脳血管障害

可逆性脳血管収縮 (RCVS) 診断

病態 
Reversible cerebral vasocontriction syndromeの略語がRCVSです。可逆性の多発性脳動脈の狭窄により一過性脳虚血、脳梗塞、脳出血、動脈解離、くも膜下出血、可逆性白質脳症(PRES)などを合併します。圧倒的に女性に多いようです。最大の鑑別診断は、Primary CNS angitisです。
以下に示したような以前からの概念の総称として2000年ぐらいから提唱されるようになりました

    Call-Fleming syndrome
    Benign angiopathy of the central nervous system
    Thunderclap headache with reversible vasospasm
    Migrainous vasospasm:片麻痺性片頭痛の病態の一部なのか、異なるのか理解が難しい所です
    Drug-induced cerebral arteritis or angiopathy
    Postpartum angiopathy

症状 

    突然の(雷鳴のような)頭痛、嘔気、嘔吐
    視野異常、構音障害、片麻痺などの局所神経症状
    全身性強直性痙攣

誘引

    高血圧
    妊娠、産褥期
    高度の貧血に対する輸血
    薬剤(vasoactiveな薬剤、免疫抑制剤、SSRIなど)
    その他(高カルシウム血症、低マグネシウム?、ポルフィリア、褐色細胞腫、カルチノイド、未破裂動脈瘤、頭部外傷、硬膜下血腫、CEA後)
    頭痛関連疾患

検査

    血管の評価:とにかく、Spasmを起こしている血管をなんとしても探し出すことが重要です。MRA、CTA、アンギオなど。
    経頭蓋ドップラーによる血流測定も有用であったとする報告もあります。
    脳MRI:他疾患の除外、RCVSによる脳実質障害の有無の確認
    脳波:臨床症状が紛らわしい場合には、てんかんの除外のため
    髄液検査:炎症性疾患との鑑別のため

rcvs

頭蓋内血管に多発する血管狭小化病変を認めます、このような変化が一過性に見られます。同様の所見は、脳血管炎でも見られますので、髄液検査など鑑別を目指した検査が必要になります。

アテローム血栓性脳梗塞 update

Effects of Anacetrapib in Patients with Atherosclerotic Vascular Disease. N Engl J Med. 2017 Sep 28;377(13):1217-1227.
動脈硬化性疾患で強化スタチン療法を受けている患者では、アナセトラピブ(CETP阻害薬)投与で主要冠動脈イベントの発生率がプラセボ投与より低下した

Antiinflammatory Therapy with Canakinumab for Atherosclerotic Disease. N Engl J Med. 2017 Sep 21;377(12):1119-1131.
インターロイキン-1βを標的とするカナキヌマブによる抗炎症療法は、脂質を低下させることなく再発性心血管イベントの発生率をプラセボと比較して有意に低下させた

Early dual versus mono antiplatelet therapy for acute non-cardioembolic ischemic stroke or transient ischemic attack: an updated systematic review and meta-analysis. Circulation. 2013;128:1656-66.
系統的レビューによる解析では、非心原性の急性期脳梗塞に対して抗血小板薬単剤よりも2剤の抗血小板薬を併用した方が予後がよい可能性がある

Aggressive medical treatment with or without stenting in high-risk patients with intracranial artery stenosis (SAMMPRIS): the final results of a randomised trial. Lancet. 2013:S0140-6736(13)62038-3.
症候性頭蓋内血管狭窄に対するステント留置術は、積極的な内科治療を上回る長期予後改善効果を認めなかった

Middle cerebral artery intraplaque hemorrhage: Prevalence and Clinical Relevance.Ann Neurol 2012;71:195-198.
中大脳動脈プラークにおいて,新しい出血を示す脂肪抑制T1強調画像での高信号の存在は,有意に脳梗塞発症と相関している.

