロスタゾールはアスピリンと比べて脳梗塞再発率がやや低く,出血性脳卒中の発生も低かった.

Contralesional repetitive transcranial magnetic stimulation for chronic hemiparesis in subcortical paediatric stroke: a randomised trial. Lancet Neurol. 2008;7:507-13.

小児の皮質下梗塞による片麻痺の症状改善に関して,対側の運動野への抑制性反復経頭蓋磁気刺激が安全で有効のようだ.

Ambient air pollution and risk for ischemic stroke and transient ischemic attack. Ann Neurol. 2008 May 28. [Epub ahead of print]

脳梗塞,TIA発症は大気中の小さな粒状物質やオゾンの量と関連があり,大気汚染と関係している

Treatment of childhood arterial ischemic stroke. Ann Neurol. 2008 May 21. [Epub ahead of print]

小児の脳梗塞治療についてのレヴュー

Recent developments in childhood arterial ischaemic stroke. Lancet Neurol 2008;7:425-35.

小児の脳梗塞についてのレヴュー

Intensive nutritional supplements can improve outcomes in stroke rehabilitation. Neurology 2008 71: 1856-1861.

もともと栄養不良状態にある脳梗塞症例は積極的なサプリメント補給によりリハビリテーション中の運動麻痺がより改善する

Heart and vessel pathology underlying brain infarction in 142 stroke patients. Ann Neurol. 2008 May 21. [Epub ahead of print]

脳梗塞後の剖検からの検討で,アテローム血栓症の多くがフィブリンか血小板による血栓が原因で最終的にフィブリンや赤血球による赤色血栓となって血管閉塞をおこし,心原性塞栓では心臓や抹消静脈での赤色血栓の剥離が原因となっている

Repairing the human brain after stroke. II. Restorative therapies. Ann Neurol. 2008;63:549-60.

脳梗塞後の再生医療についてのまとめ

Safety of Antiplatelet Therapy Prior to Intravenous Thrombolysis in Acute Ischemic Stroke. Arch Neurol. 2008;65:607-611.

血栓溶解療法試行前にアスピリンを投与すると症候性脳出血の発症率は上昇するが、発症3ヶ月後の神経症状はアスピリン非投与群よりも良好だった

Utility of the stroke-thrombolytic predictive instrument. JNNP 2008 Apr 17 [Epub ahead of print]

脳梗塞急性期のt-PA治療において,stroke thrombolytic predictive instrument(s-TPI)での評価による予後判定は有用である

Improved naming after transcranial direct current stimulation in aphasia. JNNP 2008;79:451-3.

脳梗塞後の運動性失語が,経頭蓋電気刺激により少し改善する.

Predicting outcome in hyper-acute stroke: validation of a prognostic model in the Third International Stroke Trial (IST3). JNNP 2008;79:397-400.

脳梗塞急性期に6つの簡単な変数(SSV; 年齢,独居,自立,GCSの言語機能,上肢挙上,歩行)で行った評価は予後との高い相関が認められるが,個々の症例に適用するのは困難.

Acute ischaemic stroke and infection: recent and emerging concepts. Lancet Neurol. 2008;7:341-53.

急性脳梗塞と感染症について,炎症という概念を中心としたレヴュー

Effects of alteplase beyond 3 h after stroke in the Echoplanar Imaging Thrombolytic Evaluation Trial (EPITHET): a placebo-controlled randomised trial. Lancet Neurol. 2008;7:299-309.

MRI灌流/拡散強調画像で不均衡のある発症3-6時間後の脳梗塞へのrt-PA投与は,梗塞巣の拡大を抑え再灌流と症状を改善する.

Influence of the stroke code activation source on the outcome of acute ischemic stroke patients. Neurology 2008 70: 1238-1243.

脳梗塞では、患者自身が自覚症状に気付くか救急車をすぐに要請するとt-PAによる血栓溶解療法を受けられるチャンスが上がり予後も良い

Natural history of blood glucose within the first 48 hours after ischemic stroke. Neurology 2008 70:1036-41.

脳梗塞後48時間以内に血糖値が上昇するという現象は、糖尿病のない脳梗塞患者では認められなかった

Microembolic signals at 48 hours after stroke onset contribute to new ischaemia within a week JNNP 2008; 79: 253-259

脳梗塞後の微小栓子シグナルは新たな脳梗塞発症のサイン

Music listening enhances cognitive recovery and mood after middle cerebral artery stroke. Brain 2008 131: 866-876.