Watershed Infarctions Are More Prone Than Other Cortical Infarcts to Cause Early-Onset Seizures. Arch Neurol. 2010;67(10):1219-1223.
脳梗塞では約4.3%に早期痙攣発作が認められ、大脳皮質を含む病変が早期痙攣発症率の増加と関連するが、中でも境界領域梗塞が最も発症率が高い

Heterogeneity in Infarct Patterns and Clinical Outcomes Following Internal Carotid Artery Occlusion. Arch Neurol. 2009;66(12):1523-1528.
脳梗塞において内頚動脈のみの閉塞例は、中大脳動脈閉塞例や両者の併存例と比較して島皮質や上側頭葉が梗塞を免れることが有意に多く臨床的にも後遺症が少なかった

Sequence variants on chromosome 9p21.3 confer risk for atherosclerotic stroke.Ann Neurol. 2009;65:531-9.
冠動脈疾患の危険因子として同定されている9p21.3にあるいくつかのSNPはアテローム血栓性脳卒中とも関連がある.

Pontine Warning Syndrome. Arch Neurol. 2008;65:1375-1377.
脳幹(橋)部脳底動脈のBranch diseaseでは、麻痺、構音障害、眼球運動障害などの症状が変動することがあり、橋梗塞発症の危険なサインと考えられる

Vertebral Artery Origin Thrombus in a Patient With Cerebellar Infarct. Arch Neurol. 2008;65:1386-1387.
椎骨動脈の血栓により発症した小脳梗塞の67歳男性例

硬膜下血腫 update

Use of drains versus no drains after burr-hole evacuation of chronic subdural haematoma: a randomised controlled trial. Lancet 2009;374:1040-1041
穿頭孔からの硬膜下血腫除去後のドレイン止痒は脂肪を減少させる/p>Spontaneous idiopathic spinal subdural hematoma. Neurology 2008 71: e27.
特発性脊椎硬膜下血腫の54歳女性例

頭蓋内・頸部動脈解離 update

Cervical artery dissection in patients ?60 years: Often painless, few mechanical triggers. Neurology. 2017 Apr 4;88(14):1313-1320.
60歳以上の頸動脈解離は全体の7.4%程度を占め、疼痛の訴えや力学的な誘因の報告が少なく、診断が見落とされるリスクを高めている

Antiplatelets vs anticoagulation for dissection: CADISS nonrandomized arm and meta-analysis. Neurology. 2012;79:686-9.
CADISS研究の非ランダム群における検討では、頸部動脈解離に対する抗血小板薬あるいは抗凝固薬投与群間で3ヶ月以内の死亡に有意差はなかった(CADISSの結果が待たれる)

Differential features of carotid and vertebral artery dissections: the CADISP study. Neurology. 2011;77:1174-81
内頸動脈解離は、高齢男性に多く、解離に先行する感染症、動脈瘤性拡張の出現、脳虚血の場合の重症度が高いなどの特徴があり、椎骨動脈解離では、頭部外傷の先行、頚部痛の存在、両側の解離と脳虚血が多いなどの特徴がある

Safety and Functional Outcome of Thrombolysis in Dissection-Related Ischemic Stroke: A Meta-Analysis of Individual Patient Data. Stroke. 2011 Jul 28.
頸動脈解離による脳梗塞に対する、経静脈あるいは選択的血栓溶解療法は、その他の原因による脳梗塞と同等の安全性と有効性であった

Outer Contour of Middle Cerebral Artery Revealed by Sylvian Vallecula-Parallel Anatomic Scanning?Magnetic Resonance Imaging: A Method Useful for Detecting Dissection. Arch Neurol. 2010;67(10):1278-1279.
Sylvian vallecula-pararellel anatomical scanning (SyPAS)-MR imagingで中大脳動脈解離が検出しえた脳梗塞の48歳男性例

Teaching NeuroImages: Harlequin syndrome caused by lesion of sympathetic regulatory neurons. Neurology 2010 74: e106.
右内頸動脈解離が原因として考えられた道化師症候群の48歳女性例

Multiple Cervical Artery Dissection in a Volleyball Player. Arch Neurol. 2010;67(8):1024.
頚動脈に多発性の解離病変を認めたバレーボール選手の23歳男性例

A Very Small but Very Symptomatic Vertebral Artery Dissection. Arch Neurol. 2010;67(2):248-249.
スノーモビル運転中に小脳梗塞で発症し、非常に限局した椎骨動脈解離病変が検出された45歳男性例

Lateral Medullary Syndrome and Ipsilateral Hemiplegia (Opalski Syndrome) Due to Left Vertebral Artery Dissection. Arch Neurol. 2009;66(12):1574-1575.
椎骨動脈解離による延髄外側症候群により病変と同側の麻痺(Opalski症候群)を来した26歳女性例

Massive axial herniation after posterior fossa infarction following vertebral artery dissection. Neurology 2009 73: 1511.
椎骨動脈解離に伴う後頭蓋窩梗塞後に、著明なヘルニアを来たし死亡した35歳女性例

Internal carotid artery dissection occurring during intensive practice with Wii video sports games. Neurology 2009 73: 1242-1243.
任天堂Wiiスポーツに熱中し内頸動脈解離を来した2例

Isolated Posterior Cerebral Artery Infarction Caused by Carotid Artery Dissection. Arch Neurol. 2009;66(8):1034.
内頸動脈解離にも関わらず後大脳動脈領域のみに脳梗塞を続発した45歳男性例

Aspirin vs anticoagulation in carotid artery dissection: A study of 298 patients. Neurology 2009 72: 1810-1815.
前向き研究で、特発性頸動脈解離に対する抗血小板薬あるいは抗凝固薬の投与は等しく新たな脳梗塞や網膜虚血の危険性を減少させているようだった

Vascular risk factors and morphometric data in cervical artery dissection: a case-control study.JNNP. 2009 Feb;80(2):232-4.
特発性の頸動脈解離の患者を正常対照群と比べると,高血圧や糖尿病,喫煙,高脂血症などの動脈硬化危険因子は差がないが,有意に高身長171.3 vs167.7cmで低体重67.5vs69.3kgである.

Harlequin syndrome in spontaneous dissection of the cervical carotid artery. Neurology 2008 71: 1459.
Harlequin症候群をきたした頸動脈解離の一例

Triple and Quadruple Spontaneous Cervical Artery Dissection: Presenting Characteristics and Long-Term Outcome. JNNP. 2008 Oct 31. [Epub ahead of print]
特発性頸動脈解離が多発していた15例の解析では,複数の解離は同一の血管であることが多く,予後は良好で一過性の病態が原因と考えられる.

Treatment of cervical artery dissection: a systematic review and meta-analysis. JNNP 2008;79:1122-7. Epub 2008 Feb 26.
頸動脈解離に対する治療報告のレビューにて,抗凝固と抗血小板治療に差はなく,血栓溶解療法やステント治療も特に危険が高いわけではないようだ.

Morphometric analysis of collagen fibrils in skin of patients with spontaneous cervical artery dissection. JNNP. 2008;79:1007-12. Epub 2008 Jan 25.
頸動脈解離患者の皮膚生検の膠原線維の分析では,個人レベルでの差は認められないが,健常例との群間比較では膠原線維の平均径の減少や密度の上昇がみられる.

Golfer’s Stroke From Internal Carotid Artery Dissection. Arch Neurol. 2008;65:1122-1123.
ゴルフ中に内頚動脈解離により脳梗塞を発症した47歳男性例

脳出血 診断

突然の麻痺などの局所神経症状が出現し、症状が急速に進行するという特徴が脳梗塞よりもはっきりしています。来院後、すぐにバイタルチェック、意識レベルチェック、神経症状/呼吸機能/心機能のチェックを行ってください。血圧は一部の高齢者のアミロイドアンギオパチーによる脳出血を除いてほぼ上昇しています。診断は脳CTも含めれば難しくありませんが、主な鑑別診断は、脳梗塞とくも膜下出血です。
脳梗塞との鑑別点
症状からの鑑別は難しいですが、脳梗塞と比較し、局所神経症状に加え、頭痛、嘔吐(脳圧亢進による)が目立つ傾向にあります