中大脳動脈領域の脳梗塞後早期より音楽を聞くと認知機能と気分が改善する

脳出血、微小出血 Update

Guideline for Reversal of Antithrombotics in Intracranial Hemorrhage: Executive Summary. A Statement for Healthcare Professionals From the Neurocritical Care Society and the Society of Critical Care Medicine. Crit Care Med. 2016 Dec;44(12):2251-2257.
頭蓋内出血での、抗血栓療法の中和に関するガイドライン

The significance of cortical cerebellar microbleeds and microinfarcts in neurodegenerative and cerebrovascular diseases. A post-mortem 7.0-tesla magnetic resonance study with neuropathological correlates. Cerebrovasc Dis. 2015;39:138-43.
小脳半球に見られる微小出血はアミロイドアンギオパチーよりも高血圧性のetiologyとの関連が見られた

Intensive Blood-Pressure Lowering in Patients with Acute Cerebral Hemorrhage. N Engl J Med. 2016;375:1033-1043.
脳出血患者に対し,収縮期血圧 110-139 mmHg を目標とする積極的降圧治療を行っても,140-179 mmHg を目標とする標準降圧治療と比較して,死亡または障害の発生率が低くなることはなかった

Cerebral microbleeds and recurrent stroke risk: systematic review and meta-analysis of prospective ischemic stroke and transient ischemic attack cohorts. Stroke. 2013 Apr;44(4):995-1001.
脳梗塞あるいはTIAではCMBが検出された場合、脳出血及び脳梗塞再発リスクの有意な上昇が見られるがアジア人では脳出血の欧米人では脳梗塞のリスク上昇が目立っていた

Rapid Blood-Pressure Lowering in Patients with Acute Intracerebral Hemorrhage. N Engl J Med. 2013 May 29.
脳出血に対して1時間以内に140mmHg未満に降圧して7日間維持する強化降圧療法は、ガイドラインで規定された180mmHg未満の従来降圧療法と比較して主要アウトカムでの有意差は見られなかったが、副次的解析ではmRSでの機能的アウトカムの有意な改善が見られた

Hematoma growth and outcomes in intracerebral hemorrhage: The INTERACT1 study. Neurology. 2012;79:314-319.
脳出血に対する集中的な降圧治療群(目標の収縮期血圧140mmHg)は、血腫体積の減少と臨床的アウトカムの改善と関連する可能性が高い

Risk of intraparenchymal hemorrhage with magnetic resonance imaging-defined leukoaraiosis and brain infarcts.Ann Neurol. 2012;71:552-9.
健常人の13年間の追跡調査で,MRIでの脳白質病変が高度であるほど脳出血を発症する危険が高かった.(最も差のある群間比で3.96)

COL4A1 mutations in patients with sporadic late-onset intracerebral hemorrhage.Ann Neurol. 2012;71:470-7.
COL4A1遺伝子異常が優性遺伝性高齢発症の脳出血の危険因子である.

Predictors of highly prevalent brain ischemia in intracerebral hemorrhage.Ann Neurol 2012;71:199-205.
脳出血患者では急性期に少なからず脳梗塞も出現しており,急性期の血圧低下が関連していると考えられる.

Variants at APOE influence risk of deep and lobar intracerebral hemorrhage. Ann Neurol. 2010;68:934-43.
APOEのε2/ε4アレルは大脳出血(皮質下)と関連しており,ε4は深部出血とも関連している

Imaging the future of stroke: II. Hemorrhage.Ann Neurol. 2010;68:581-92.
出血性脳卒中に対しての画像診断のレヴュー

Hypertensive cerebral hemorrhage: Imaging the leak with 7-T MRI. Neurology 2010 75:572-573
7テスラMRIを使用したSWI, T2*画像にて穿通枝動脈からの出血が明瞭に描出された高血圧性脳出血の42歳男性例

Retinopathy and Lobar Intracerebral Hemorrhage: Insights Into Pathogenesis. Arch Neurol. 2010;67(10):1224-1230.
脳葉内出血群は、脳梗塞群と比較して3倍以上の頻度で網膜症が検出される