検査
頭部CT、MRI:まずはCTが速やかに終了するため好ましいですが、脳梗塞か脳出血の鑑別にはMRIも同等の鑑別能を持ちます。
脳血管造影:くも膜下出血、出血源が不明な脳室内出血で適応となります。脳血管造影施行のタイミングは症例の重症度によりますが、脳圧が高くヘルニアの可能性があれば外減圧をまず行うべきと考えられます。
血液検査、心電図、胸部Xp:一般的な検査に加え、PT-INR、APTTなどもチェックしてください。若い症例では薬物検査、妊娠の有無も確認します。

脳出血のMRI

    超急性期(発症6時間程度):オキシヘモグロビン(+デオキシヘモグロビン):T2WI high(+周囲low)、T1WI high、DWIでは高信号域内に一部低信号域を認めることが多い
    急性期(発症2〜3日):デオキシヘモグロビン:T2WI low、T1WI iso
    亜急性期前半(発症5日程度):メトヘモグロビン:T2WI low、T1WI high
    亜急性期後半(発症9〜26日):メトヘモグロビン+水分:T2WI high、T1WI high
    慢性期(発症1か月以降):ヘモジデリン:T2WI low、T1WI iso〜low

それでは、以下の画像は?
ich

T1強調画像(左)、T2強調画像(右)

病理
高血圧性脳出血のな愛は、穿通枝動脈の類線維素性壊死(fibrinoid degeneration)から微小動脈瘤が特徴です

脳動脈瘤 update

Safety and efficacy of NA-1 in patients with iatrogenic stroke after endovascular aneurysm repair (ENACT): a phase 2, randomised, double-blind, placebo-controlled trial. Lancet Neurol. 2012;11:942-50.
NMDA受容体と相互作用をするPSD-95蛋白の阻害剤 (NA-1)は、脳動脈瘤に対する血管内治療後の脳梗塞の発症数を減少させる

The Natural Course of Unruptured Cerebral Aneurysms in a Japanese Cohort. N Engl J Med 2012; 366:2474-2482.
日本人の3mm以上の未破裂脳動脈瘤の年間破裂率は0.95%で、瘤径が大きいほど破裂リスクは高い。部位別に見ると、中大脳動脈瘤よりは前交通動脈瘤や内頸動脈-後交通動脈瘤の方が破裂しやすい

Screening for intracranial aneurysms in patients with bicuspid aortic valve. Neurology 2010 74: 1430-1433.
大動脈二尖弁症例の9.8%に頭蓋内動脈瘤が検出され、正常対照群と比較して有意に多い

Differences in risk factors according to the site of intracranial aneurysms
J Neurol Neurosurg Psychiatry 2010;81:116-118
頭蓋内動脈瘤が出血するリスクファクターは前交通動脈にある場合と比較したとき、中大脳動脈は若年、後交通動脈は女性、脳底動脈はアルコールを飲まないこと、がリスクである。

Ruptured carotid artery aneurysms of the ophthalmic (C6) segment: clinical and angiographic long term follow-up of a multidisciplinary management strategy J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009;80:1261-1267頚動脈C6部位での動脈瘤破裂では、眼動脈を巻き込んでいる場合と瘤の茎が太い場合は顕微鏡下手術を、瘤の茎が細い場合は塞栓術が推奨される。

Teaching NeuroImages: Artery-to-artery embolism from a thrombosed cerebral aneurysm. Neurology 2009 73: e63.
未破裂動脈瘤からのartery to artery型塞栓を発症した42歳女性例

Cost-effectiveness of preventive treatment of intracranial aneurysms: New data and uncertainties. Neurology 2009 73: 258-265.
未破裂動脈瘤の治療に関する費用対効果解析は破裂リスクに関するデータが少なく評価困難である

Minimally Conscious State After Ruptured Giant Basilar Aneurysm. Arch Neurol. 2009;66(6):786-788.
脳底動脈瘤破裂に伴い脳幹の強い浮腫が出現し意識レベルの急激な悪化を認めた44歳男性例

Teaching NeuroImages: Macrocephaly with subcortical calcifications in vein of Galen aneurysmal malformation. Neurology 2009 72: e111.
皮質下に石灰化病変を認めたガレン大静脈瘤の1例

Proposed diagnostic criteria for intracranial infectious aneurysms. JNNP. 2008;79:943-6. Epub 2008 Feb 26.
頭蓋内感染性動脈瘤について診断基準を提案し,25例で検討したところ妥当性が示された.