Incidence of cerebral microbleeds: A longitudinal study in a memory clinic population. Neurology 2010 74: 1954-1960.
多発する微小出血、ラクナ梗塞、白質病変、APOE2遺伝子の存在は新たは微小出血出現の危険性増加と関連し、一方で微小出血の存在はラクナ梗塞及び白質病変の拡大に関連する

White matter lesions and poor outcome after intracerebral hemorrhage: A nationwide cohort study. Neurology 2010 74: 1502-1510.
脳出血では白質病変がある場合、死亡率が2.5倍程度に増加してしまう

Parity and risk of hemorrhagic strokes. Neurology 2010 74: 1424-1429.
経産婦はくも膜下出血及び脳出血発症の危険性が上昇するが、出産回数が増えるに従い危険性も上昇する

Effect of Systolic Blood Pressure Reduction on Hematoma Expansion, Perihematomal Edema, and 3-Month Outcome Among Patients With Intracerebral Hemorrhage: Results From the Antihypertensive Treatment of Acute Cerebral Hemorrhage Study. Arch Neurol. 2010;67(5):570-576.
ATACH試験(Antihypertensive Treatment in Acute Cerebral Hemorrhage)では、脳出血急性期の患者を対象にニカルジピン静注により積極的に収縮期血圧を低下させたが、低下による血腫の増大、血腫周辺の浮腫、3ヶ月後の予後に関して変化が見られなかった

Antithrombotic drug use, cerebral microbleeds, and intracerebral hemorrhage: a systematic review of published and unpublished studies. Stroke. 2010 Jun;41(6):1222-8.
微小出血はワルファリン服用患者の脳出血リスクを増大させるのかもしれない

Effects of early intensive blood pressure-lowering treatment on the growth of hematoma and perihematomal edema in acute intracerebral hemorrhage: the Intensive Blood Pressure Reduction in Acute Cerebral Haemorrhage Trial (INTERACT). Stroke. 2010 Feb;41(2):307-12.
急性脳出血において積極的な降圧 (SBP 140)は、血腫の増大を抑制するが、血腫周辺の浮腫の低減効果はなかった

Intracerebral and subarachnoid hemorrhage in patients with cancer. Neurology 2010 74: 494-501.
担癌患者での脳出血は腫瘍内出血や凝固異常によるものが多く生存期間中央値3ヶ月と予後不良で、意識障害、水頭症、頭蓋内圧亢進、多発病変は予後不良因子、原発性脳腫瘍、脳室開窓術は予後因子であった

Strong Independent Correlation of Proteinuria With Cerebral Microbleeds in Patients With Stroke and Transient Ischemic Attack. Arch Neurol. 2010;67(1):45-50.
脳梗塞やTIAでは、蛋白尿陽性はT2*画像での微小出血存在の危険性の2.3倍の増加と関連していた

Significance of perihematomal edema in acute intracerebral hemorrhage: The INTERACT trial. Neurology 2009 73: 1963-1968.
脳出血周辺の浮腫は血腫の大きさと関連して強くなるのであって、浮腫それ自体は長期予後の独立した因子とは考えづらい

The Microbleed Anatomical Rating Scale (MARS): Reliability of a tool to map brain microbleeds. Neurology 2009 73: 1759-1766.
微小出血のスコアリングと比較にMicrobleed Anatomical Rating Scale (MARS)は有用である

Prospective validation of the ICH Score for 12-month functional outcome. Neurology 2009 73: 1088-1094.
脳出血における来院時のICHスコアは発症後1年間の機能をよく反映している

Microbleeds and post-stroke emotional lability J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009; 80: 1082-1086.
脳梗塞後14.3%の患者で感情障害がみられた。有症状群は16.2%に視床に微小出血を認め(vsコントロール6.5%)、また脳全体で比較してより多くの微小出血巣を有した。

Scattered Cerebral Microbleeds Due to Cardiac Myxoma. Arch Neurol. 2009;66(6):796-797.
rt-PA投与後に心臓粘液腫に伴う散在性の脳微小出血病変を来たした60歳女性例

Use of Antithrombotic Drugs and the Presence of Cerebral Microbleeds: The Rotterdam Scan Study. Arch Neurol. 2009;66(6):714-720.
抗血小板薬内服集団は脳内の微小出血が有意に多く見られるが、抗凝固療法内服集団は微小出血の増加はなかった

Gradient echo MRI: Implementation of a training tutorial for intracranial hemorrhage diagnosis. Neurology 2009 72: 1576-1581.
医師に対するウェブ上のチュートリアルによるトレーニングで、GRE MRIによる脳出血の検出率が改善する

Platelet activity and outcome after intracerebral hemorrhage.Ann Neurol. 2009 Mar 18;65:352-356. [Epub ahead of print]
頭蓋内出血患者での血小板機能は,アスピリン内服患者や脳室内出血患者では低下が見られ,死亡との関連もみられる.

Prior antiplatelet use does not affect hemorrhage growth or outcome after ICH. Neurology 2009 72: 1397-1402.
脳出血前に抗血小板薬を内服していても出血の体積、拡大の程度、90日後の神経機能に、内服のない集団と比較して悪化することはなかった

Cerebral microbleeds: a guide to detection and interpretation.Lancet Neurol. 2009;8:165-174.
脳微小出血についてMRIでの評価方法や結果の解釈についてのレビュー

Cerebral microbleed preceding symptomatic intracerebral hemorrhage in a stroke-free person. Neurology 2009 72: 763-765.
微小出血が偶然検出された部位に脳出血を発症した1例

Association of Subdural Hematoma With Increased Mortality in Lobar Intracerebral Hemorrhage. Arch Neurol. 2009;66:79-84.
皮質下出血の20%に硬膜下血腫が合併し30日後の死亡率が高い

Intracranial Hemorrhage in Children: An Evolving Spectrum. Arch Neurol. 2008;65:1629-1633.
小児の脳出血では腫瘍や先天性心疾患を基礎疾患としてもっていることが多く、それらの基礎疾患が予後に強い影響を与える

Oculopalatal tremor with one-and-a-half syndrome after pontine hemorrhage. Neurology 2008 71: e39-e41.
橋出血後にone-and-a-half症候群を伴ったOculopalatal振戦の一例

Racial differences in microbleed prevalence in primary intracerebral hemorrhage. Neurology 2008 71: 1176-1182.
頭蓋内出血の患者における微少出血の頻度および程度には高血圧などの他のリスクと関連しない人種差が存在する

Cerebral microbleeds in the population based AGES-Reykjavik study: prevalence and location. JNNP. 2008;79:1002-6. Epub 2008 Feb 12.
大脳微小出血病変は高齢の男性に多く,ApoEε4遺伝子型で多くアミロイド血管症との関連が考えられる.

Warfarin use leads to larger intracerebral hematomas. Neurology 2008 71: 1084-1089.
PT-INR3.0以上のワルファリンコントロールはそれ以下の群と比較しより大きな頭蓋内出血もたらし、90日後の死亡率増加に関連する

Hemorrhagic stroke in the Stroke Prevention by Aggressive Reduction in Cholesterol Levels study. Neurology 2008 70: 2364-2370.
atorvastatin(リピトール)多量服用による脳血管障害に対する利益を検討したSPARCL試験は脳梗塞の発症率を低下させたが、この試験に参加した患者の後解析で脳出血の発症は増加することがわかった

Intensive blood pressure reduction in acute cerebral haemorrhage trial (INTERACT): a randomised pilot trial. Lancet Neurol. 2008;7:391-399.
脳内出血の急性期において,現在のガイドラインより血圧を降下させることで,血腫の増大を防ぐことができる(大規模RCTへ移行予定)

APOE genotype, ethnicity, and the risk of cerebral hemorrhage. Neurology 2008 70: 1322-1328.
アポE遺伝子のうちE2、E4を持っていると頭蓋内出血の発症率が高く、アジア人でその傾向が顕著である

Prevalence and risk factors of cerebral microbleeds: The Rotterdam Scan Study. Neurology 2008 70: 1208-1214.
微小脳内出血は高齢者にMRI(T2*)でよく見られ、皮質下の部位はアミロイドアンギオパチーに、脳深部、テント下病変は高血圧などの動脈硬化性病変と関連する

Predictors of survival after haemorrhagic stroke in a multi-ethnic population: the South London Stroke Register (SLSR) JNNP 2008; 79: 260-265.
多人種間での脳出血死の予測因子(年齢、DM、重症度、黒人)

Intracerebral hemorrhage associated with use of tadalafil (cialis). Neurology 2008 70: 1289-1290.
タダラフィル (PDE5阻害薬)25mgを2錠内服し脳出血を来たした70歳男性例