Genes involved in the transforming growth factor beta signalling pathway and the risk of intracranial aneurysms. JNNP 2008 79:722-4.
頭蓋内動脈瘤と腹部大動脈瘤の両方の遺伝子座となっているChr19q13.3にあり,TGFβの情報伝達系に関する遺伝子HPN, LTBP4のSNPとオランダ人の動脈瘤との間に関連はみられなかった

一過性脳虚血発作(TIA) update

Clopidogrel with aspirin in acute minor stroke or transient ischemic attack. N Engl J Med. 2013;369:11-9.
発症24時間以内のTIAもしくは軽度脳梗塞に対して、クロピドグレル+アスピリンの21日間の併用療法は、アスピリン単独療法に比べ90日以内の脳卒中発症リスクを減少させる 

Population-based study of capsular warning syndrome and prognosis after early recurrent TIA. Neurology. 2012;79:1356-62.
一過性脳虚血発作において小血管性サブタイプによるcapsular warning syndromeは全TIAのうち1.5%と希ではあるが、発症7日以内の脳卒中再発率は60%と予後不良である

Concurrent acute brain infarcts in patients with monocular visual loss. Ann Neurol. 2012 Aug;72(2):286-93.
虚血を原因とする単眼視力低下を呈する症例では、24%に拡散強調画像で脳梗塞が認められた

Distal hyperintense vessels on FLAIR images predict large-artery stenosis in patients with transient ischemic attack. Neuroradiology. 2012 Sep 23.
TIAでは、FLAIR画像による遠位部動脈の高信号が33%に認められ、動脈高信号は主幹動脈狭窄及び閉塞と有意な関連を認めた

Patients With Transient Ischemic Attack With ABCD2 <4 Can Have Similar 90-Day Stroke Risk as Patients With Transient Ischemic Attack With ABCD2 >=4. Stroke. 2012;43:863-5.
ABCD2スコアが4点未満であっても、内頚動脈に50%以上もしくは症候性の狭窄がある場合、塞栓症を起こしうる心疾患や心エコー所見がある場合は、再発のリスクが高い

Transient ischemic attacks characterized by RNA profiles in blood. Neurology. 2011;77:1718-24.
一過性脳虚血発作急性期の血清をマイクロアレイにより解析したところ、大きく二群の遺伝子プロファイルに分類された

Early stroke risk and ABCD2 score performance in tissue- vs time-defined TIA: a multicenter study. Neurology. 2011;77:1222-8.
TIA患者3,200人のうち28%にDWIで高信号病変が認められ、7日の時点での脳卒中発生率は、DWI陽性患者では7%、DWI陰性患者ではわずか0.4%であり、DWI陽性者はABCD2スコアも高かった

Prospective validation of the ABCD2 score for patients in the emergency department with transient ischemic attack. CMAJ. 2011;183:1137-45.
カナダの救急外来における検討では、TIAのABCD2スコアはAHAの推奨する2点以上であっても特異度が12.5%と低く、脳卒中リスクの予測因子として不十分な可能性がある

Yield of systematic transcranial Doppler in patients with transient ischemic attack.Ann Neurol. 2010;68:9.
TIAの急性期(初診時)に経頭蓋ドップラー検査を行う事は,脳梗塞の危険の高い患者を選別するのに有用である.

Low risk of rebound events after a short course of clopidogrel in acute TIA or minor stroke. Neurology 2010 74: 1891-1896.
一過性脳虚血発作や軽症脳梗塞に対する、アスピリンとクロピドグレル併用療法は投与30日後にクロピドグレルを中止することによりイベント発生率が増えることはないようだが、急性期の効果を含めて今後の研究が必要である

Multicenter external validation of the ABCD2 score in triaging TIA patients. Neurology 2010 74: 1351-1357.
一過性脳虚血発作ではABCD2スコアが3以上の場合90日以内の脳卒中発症の危険性がほぼ5倍に上昇することが確認でき、最近のTIA入院適応のガイドラインの方針を支持する結果であった

Neuroimaging of Transient Ischemic Attack. Arch Neurol. 2010;67(6):772-773.
脳MRAで中大脳動脈閉塞の再開通が確認されたTIAの81歳男性例

Limb-shaking transient ischaemic attacks in patients with internal carotid artery occlusion: a case-control study. Brain 2010 133: 915-922
一過性のLimb-shakingは5分以内に消失する場合が多く、limb-shakingを生じる群は、生じないTIAあるいは軽症脳卒中と比較して、内頚動脈の高度狭窄が多く、脳卒中の再発が多く、側副血行路が発達していることが多かった

Early clinical worsening in patients with TIA or minor stroke: The Austrian Stroke Unit Registry. Neurology 2010 74: 136-141.
一過性脳虚血発作や軽症脳梗塞では約4.5%で早期に症状の悪化を来たし、高血圧、糖尿病、心不全、急性感染症、大血管病変、ABCD2スコアが4点以上などが症状の悪化に関連する

Most stroke patients do not get a warning: a population-based cohort study. Neurology 2009 73: 1074-1076.
脳梗塞発症前にTIA発作があるのは8人に1人とそれほど多くはない

Definition and evaluation of transient ischemic attack: a scientific statement for healthcare professionals from the American Heart Association/American Stroke Association Stroke Council. Stroke. 2009;40:2276-93. Review.
AHA/ASAによる一過性脳虚血発作の定義と評価

A systematic review of delays in seeking medical attention after transient ischaemic attack. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009; 80: 871-875.
TIAの早期受診率を上げるには患者教育が重要。

Population-based study of risk and predictors of stroke in the first few hours after a TIA. Neurology 2009 72: 1941-1947.
一過性脳虚血発作時のABCD2 scoreは発症12時間後、24時間後の脳梗塞発症の危険性と強い関連があり、ABCD2 scoreは有用と考えられる

A systematic review of delays in seeking medical attention after transient ischaemic attack. JNNP. 2009 Mar 8. [Epub ahead of print]
過去の文献での解析から,TIAの際の診察の遅れは患者の症状の認識不足による受診の遅れが原因のことが多く,救急外来をすぐに受診するように教育が必要である.

Yield of combined perfusion and diffusion MR imaging in hemispheric TIA. Neurology 2009 72: 1127-1133.
拡散画像とPerfusion画像の組み合わせでTIAの約半数で異常が検出できる

Early Stroke Risk After Transient Ischemic Attack Among Individuals With Symptomatic Intracranial Artery Stenosis. Arch Neurol. 2008;65:733-737.
TIAの症例は発症90日以内に6.9%が主に狭窄動脈還流領域に脳梗塞を発症するが、TIA発症時に脳画像で梗塞病変が認められる症例はより脳梗塞発症の危険性が高い

Reflux of jugular and retrobulbar venous flow in transient monocular blindness. Ann Neurol. 2008;63:247-53.
一過性の片側性失明は,片側の頸動脈病変や塞栓症の原因となる心疾患のない症例では,頚静脈や上眼静脈の逆流が認められることが多く,静脈還流の障害が病因となっている可能性がある

もやもや病 update

Identification of RNF213 as a Susceptibility Gene for Moyamoya Disease and Its Possible Role in Vascular Development. PLoS One. 2011;6(7):e22542.
RNF213 遺伝子 (mysterin)が、もやもや病の感受性遺伝子として同定された

Pediatric moyamoya disease: An analysis of 410 consecutive cases.Ann Neurol. 2010;68:92.
小児期に外科手術(両側の間接的な血管新生を促す血行再建術)が行われた410例のもやもや病の追跡調査では,81%が良好な経過をとっていた.

A hereditary moyamoya syndrome with multisystemic manifestations. Neurology 2010 75: 259-264.
伴性劣性遺伝と考えられ、もやもや病に加え性腺機能不全、無精子症、低身長、異形症などを認めた家系

Leptomeningeal enhancement in petients with moyamoya disease: correlation with perfusion imaging. Neurology 2009 72: 1872-1873.
もやもや病で髄膜の造影増強効果を認める部位は脳血流が高い

Moyamoya disease: current concepts and future perspectives. Lancet Neurol. 2008 Nov;7(11):1056-66.
もやもや病についてのレビュー

Novel epidemiological features of moyamoya disease. JNNP. 2008;79:900-4. Epub 2007 Dec 12.
最近の北海道での疫学調査によるともやもや病は人口10万人あたり10.5人で必ずしも少なくはなく,無症候性は少なく発症年齢は以前の調査よりも高い.

Autosomal dominant moyamoya disease maps to chromosome 17q25.3. Neurology 2008 70: 2357-2363.
常染色体優性遺伝型もやもや病の主要な遺伝子座は17番染色体q25.3.にありそう

Changing Ischemic Lesion Patterns in Adult Moyamoya Disease. JNNP 2008 May 1 [Epub ahead of print]
成人のもやもや病では内頸動脈病変の程度が高度なほど,大脳皮質や大脳後部の梗塞が多くなる

若年性脳梗塞 update

Early-Onset Stroke and Vasculopathy Associated with Mutations in ADA2. N Engl J Med. 2014 Feb 19.
アデノシンデアミナーゼ 2(ADA2)をコードするCECR1の機能喪失遺伝変異が、若年性脳卒中、全身性の血管障害・血管炎までの多様な血管・炎症表現型に関連していた

Closure or Medical Therapy for Cryptogenic Stroke with Patent Foramen Ovale. N Engl J Med 2012; 366:991-999.
卵円孔開存を有する潜因性脳卒中または TIA の患者にデバイスを用いた閉鎖術を行っても,脳卒中または TIA の再発予防における利益は薬物療法単独を上回らなかった

Etiologic investigation of ischemic stroke in young adults. Neurology. 2011 Jun 7;76(23):1983-8.
年齢16-54歳の急性虚血性脳卒中の原因を検索したところ、半数近くの患者で、明確な原因が突き止められ、アテローム性血栓症15%、小血管疾患8%、心原性塞栓症8%(多くは心房細動を伴う)、その他の明確な原因14%(解離など)であった。さらに19%は、可能性があるが確定的ではない原因があり、うち心房中隔瘤を伴う卵円孔開存がもっとも多かった。

Cervical-artery dissections: predisposing factors, diagnosis, and outcome.Lancet Neurol. 2009;8:668-78.
若年脳梗塞の主要な原因であり,おそらく発生率は過小評価されているであろう頸動脈解離についてのレビュー

Pearls & Oy-sters: Distal subclavian artery: A source of cerebral embolism. Neurology 2009 73: e11-e12
胸郭出口症候群による鎖骨下動脈狭窄が原因と考えられた脳幹梗塞の21歳男性例

Recurrent cerebral ischemia in medically treated patent foramen ovale: A meta-analysis. Neurology 2009 73: 89-97.
現時点では卵円孔開存の閉鎖術の施行が脳梗塞や一過性脳虚血発作の再発を減らすという証拠はない

Silent brain infarcts and leukoaraiosis in young adults with first-ever ischemic stroke. Neurology 2009 72: 1823-1829.
15-49歳の初発の脳梗塞で無症候性脳梗塞や白質病変を認めることは少ないが、1型糖尿病がある集団ではそれらの病変をより多く認める

Early-onset stroke associated with a mutation in mitofusin 2. Neurology 2008 70: 2010-2011.
若年性脳梗塞を来たしMitofusin 2 (MFN2)遺伝子変異が見つかった2症例